« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

キャラメル・アンティーク

2014082302

夏が終わります。
小学生の宿題に天気調べがあったりしますが
今年の晴れマークは1つか2つぐらい、
あとの40個は雨マークか曇りマーク。

はい、晴れマークにちょうどいい
明るい黄色のキャラメル・アンティークの花が
咲き始めました。
でも、空はどんよりとしたまま。

ドイツ 1968 コルデス作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り中

【今日の作業】

イモムシ対策薬剤散布

【これまでの写真】

2013.11.2 クォーターロゼット咲きってこんな感じ

2014年8月29日 (金)

隊長、またやられています

バラのつぼみを食害するイモムシが
大量発生中です。

捕殺と消毒でやっつけています。

2014年8月22日 (金)

ローブ・ア・ラ・フランセーズ

2014081801

18世紀ロココ文化のファッションリーダー、
フランス国王ルイ15世の愛妾ポンパドール夫人が
身に着けた宮廷衣装ロブ・ア・ラ・フランセーズ。

ローブ袖口の装飾には薄いピンクのレーヨンに
グレーの糸でミシン刺繍した
最高のレースが使われました。

宮廷衣装ロブ・ア・ラ・フランセーズは
注目を集め、貴族の女性たちは
こぞって模倣したといわれています。

2014081401

ブラウンがかったピンクに
ゴージャスな花形。
名前に負けていない日本のバラです。

日本 2011 河本バラ園作出
花は9~11㎝ カップ→ロゼット咲き 香り弱い

【今日の作業】

わずかな晴れ間に
毛虫イモムシ対策の薬剤散布

【これまでの写真】

2013.11.4 いつもゴージャスです

2014年8月18日 (月)

セプタード・アイル

2014081602

This royal throne of kings, this scept'red isle,
This earth of majesty, this seat of Mars,
This other Eden, demi-paradise.

シェイクスピアの史劇「リチャード2世」の中の
ランカスター公が死ぬ間際の台詞です。

赤文字の「セプタード・アイル」は直訳すると
「錫(すず)をいただく島」の意ですが、
本来あるべき「統治されたイギリスの姿」を例えて
並べた言葉の一つです。
甥っ子、リチャード2世の国づくりの現状が
あまりにも違っていて憂えていた人物でした。

2014081402

はい、花の形は整っていて
「統治された国」の名前に恥じていませんw

イギリス 1997 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

ベンチ付きのアーチを玄関
入ってすぐに設置

【これまでの写真】

2013.12.30 冬の花色は濃いです

【その後の写真】

2015.5.13 本来のカップ咲きとはこんな感じ

2014年8月16日 (土)

グラミス・キャッスル

2014081502

シェイクスピアの四大悲劇の一つ「マクベス」
スコットランドの王に仕えていたマクベスが
魔女の予言を信じて王になります。
マクベス夫妻の血塗られた策略も運が尽きると…

「マクベス」の舞台となった
スコットランドの城の名がグラミス。
人間、暗示にかかると何をしでかすか分かりません。
この花を見て「冷静に我に返る」ことです。

2014081602

春の花つきが今一つで心配していましたが、
さすが我が家の看板娘、
大輪が次々と咲き始めました。

イギリス 1992 デビッド・オースチン作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り弱い

【今日の作業】

根腐れをおこして瀕死な状態の
ザ・レディーズ・ブラッシュ救出作戦

【これまでの写真】

2014.4.19 ちょっと心配した春のグラミス

【その後の写真】

2015.8.1 やっぱり暑い夏に花をつけるんだよね

2014年8月14日 (木)

シャンテ・ロゼ・ミサト

2014081402

高校でラグビーのマネージャーをしていたミサト、
仲間とバンドを結成して学園祭のステージに立つ。

高校卒業後、歌手としてデビュー、
第二の白井貴子として売り出す。

「My Revolution」のヒットにより、
一躍人気ソロシンガーとしての地位を築く。

2014081403

バラの花”ミサト”
日本人歌手の渡辺美里さんに捧げられた
フレンチローズ。

鉢植えで2鉢を育てています。
ほっとくと枝を伸ばしてラティスに広げられます。
でも、コンパクトにして木立に育てる方が
きれいな花が目立っていいかも。

フランス 2004 デルバール作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

葉を落とし弱ったバラにIBの力

【これまでの写真】

2013.5.9 ほっとくと大変なことに

【その後の写真】

2016.7.1 2年後大変なことに

2014年8月12日 (火)

シェエラザード

2014080702

台風接近とかでお天気の悪い日が続きましたが
ようやく太陽の光が降り注ぐ夏がやってきました。

2014080401

夏花もとがった花弁が
他のバラとの違いをアピールしているようです。

日本 2013 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

夏のバラ園に行って
お世話をされてる人に夏の手入れについて聞く

【これまでの写真】

2014.5.26 春の満開時

【その後の写真】

2016.5.29 交響曲「シェエラザード」

2014年8月 9日 (土)

ソフィーズ・パーペチュアル

2014080902

夏は夏でかわいい花を次々と咲かせてくれる
オールドローズ(チャイナ)。

パーペチュアルとは「永遠」
ロレックスにも刻まれているこの文字が
名前についているということは
これから先、ずっと
このきれいな花を楽しめるということでしょうか。

2014080903

この花の名前になったソフィーって、
どんな女の子だろう。
フランス人だろうけれど、きっと
眼鏡をかけたおてんば娘だろうな。

フランス 1905以前 Paul,W.作出
花は6~8㎝ フリル咲き 香り強

【今日の作業】

台風対策。集めて固定したり、倒したり

【これまでの写真】

2014.4.29 春はやさしいグラデーション

【その後の写真】

2016.5.10 開花は早い方?

2014年8月 4日 (月)

ランタナ

暑い夏の間は、バラの花も少ないです。
雨にも負けない、暑さにも負けないランタナで
ガーデニングを鮮やかにしてみました。

Dsc03659

ラティスの隙間から伸びるしなやかな枝には
黄色と濃いピンクの花が咲きそろいました。

Dsc03660

ラティスの端には珍しい白系のランタナ。
横に広がるのを避けて
こんもりと仕立てています。

Dsc03661

玄関アーチにそびえたつのが
ハワイ産のオレンジ。
強健でどんな厳しい剪定にも花を咲かせます。

こんなに育ってくれると、
バラの花が少なくてもさびしくありません。

2014年8月 2日 (土)

かおりかざり

2014080203

甘いパッションフルーツの香りが漂います。
株はまだ小さいので、一輪ずつですが
コンスタントに大輪を咲かせてくれます。

花色や花型は安定していないようで
環境によっていろいろな花を咲かせているそうです。

鉢の上に落ちた葉を集めていたら
丸3日かかりました。(妻一人でやりました。)
カミキリムシの被害や癌腫も見つかり
早めに対応できたのでよかったです。

日本 2012 Rose Farm keiji作出
花は8~10㎝ カップ~ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

カミキリムシ被害の処置

【これまでの写真】

2014072101

2014.7.21 夏はオレンジっぽい花を咲かせます

2014.6.23 春はピンクっぽい花です

【その後の写真】

2014.10.27 秋も美しい花を咲かせています

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »