2017年6月21日 (水)

アンブリッジ・ローズ

2017061201

「父の日っていつだっけ」
と聞くと、娘たちが
「もう過ぎたよ」
と返す。

あれから1年がたちます。

「もう過ぎたよ」という嘘に
まんまと騙されたことを反省して
今年は何日も前から
「今度の日曜日は父の日~」
と言い続けました。

父の日には
おいしい夕ご飯を家族で食べましたw

イギリス 1990 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

大きくなりすぎて
庭のスペースを占領していたアジサイを
抜く

【これまでの写真】

2016.10.12 過ごしやすい季節に

2017年6月19日 (月)

ラ・マリエ

2017061903

空梅雨と言われそうな今年の6月。
明日からようやくまとまった雨を降らせそうです。

水撒きの手間が省けますが、
日照時間が短くなって
バラにダメージが加わるのが心配です。

日本 2008 河本バラ園作出
花は9~10㎝ 波状フリル咲き 香り中

【今日の作業】

植木屋さんに剪定してもらいました
どこを切るのか説明を受けながら…
勉強になりました

【これまでの写真】

2017061001
2017.6.10 別の鉢のマリエ 半日陰でも可

2016.11.20 世話いらず

2017年6月17日 (土)

ハーロウ・カー

2017061101

伊勢神宮参拝と合せて
「天空のドライブウエイ」と呼ばれる
絶景ドライブコースがあるそうです。

コースの休憩スポット、朝熊山展望台には
「天空のポスト」と呼ばれる
旧式の円柱形の赤いポストがあります。

投函すれば、ちゃんと届くそうですが
消印は「伊勢郵便局」。
誰がどんな相手に手紙を入れるんだろうと
気になっていました。

そうしたら、
テレビの番組で、このポストに投函する人の
手紙の内容を紹介していました。

一人は妊婦さん。
お腹の中の未だ見ぬ我が子へのメッセージ。

もう一人は若い女性。
亡くなった曾祖母への感謝の言葉。

どうしても思いを伝えたくて、
この方法を見つけたのでしょうね。
この番組を見て胸が熱くなりました。

イギリス 2004 デビッド・オースチン作出
花は6~8㎝ カップ→ロゼット咲き 香り強い

【今日の作業】

雨が降らないのでハダニが大量発生
殺虫の薬剤散布

【これまでの写真】

2016.8.27 こっそり咲く

2017年6月15日 (木)

カシワバアジサイ

今年は雨の降らない6月
田植えもなかなかはじめられない様子です。

Dsc04871

我が家には2種類のカシワバアジサイを
スリット鉢で育てています。

上の写真が普通のカシワバアジサイです。
毎年いっぱい花を付けてくれます。

下の写真は八重咲きのカシワバアジサイです。

Dsc04874

他のアジサイの葉っぱが写っちゃっていますが、
葉の形は上の写真と同じく
柏の葉の形をしていますよ。

アジサイは「白花」か「青花」がいいね、
と夫婦で話しているところです。

【今日の作業】

バラに追肥
有機肥料は臭くて大変です

2017年6月13日 (火)

恋心

2017061001

アーチに誘引して、
高いところで咲かせているバラですが、
こうやってアスファルトの近くで
這うように咲かせるのも乙なものです。

2017060301

夏は白花が涼しげです。
上の写真は、白花のバーベナといっしょに~

【これまでの写真】

2016.6.11 動画あり

2017年6月11日 (日)

レイモン・ブラン

2017061001_3

夕ご飯は焼き肉でした。
家で焼き肉すると、家の中が脂臭くなります。
そこで、ベランダにテーブルを出して
そこで肉を焼いて食べました。

2017061002

空の下で夕ご飯。
子どもが小さいころは、家族キャンプをして
親子でたくさん遊びました。

夕刻は、ひっきりなしに飛行機が飛んでいて
「また飛んでいるね」
たわいのないことで話をするのも
休日の家族タイムを充実させていました。

フランス 2011 デルバール作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

小花ビンカとユーフォルビア・ダイアモンドスターで
寄せ植えをしました~

【これまでの写真】

2015.7.12 暑くなっても花を咲かせます

6月の庭

Dsc04919

バラは1番花が終わって、
アーチの白花(恋心)が満開です。
中央にアジサイやルドベキア、
梅雨入りまでは初夏の色が輝きます。

5月を前後編に分けるつもりでしたが
絶好のシャッターチャンスを
逃してしまいましたwとほほ

5月の庭

2017年6月10日 (土)

ホワイト・グローテンドルスト

2017061002

ピンク・グルーテン ドルストの枝変わりです。
グルーテン ドルストとは、
ピンク・グルーテン ドルストの作出者の名前。
オランダ人です。

2017061003

で、白花のホワイト・グローテンドルストは
Grootendorstを、グ『ロ』ーテンドルストと書く。
作出者はPaul Eddyでアメリカ人。

バラの「枝変わり」が国をまたがることから
バラは「品種」として世界に広がり
世界中で愛されていることが分かります。

アメリカ 1962 Paul Eddy 作出
花は4~6㎝ カーネーション咲き 香り弱

【これまでの写真】

2014.5.3 ピンクの前は赤

2017年6月 7日 (水)

アンジェラ

2017060602

ちゃんとした雨が久しぶりに降りました。
雨を喜ぶのがカエルにナメクジ。

ナメクジを寄せないように
コーヒー豆を下部元に撒いています。

2017060603

ドイツ 1984 コルデス作出
花は6~8㎝ 丸弁カップ咲き 香り弱

【これまでの写真】

2016.7.24 アンジェラって誰のこと?

2017年6月 4日 (日)

オマージュアバルバラ

2017060501

連日、夏日。
強い日差しはバラにもダメージを与えます。
帽子をかぶせたりサングラスをかけたり
バラにはそんなことされられませんw

2017060302

いっそのこと、花を切ってしまうのが
株にとってはうれしいことのようです。

冬剪定で、かなり低い位置まで切り戻しました。
一番花が夏日と重なってしまい
申し訳ない感じです。

フランス 2004 デルバール作出
花は7~9㎝ 高芯フリル咲き 香り無

【今日の作業】

風通しをよくするために
枝を透いたり深めに花がらを切ったり

【これまでの写真】

2016.9.26 秋には本領発揮するかな

【その後の写真】

2017061001
2017.6.10 遅いけど1番花の満開です

«アントニオ・ガウディ