« カートマニージョー | トップページ | 黄モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ・ルテア) »

2015年4月11日 (土)

フランシス・デュブリュイ

2015041101

今年の一番バッターはオールド・ローズのこれ!
クレムゾンレッドの花びらはベルベットの質感あり。
ティー・ローズの典型的な細長いつぼみが
カップ状に咲いては反り返り
ダマスクのいい香りを放ちます。

2015041103

この花を作出した Francis Dubreuil って誰?
はい、フランス・リヨンの仕立て屋さんです。
え?え?仕立て屋?

後半生に育種に取り組んだ人物で
娘はA.メイアンと結婚し、
孫、フランシス・メイアンが名花「ピース」を
作出することとなります。
つまり、メイアン一族の先駆けとなるバラなのです~。

フランス 1894年 フランシス・デュブリュイ 作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

冬~早春の鉢花の整理
伸びきった葉ボタンやラナンキュラスなど
伸びっ切ったもの、萎れたものを撤去。
これから5月末までは
バラが中心となります。

【その後の写真】

2015041802_3
2015.4.18 まだまだつぼみがあります!

2015042401
2015.4.24 つぼみか開花するとこの通り…

2016.8.7 猛暑日のデュプリュイ

« カートマニージョー | トップページ | 黄モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ・ルテア) »

オールドローズ」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/61423739

この記事へのトラックバック一覧です: フランシス・デュブリュイ:

« カートマニージョー | トップページ | 黄モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ・ルテア) »