2018年6月24日 (日)

ジニア

「百日草」とも呼ばれる夏の定番、
今年は白いジニアを集めてみました。

Dsc06202
8月の空の色をした大きめの青い鉢に、
3株まとめて植えています。

Dsc06205
門扉には、松葉牡丹(白花)との寄せ植えを
左右両側にハンギング。

Dsc06206
メインの寄せ植えも白いジニアを中心に
ヘリクリサムやワイヤープランツを混植。

【今日の作業】

アジサイの花がほぼ終わったので
全て枝を短くし透きました

2018年6月21日 (木)

アンブリッジ・ローズ

2018061701

梅雨の合間の晴れた日は
植物たちが背比べするように
枝を上へと伸ばしています。

イギリス 1990 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.11.1 冷たい風で花色も

2018年6月20日 (水)

セダム

育てて3,4年ぐらいでしょうか。

土はほんのわずか、
ハンギングで育てたセダム数種が
1年のうちで一番勢いづいています。

株分けするなら今でしょう。
でも、増やしても置く場所もないし…

Dsc06191

Dsc06193

Dsc06192

こんもり、どれもかわいいです。

2018年6月18日 (月)

セプタード・アイル

2018061702

コロンとした1番花とはちがって
ふわっと軽い感じの夏花を咲かせています。

2018061604

花弁数も少ないので
中央の黄色く輝くしべも美しいこの時期のアイル。

もう10年以上前になりますが、
高槻市立五領小学校に、長期派遣で
仕事をしたことがあります。

今朝の地震で被害に遭われた多くの皆さんに
心よりお見舞い申し上げます。
いち早い復旧をお祈り申し上げます。

イギリス 1997 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2018.5.15 春のコロンとした花

2018年6月17日 (日)

エキナセア

梅雨に入ったとは思わせないような
カラッとした土日のお天気は
乾燥が好きな植物にはうれしかったみたいで
エキナセアが一気に花を咲かせていました。

Dsc06194

花期が長く、多年草で毎年花を咲かせるので
夏の庭づくりにいつもエントリーさせるのですが、
冬を越させると性質が変わってしまうのか
八重咲きのものも全て平咲きになってしまいます。

Dsc06198

何かコツでもあるのでしょうか。
ご存知の方がおられたら教えてください。

【今日の作業】

草取り
花(小花ビンカ、ペンタス、ジニア等)の植えつけ
木槿(ムクゲ)の鉢増し

2018年6月16日 (土)

グリーン・アイス

2018061602

いつもは脇役のグリーンアイス。
我が家ではハンギングにして
あちこちの主役のバラの引き立て役を
がんばってもらっています。

2018061603

主役のバラたちも2番花が散って
一休みのこの時期に
満開で花を咲かせる強いバラです。

アメリカ 1971 Ralph S. Moore作出
花は3~4㎝ 丸弁八重咲き 香り弱

【今日の作業】

一重モッコウの枝透き
大きく育っていて大変でした

【これまでの写真】

2014.5.16 母親は原種系

2018年6月13日 (水)

フレグラント・オールド・パープル

2018061101

花をたくさんつけた1番花と比べると
寂しい光景ですが
一つ一つの花はちゃんとロゼット咲きしており
梅雨の時期に花を咲かせるだけでも
感謝しなければいけません。

オランダ 2000 verschuren作出
花は10~12㎝ カップ咲き~ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

ゴマダラカミキリを発見っ、捕殺!

【これまでの写真】

2018.4.29 真打登場

2018年6月12日 (火)

クロード・モネ

2018061001

2番花か3番花ですが
花弁数が多く、絞りもくっきりと表れました。

一方で、虫や湿度がバラを蝕んでいます。
1年で最も見たくない姿を見なければいけない。

バラにとっては梅雨っていやな季節です。

フランス 2012 デルバール作出
花は7~9㎝ ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.8.3 風の強いときも

2018年6月11日 (月)

いろは

2018060902

テレビの調子が悪かったので
買い替えることにしました。

4Kとか、まだ放送やってないし、
とか思っていたのですが
すでに、電気屋さんには2Kテレビは在庫なし

最低でも4Kなのですね~

日本 2010 京成バラ園芸作出
花は7~9㎝ 高芯丸弁咲き 香り弱い

【これまでの写真】

2018.2.18 寒さのあまり

2018年6月10日 (日)

パット・オースチン

2018061002

奥まったところに鉢をおいていたので
久しぶりに花を見ました。

おそらく1番花は咲かせても
花の重みでシャッターチャンスを逃している。
2番花なら花弁も減って花もちもいいので
気付くのでしょうね。

イギリス 1995 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ ディープカップ咲き 香り強い

【今日の作業】

バラの買い付け
イングリッシュローズを3株
ついでに以前から気になっていた
ビカクシダ(コウモリラン)を購入
初めて育てますw

【これまでの写真】

2016.10.10 秋花も美しいパット

«6月の庭