2018年5月25日 (金)

ピエールド・ロンサール

2018041602

以前はいっぱい写真を撮っていたのに
今はほとんど撮っていない。

バラの好みが変わったせいかな。

フランス 1986 メイアン作出
花は9~12㎝ カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

水遣り

【これまでの写真】

2014.5.5 たくさん写真を撮っていたこと

2018年5月24日 (木)

カーペット・ローズ

品種名ではありませんが
そんな名前で売られているバラがあります。

2018052001

修景用のバラは、
地植えにするととんでもなく伸びるそうです。
怖くて鉢植えにしたままです。

【今日の作業】

水遣り

2018年5月23日 (水)

ツー・ヤン・フェー・ウー

2018043001

どうだろう
この沢鳴りの音は
山々の雪をあつめて
轟轟と谷にあふれて流れくだる
この凄まじい水音は

緩みかけた雪の下から
一つ一つの枝がはね起きる
それらは固い芽の球をつけ
不敵な鞭のように
人の額を打つ

やがて山裾の林はうっすらと
緑いろに色付くだろう
その中に早くも
辛夷の白い花もひらくだろう

朝早く 授業の始めに
一人の女の子が手を挙げた

ーー先生 燕(つばめ)がきました

2018052302

丸山薫の詩『北の春』です。

小学校の国語で
教科書に載っていたと思いますが、
最後のフレーズが忘れられません。

中国? 作出年不明 作出者不明
花は7~9㎝ ロゼット~牡丹咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.12.31 1年の最後

2018年5月22日 (火)

ヴァンテロ

2018052002

最近は、育てたことのない品種を避け
我が家の過酷な環境でも育つ
強い品種ばかりを追加していましたが、
このバラは、花を見て迷わず購入しました。

2018052005

VENTILO(ヴァンテロ)とは
フランスのアパレルブランド名。
香水を扱っているようです。

フランス 2008 ギヨー作出
花は12~14㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

強風で倒れた鉢を起こす

2018年5月21日 (月)

キュー・ランブラー

2018052004

つるバラの中で「遅咲き」といえばコレ。
咲く時季をずらしてくれるので
有難いバラなのですが、
今年は枝や葉の勢いに対して
花数はまばらです。

2018052006

株に元気がないわけではないので
・肥料不足
・剪定のミス
ではないかと思いますが
また、29年度28年度のように
花でいっぱいにしたいです。

イギリス 1912 作出者不明
花は3~5㎝ 平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2017.5.29 西側道路に移動

2018年5月20日 (日)

ジェネラシオン・ジャルダン

2018051904

日曜日ですが、近所の中学校から
校内放送が聞こえてきます。

2018051902

中学校の体育祭です。
お天気は良かったのですが、
風が強くて、
テントが飛ばされないよう
気を遣われたことでしょう。

フランス 2009 デルバール作出
花は12~15㎝ 丸弁盃状咲き 香り中

【今日の作業】

花の終わったバラの鉢増し
根がびっしりと回っていると
力強さを感じます

【これまでの写真】

2017.5.25 四季咲き性では最強

2018年5月19日 (土)

ジ・エンシェント・マリナー

2018051904

名前の由来は、
イギリスの詩人S.T.コールリジの代表作
「老水夫行」の主人公名です。

2018051908

老水夫(エンシェント・マリナー)は、
アホウドリを射殺した罰として
仲間とともに南極近くにまで流され、
神秘的体験を経て故郷に帰還するというお話です。

自然から離反した感覚と同時に
逆に自然と一体化した精神を
みごとに描き出した作品です。

イギリス 2015 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

花の終わったバラの整枝と
お礼肥の施肥

【その後の写真】

2018052001
2018.5.20 お天気が良かったので…

2018年5月18日 (金)

エグランタイン

2018051301

別名「マサコ」です。マサコって誰?

①雅子妃殿下
②夏目雅子
③もたいまさこ

2018051304

はい、正解は①です。

イギリス 1994 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ アンティークタッチカップ咲き 香り強

【今日の作業】

我が家で冬越ししたエキナセアの株数鉢を
道路側の日当たりのいい場所へ
移動させました

【これまでの写真】

2017.11.12 冷たい風が吹く頃も

2018年5月17日 (木)

マドモアゼル

2018051201

玄関アーチに誘引して3年目。
ここは、お客様をお出迎えする場所。
ウェルカムグッズがいろいろあるので
これくらいさり気なく咲くバラが
似合っているような気がします。

2018051204

人間の社会だってそう。
「オンリー・ワン」とか言って
個性が大事って叫ぶ人が多いけれど、
引き立て役や脇役の生き方も素敵。
目立たなくても人と変わらなくても
社会にしっかりと貢献しています。

フランス 2012 デルバール作出
花は4㎝ 半八重咲き 香り弱


【これまでの写真】

2016.5.6 アーチに誘引し始めた頃

2018年5月16日 (水)

オマージュアバルバラ

2018041602

冬の強剪定前に
鉢替え、用土替えを行ったため
これまでのように花をつけるのか
心配していた株です。

2018041605

上手くいったようです。
引き続き我が家の看板娘を
務めてくれます。

フランス 2004 デルバール作出
花は7~9㎝ 高芯フリル咲き 香り無

【これまでの写真】

2017.8.4 夏にも強い四季咲き

«セプタード・アイル