« グリマルディ | トップページ | バレリーナ »

2015年5月18日 (月)

テス・オブ・ザ・ダーバービルズ

2015051401

ドーセット地方の貧しい農家に生まれた娘、テスは
遠縁のダーバビル家に奉公に出されます。

ダーバビル家の息子にかどわかされ
私生児をはらみますが、
生まれた子はわずか数週間で死んでしまいます。

2015051402

あまりにも純粋一途だったテスの
哀しく切ない、そして短い人生。

文豪ハーディの名作のヒロインの名前を
このバラに付けたのはなぜでしょう。

イギリス 1998 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ ディープカップ咲き 香り強い

【今日の作業】

ピークを過ぎて花数は減る一方で
油断してると伸びているシュートの処理。

【これまでの写真】

2014.5.3 毎年、春の花つきはかなり良好です

【その後の写真】

2016.5.2 その後テスは幸せになるの?

« グリマルディ | トップページ | バレリーナ »

イギリス」カテゴリの記事

デビッド・オースチン」カテゴリの記事

モダン・シュラブ・ローズ」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/61609584

この記事へのトラックバック一覧です: テス・オブ・ザ・ダーバービルズ:

« グリマルディ | トップページ | バレリーナ »