« グラミス・キャッスル | トップページ | ローブ・ア・ラ・フランセーズ »

2014年8月18日 (月)

セプタード・アイル

2014081602

This royal throne of kings, this scept'red isle,
This earth of majesty, this seat of Mars,
This other Eden, demi-paradise.

シェイクスピアの史劇「リチャード2世」の中の
ランカスター公が死ぬ間際の台詞です。

赤文字の「セプタード・アイル」は直訳すると
「錫(すず)をいただく島」の意ですが、
本来あるべき「統治されたイギリスの姿」を例えて
並べた言葉の一つです。
甥っ子、リチャード2世の国づくりの現状が
あまりにも違っていて憂えていた人物でした。

2014081402

はい、花の形は整っていて
「統治された国」の名前に恥じていませんw

イギリス 1997 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

ベンチ付きのアーチを玄関
入ってすぐに設置

【これまでの写真】

2013.12.30 冬の花色は濃いです

【その後の写真】

2015.5.13 本来のカップ咲きとはこんな感じ

« グラミス・キャッスル | トップページ | ローブ・ア・ラ・フランセーズ »

イギリス」カテゴリの記事

デビッド・オースチン」カテゴリの記事

モダン・シュラブ・ローズ」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/60169895

この記事へのトラックバック一覧です: セプタード・アイル:

« グラミス・キャッスル | トップページ | ローブ・ア・ラ・フランセーズ »