« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

花見小路

2015081901

一鉢に二株植えて育てていましたが、
一株を枯らしてしまいました。
鉢が小さすぎて、けんかしたのかな。

2015081902

残った方も、強くて生き残ったという感じでなく
どことなく勢いが無くなっています。

寒くなったら植え替えでしょうか。
かわいい花を咲かせてくれるので
まだまだ頑張ってほしいです。

日本 2012 フローリスト&ガーデナー作出
花は4~5㎝ フリル→ロゼット咲き 香り中

【今日の作業】

家の周りに足場を組んであります
バラの世話をするとき、
ヘルメットが必要かも

【これまでの写真】

2014.5.6 去年はこんなに元気でした

【その後の写真】

2016.1.23 寒波到来前日

2015年8月30日 (日)

ペッシュ・ボンボン

2015082002

台風15号が、我が家の庭にも
猛烈に風と雨と浴びせていったので
バラも葉を落としたり、枝を折ったり
元に戻すのが大変でした。

でも、暑さや寒さに強いバラ、
風や雨にも負けません。
落とした葉の分、新芽が出始めています。

バラを枯らすのは、
人間の世話の怠慢か、
テッポウムシ等の害虫ですね。

このペッシュ・ボンボン、
カーポートの下に鉢をおいていたので
強い雨からは守ることができました。
それでも、風は相当強かったと思います。
台風の前に咲かせた花が、
風雨で落ちなかったのが不思議です。

フランス 2009 デルバール作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

イモムシ対策主体の薬剤散布

【これまでの写真】

2014.9.29 庭を通りかかった女の子が…

【その後の写真】

2016.5.17 アーチに挑戦

2015年8月23日 (日)

ルシファー

2015082001

一度にたくさん咲くことはないのですが、
一輪でも咲いたときの繊細さは
ため息をつくほどなのです。w

日本 2008 河本バラ園作出
花は6~8㎝ 半剣弁咲き 香り強

【今日の作業】

8月の追肥
いよいよ夏剪定の時期ですが、
今年は少し遅らせてみようと思います

【これまでの写真】

2014.7.29 名前の意味

【その後の写真】

2015.10.5 秋バラの色はやばすぎる

2015年8月20日 (木)

レオナルド・ダ・ヴィンチ

2015082005

花色が気になりますが、レオナルドだと思います。
3種類のピンクバラを集め、アーチに誘引。
統一感はありますが、
似た花形で「ん~?」となりますw

フランス 1994 メイアン作出
花は8~10㎝ アンティークタッチ咲き 香り弱

【今日の作業】

バラ園に行って、
今後の管理について聞いてきます

【これまでの写真】

2014.5.11 レオナルドといえば、こんな色だよね

【その後の写真】

2016.5.10 ダ・ヴィンチが残した名言

2015年8月19日 (水)

ストロベリー・アイス

2015081901

今年の春はほとんど花を付けませんでしたが、
暑い夏に花を付け始めました。

2015081902

映画「NANA~ナナ~」に出てくる
宮﨑あおいちゃんみたいなバラです。

フランス 1975 デルバール作出
花は10~13㎝ 丸弁カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

上に伸びすぎたシュートを
折れないように固定

【これまでの写真】

2014.7.12 作出はどこ?

【その後の写真】

2016.12.18 翌シーズンの咲きっぷりは…

2015年8月16日 (日)

パット・オースチン

2015081603

今日は、バラの花の香りの話です。

中国茶の香りとスミレのような香りを
ブレンドしたとイメージしてください。

チャイナ・ローズの香りを
「ティー香(紅茶の香り)」というそうです。

2015081602

パット・オースチンは、
イングリッシュローズの中で
ティー香の代表的なバラです。
黄色いバラに多いかな。

一般的なバラの香り「オールドローズ香」と
ちょっとちがうみたいです。

香りでバラの品種が分かるようになりたいですw

イギリス 1995 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ ディープカップ咲き 香り強い

【今日の作業】

イモムシの食害がちらほら
涼しくなる前に殺虫用の予防消毒を

【これまでの写真】

2013.4.6 テッポウムシにやられたパット…

【その後の写真】

2015092204
2015.9.22 秋色(駐車場)

2015092201_2
2015.9.22 秋色(ウッドデッキ)

2015.10.12 秋までずっと開花する四季咲き性

2015年8月12日 (水)

真宙

2015081201

国営越後丘陵公園国際香りの
ばら新品種コンクールで金賞を受賞。
同時に国土交通大臣賞を受賞。

同じ吉池作出のアンゲリカと似ていますが、
こちらはアプリコット色で
ややピンクがつよいはずなんですが、
夏はこんなもんですw

日本 2009 吉池貞藏 作出
花は6~9㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

久しぶりの本格的な雨。
記録を伸ばしていた連日猛暑日も
昨日でストップのようです。
水遣りが少しで済みそうです。
涼しくなると出てくるイモムシに注意!

【その後の写真】

2015.11.15 秋は厚く、深く、濃い花となりますw

2015年8月11日 (火)

夏はやっぱり(その3)

素麺か冷奴がいいですね。
薬味は大葉や茗荷で。

夏だからあえて辛いカレーも
食欲をそそります。

Dsc01113

暑さに負けない花、
ランタナハイビスカス、と続いて
ラストはブーゲンビリアです。

【今日の作業】

イモムシとコガネムシが
咲いたばかりの花を喰らっていました
即、捕殺

2015年8月 8日 (土)

ラ・マリエ

2015080801

猛暑日が続きます。
夜も30℃以上とは暑すぎです。
バラも、暑さにうんざりしていることでしょう。

秋バラをいっぱい咲かせるために
暑い日中もつぼみをピンチしていますが、
隠れて上手に花を咲かせていたのがコレ。

Dsc01112

当然、ピンチしますが、
もったいないので、開花したものは集めて
キッチンに飾って楽しんでいます。

今回は、ラ・マリエと
リパブリック・ドゥ・モンマルトル
モーリス・ユトリロです~。

日本 2008 河本バラ園作出
花は9~10㎝ 波状フリル咲き 香り中

【今日の作業】

薬剤散布
水遣り~

【これまでの写真】

2014.7.6 去年は夏も咲かせてたよ~

【その後の写真】

2016.9.22 エレガントな咲き始め

2015年8月 6日 (木)

夏はやっぱり(その2)

夏と言えば…暑さで弱るバラあり。
ランタナは相変わらず元気ですが、
いかんせん花が小さい(涙

そこで、夏に強く
バラに劣らず大輪を咲かせる植物を
楽しんでいます。
そう、ハイビスカス。

Dsc01102

冬に枯らさないように気を付けて育てたら、
ほら、珍しい白花もこの通り。

Dsc01099

花屋さんでもお見かけしない八重咲きも
ほれ、ご覧ください。

とにかく肥料を食う植物ですので、
3年目ぐらいからはこれでもか~
というぐらい肥料をあげています。

【今日の作業】

水遣り~
猛暑日には暑さによわいバラは
冷房をつけた部屋に入れておくのもいいみたい

2015年8月 4日 (火)

レイニー・ブルー

2015080302

ブルー系の花が咲き始めました。
この夏、一度は枯れ始めていたバラですが
妻の介抱で復活しました。
どんな介抱かって?
簡単には教えられませんw
って、素人ですので、
ほんとにこれでいいのか疑わしいw

ドイツ 2012 タンタウ作出
花は6~8㎝ ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

弱ったバラの介抱とは…
みずのやり方に気を付ける
(乾くまであげない)
つぼみをとり花を咲かせない
規定量以上に薄めたメネデール水を
毎日やる

【これまでの写真】

2014.10.20 あの歌ね~

【その後の写真】

2016.5.18 復活したバラはその後…

2015年8月 1日 (土)

グラミス・キャッスル

2015073002

今日は新苗や小さな株で買ったバラを
鉢に植え替えなければいけなかったのですが、
あまりの暑さに、昼間は室内で体を休め
日が傾いた夕方以降に作業をしました。

2015073003

植物も、この暑さに萎れ気味なのですが、
バラって強いですね。
グラミスキャッスルもこの通り。
35℃超の猛暑日に、
涼しげな純白の花をつけました。

イギリス 1992 デビッド・オースチン作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り弱い

【今日の作業】

新苗やポット苗のバラの鉢上げ
ふぅ~、暑かった。

【これまでの写真】

2014.8.16 名前の由来

【その後の写真】

2015091902
2015.9.22 秋の形の整った花

2016.9.21 名前の由来となった城について

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »