« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月26日 (土)

うらら

2013012602

写真のバラは、
よく調べてみたら「うらら」でした。
間違ってすみません。(2/2修正)

今日も寒い一日でした。
各地で行われる植木市の先陣を切って
農業公園で行われる植木市に行ってきました。

バラの苗の販売はほとんどなかったのですが、
5月のバラ祭りに向けて
バラ園で剪定や誘引をされているのを
興味深く見てきました。

ためらいなくバッサバッサと切られ、
肥料を加えたり、植え替えたりと
5人がかりでも大変そうでした。

我が家のバラもいよいよ強剪定に入ります。

日本 1995 京成バラ園芸作出
花は8~10㎝ 丸弁咲き 香り弱い

【これまでの写真】

2012.10.27

【その後の写真】

2013.5.6

2013年1月19日 (土)

グラハム・トーマス

2013011901

2013 01 19撮影-01

バラ園でトレリス仕立てを見て感動し、購入したものの
なかなか上手に育てられないバラです。

原因はコガネムシ。
幼虫が根を食べてしまい、 葉が落ちてしまうのです。

今年も元気がないなと気になり、
鉢をひっくり返すと、
コガネムシの幼虫がごろごろ。
マルチをしていたのに どこから入ってきたのでしょう。

弱った体なのに、
こんな寒い朝に 踏ん張って咲かせた花は
「力」と「やさしさ」の両方を
兼ね揃えた小さな黄色でした。

一方、元気がよすぎるのがマチルダ。
12月につぼみをいっぱいつけて
大丈夫?と思いましたが、
次から次に花を咲かせて、

ここだけ 冬がどこかにいったみたいに
なってしまいました。(下の写真)

イギリス 1983 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り弱い

2013011901_2

マチルダ 2013 01 19撮影-01

【その後の写真】

2014.5.4 時間がかかりましたが、大きくなりました

2013年1月12日 (土)

ソルベ・フランボワーズ

2013011201

2013 01 12撮影-01

シャーベットのように
寒い寒い日が続きました。

久しぶりに温かくなったので
午後にツルバラの誘引をしました。
半ツルはいくつかやっていましたが、
本格的なツルはこの冬初めて。
春のイメージをもって
麻ひもでトレリスに結わいつけました。

写真のバラの花名は
「木苺のシャーベット」の意味です。
夏っぽい名前ですが、
こうして冬にも花を咲かせる
四季咲き性の強いバラです。

秋には、下の写真のように
いっぱい花を咲かせてくれました。

フランス 1994 デルバール作出
花は5~7㎝ セミダブル咲き 香り弱い

【その後の写真】

2012111702

2012 11 17撮影-02

2013.8.3 真夏に咲くソルベ・フランボワーズ

2013年1月 5日 (土)

サマー・サンシャイン

2013010502

夏らしい名前が付いているのに
真冬にも花を咲かせました。
とはいえ、つぼみができてから
時間のかかること、かかること。

そこで、つぼみにビニール袋をかぶせ、
早めに咲かせるという裏技を使いました。
それが下の写真です。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

アメリカ 1962 Herbert C. Swim 作出
花は9~11㎝ 半剣弁高芯咲き 香り普通

2013010501

【その後の写真】

2014.9.29 秋花にはほんのり赤いストライプが~

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »