« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

ルシファー

2014072901

育てるのがちょっと難しくて
なかなか花を咲かせるまで苦労しっぱなしです。

青系の花色は
ブルーヘブンの血を受け継いでいます。

2014072902

神からもっとも愛された天使は、
反逆をおこし悪魔「サタン」になりました。

悪魔とは程遠い、さわやかな香りを漂わせ、
繊細な花を咲かせるバラです。

日本 2008 河本バラ園作出
花は6~8㎝ 半剣弁咲き 香り強

【今日の作業】

テッポウムシ対策7つ道具を揃える
 ・ニードル(穴を探す)
 ・ドリル(穴を広げる)
 ・針金(穴の奥を探る)
 ・歯鏡(見えにくいところを映す)
 ・殺虫スプレー(液状の薬品で殺す)
 ・オルトラン(浸透性の薬品で追い出す)
 ・ネット(成虫に寄り付かせなくする)

【その後の写真】

2015.8.23 夏でもこの繊細さ

2014年7月28日 (月)

ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ

2014072702_edited1

長い名前のバラです。元モナコ公元首国
故レニエ3世の即位50周年に捧げられました。

花色が「赤・白」なので国旗の色からモナコ、
え?「赤・白」といえば、インドネシアじゃ?

Monaco

いえいえ、インドネシアの国旗が制定される
ずっと前に1881年制定されたほぼ同じ国旗。

互いに変更を求めて言い争いになったことも
あるとかないとか。

別名はチェリー・パフェ。
そんなパフェがあったら食べてみたいなぁ。

フランス 2000 メイアン作出
花は7~9㎝ 半剣弁高芯咲き 香り弱

【今日の作業】

コガネムシの捕殺
イモムシの捕殺
ほっとくと葉っぱが穴だらけ

【その後の写真】

2015.9.23 ため息が出るほど

2014年7月27日 (日)

マダム・ボヴァリー

2014072602

19世紀の文豪フロベールの小説に登場する
ヒロイン、夢見る夫人の名前はエマ・ボヴァリー。

2階のベランダでも元気な強健種ですが、
棘が多いため剪定を手抜きたため
花が少ないです。とほほ。

フランス 2001 デルバール作出
花は10~13㎝ アンテークタッチ咲き 香り強

【今日の作業】

おがくず発見。
穴を見つけてテッポウムシ殺虫剤を注入。
4本の治療をしました。

【これまでの写真】

2013.7.30 1年前のボヴァリー夫人

2014年7月19日 (土)

つるレディ・ヒリンドン

2014071902

観光地やイベント会場などに現れる
シャーベット系アイスキャンディ屋さん。

おばちゃんがへらを使って
コーンに盛りつけます。
こっちでは「アイスクリン」と呼ばれていますが
全国で呼び名もちがうんだそうです。

バナナ味の明るいクリーム色のアイスを
バラの花の形に盛り付けてくれる
高度なスキルをもったおばちゃんもいるようです。

アイスクリンのバラの色に似た色の
花を咲かせる「つるレディ・ヒリンドン」を見るたび
アイスクリンのおばちゃんを思い出します。

2014071901

イギリス 1917 Elisha J. Hicks作出
花は7~9㎝ 半剣弁高芯咲き 香り強

【今日の作業】

テッポウムシ(特大サイズ)発見
即捕殺しました

この時期要注意です

【その後の写真】

2016.9.9 名前の由来

2014年7月17日 (木)

あおい

2014071703

夏の暑い日も
花を一度に咲かせて花束となる、
まさに「フロリバンダ」です。

2014071701

梅雨で葉を落としたバラたちも
次の芽が吹きだしています。

梅雨が明けると
水遣りで忙しい「夏」が、
またやってきます。

日本 2008 ローズファームケイジ作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

伸びたシュートの先にあるランタナを剪定
ああ、すっきりした

【これまでの写真】

2014.5.13 春はやっぱりスゴイ!

【その後の写真】

2014.10.29 ただ君を愛してる~

2014年7月15日 (火)

ジェネラシオン・ジャルダン

2014071201

雨に打たれて、花が傷みやすいこの時期にも
萎れのない美しい花を咲かせてくれます。

2014071501

伸びすぎたシュートの先に花をつけました。
来年は長いシュートを小さめのトレリスに
固定してみようと思います。

フランス 2009 デルバール作出
花は12~15㎝ 丸弁盃状咲き 香り中

【これまでの写真】

2014.5.30 1番花、満開中

【その後の写真】

2015.5.29 暑いんですけど…大丈夫

2014年7月14日 (月)

セント・スウィザン

2014071201

ボタンアイのクラシカルな花を咲かせます。
ほんとうはソフトピンクですが
梅雨時期はどうしても白っぽくなります。

早く梅雨が明けないかなあw

イギリス 1993 デビッド・オースチン作出 
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

梅雨時期は、バラが
にょきにょきとシュートを伸ばす季節
時期を逃さずソフトピンチ
つるなら上に伸ばすだけ伸ばして固定

【その後の写真】

2015.7.19 名前の由来は~

2014年7月12日 (土)

ストロベリー・アイス

2014071202

氷いちごはいかがですか~♪

今年も暑い夏がやってきそうです。
まだ梅雨は明けていませんが、
イチゴの氷菓がうれしい季節。

安く出回っているので
あまり気にもされていない作出者名ですが
そう、デルバールと思っていました。

ところが、
イギリス・ビース社が1973年に作出
ともあります。

さらに、カナダでは1980年に
「ボーダーローズ」という名で登録されたとか

…よく分かりません。
まあ、どうでもいいです。

フランス 1975 デルバール作出
花は10~13㎝ 丸弁カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

雨があがったので、
イモムシ毛虫をやっつける薬と
黒星で葉を落とさないようにする薬を
念入りに散布

【これまでの写真】

2013.8.25 暑いときにはイチゴのアイス

【その後の写真】

2015.8.19 このバラを人に例えるなら…

2014年7月10日 (木)

ラ・ローズ・ドゥ・モリナール

2014071001

台風8号が日本列島を横断している最中、
なんとも美しい花色のバラが開花。

ブライトピンクは、
どんよりした灰色の雲の下でも
見る人に笑顔をもたらしてくれます。

南仏グラースの地で創業した
香水メーカーの名前だそうですが
我が家にはあまりなじみのないことです。

フランス 2008 デルバール作出
花は10~12㎝ カップ~ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2013.12.28 冬の半日陰でも花を咲かせる

【その後の写真】

2015.10.25 夏に咲かせないようにすれば秋には…

2014年7月 7日 (月)

オマージュアバルバラ

2014070602

こちらも2番花なのに、よく咲きます。
匂いのない花は花もちが良い。
不快指数100の毎日なのに
花弁の痛み等、まったくなし。

強健です、ほんと。

フランス 2004 デルバール作出
花は7~9㎝ 高芯フリル咲き 香り無

【これまでの写真】

2014.5.19 1番花も花数で勝負

【その後の写真】

2014.10.6 秋バラ祭り開催中~

2014年7月 6日 (日)

ラ・マリエ

2014070603

この季節は5~6月に比べて
花数がぐっと減るのですが、
一鉢でどっと花を咲かせてくれる
うれしいバラもあります。

ラ・マリエ、春の花より小ぶりですが、
一度につぼみをあげたかと思うと
一気に花を咲かせました。

フレッシュないい香りも漂ってきます。
梅雨の季節にさわやかさをありがとう。

日本 2008 河本バラ園作出
花は9~10㎝ 波状フリル咲き 香り中

【今日の作業】

ナメクジ捕殺

【これまでの写真】

2014.4.6 フライングで花を咲かせたこの春

【その後の写真】

2015.8.8 秋に咲かせるために…

2014年7月 5日 (土)

ゲロゲーロ

2014070502

我が家のバラの見張り番、
今日もせっせとバラに来る害虫を捕食していました。

100匹ぐらい雇うと
害虫対策の薬剤散布も回数を減らせそうですが、
今のところ1匹だけですw

2014070503

しっかし、かわいくないな~。

ちなみに踏み台にしている花は
つるバラのパレードです。

【今日の作業】

庭のアーチの位置を移動。
足元に白い小石を敷き詰めたので
庭が明るくなりました。

Dsc03549

2014年7月 2日 (水)

エバンタイユ・ドール

2014070201

今年も咲きました!
ふんわり開く黄金色の丸弁。
上品かつシックな花色は他にはありません。

「枯れ色」?
…ひどいです。
心に響く贅沢な色です。
お金も貯まります、きっと。

日本 2009 河本バラ園作出
花は9~11㎝ フリル咲き 香り弱い

【これまでの写真】

2013.7.20 暑い日には明るい花色が…

【その後の写真】

2014071003

2014.7.10 一度に2輪、ぽつぽつと開花

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »