« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

ゆうぜん

2015092902

2009年に切り花「友禅」が発売、
1年後にガーデンローズとして発売されたのが
平仮名表記の「ゆうぜん」です。

もともと切り花品種なので
花もちが良い、
で、フルーツの香りも良い。

ハイブリッド・ティは買わない主義でしたが
この和バラは、開花株を目の前にして
買わないわけにはいきませんでした。

枝変わりに、
明るいピンクの「こはる」があります。

日本 2010 Rose Farm keiji作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

雨です、一休み

【これまでの写真】

2014.9.20 初めて咲かせた花は…

【その後の写真】

2016.6.16 2番花だって美しい

2015年9月29日 (火)

セラフィム

2015092901

神様に一番近いところにいるエンジェルが
この「セラフィム」だそうです。

動画を見ても、
このバラには相応しくない名前のような
気がしますw

2015092902

日本 2013 河本バラ園作出
花は8~10㎝ 平咲き 香り強

【今日の作業】

もうすぐ10月なのに
なんでこんなに暑いんだ~
今日も、水遣り

【これまでの写真】

2014.6.30 最上級という意味で…

【その後の写真】

2016.10.4 同じ秋でも花色が~

2015年9月27日 (日)

カスク・ドール

2015092701

やっぱり秋バラは花色が濃いや~。
甘いマンゴー・フルーツを想起されるような
濃い黄色がでました。

2015092702_2

とはいえ、暑い日中には、花も開ききって
明るい黄色に変わっていました。
花色は気温に左右されるようです。

フランス 1979 デルバール作出
花は10~12㎝ 丸弁カップ咲き(秋) 香り無

【これまでの写真】

2014.6.3 小学1年生は、帽子も傘も…

【その後の写真】

2016.7.2 シモーヌ・シニョレの『肉体の冠』だったのか

ノース・フレグランス

2015092603

朝から、庭に強いフルーツ香がすると思ったら
香り高い日本の白バラが咲いていました。

2015092702

暑い昼間に花が開き切ってしまいましたが、
たった一輪でこの香りはすごいです。

日本 2005 吉池貞藏 作出
花は9~11㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

暑いので、水枯れ注意報発令

2015年9月26日 (土)

うらら

2015092601

秋もいっぱい咲きます。
香りがない分、花もちもいいです。
抜群の四季咲き性をもったバラです。

2015092604

花色もこんな感じなので
庭を明るくしてくれます。

つる性のうららもあるそうなので
見つけたら買おうと思います。

日本 1995 京成バラ園芸作出
花は8~10㎝ 丸弁咲き 香り弱い

【今日の作業】

どうもコガネの幼虫が
生き残っていそうなバラのチェック

【これまでの写真】

2015.5.1 春のうらら

【その後の写真】

2016.5.27 激しくセクシーな…

ル ブラン

2015092602

河本純子作出のバラは、どれもカタツムリ級w
買って何年待てば花を咲かせられるのか、
待っている間に弱らせたり枯らしたり
その日までやっぱり
…待てないわ(by 西野カナ)w

ラ・マリエシリーズのバラです。
フランス語で「白」という意味のル・ブラン、
ラベルの写真のように
たくさん花を付けるようになるまで
何年かかるのでしょうか。

日本 2012 河本バラ園作出
花は7~9㎝ 丸弁咲き 香り強

2015年9月25日 (金)

万葉

2015092301

日本の美しいバラが咲きました。

日本最古の和歌集といえば「万葉集」。
なんと4500首以上の歌が詠まれています。

あれ、1万の半分もないんですね。

日本 1988 京成バラ園芸
花は8~10㎝ 波状弁平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2014.11.22 歴史の色はどんな色?

【その後の写真】

2016.9.3 台風

2015年9月24日 (木)

ホワイト・メイディランド

2015092202

「修景バラ」に分類されているのは
地を這うように伸び
花を溢れんばかりにつけるからだそうです。

我が家は、小さい鉢に入れたまま
秋は一輪だけかな。
いつかは地植えに、
と場所を検討しているところですw

フランス 1985 メイアン作出
花は6~8㎝ ぽんぽん咲き 香り弱

【今日の作業】

雨が降ったので、水遣りはおやすみです

【これまでの写真】

2014.10.1 メイディランドと名のつくバラ

2015年9月23日 (水)

ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ

2015092202

秋は、しっかり色を付けてくるバラ。
花もちもいいので、
春ほど花数は期待できませんが
一輪の美しさは春に引けをとりません。

2015092303

ため息が出るほど、という表現が
このときのためにあるようです。

フランス 2000 メイアン作出
花は7~9㎝ 半剣弁高芯咲き 香り弱

【これまでの写真】

2014.7.28 「モナコ」という国~

【その後の写真】

2015102401
2015.10.24 空気が冷たくなるほど~

2015102402
2015.10.24 ~美しくなっていくような…

2016.9.15 中秋の名月に咲くバラ

清流

20140923011

今年、水の遣りすぎで弱らせてしまい、
枯らしたバラ・リストにも入れていた「清流」です。

青バラは本当に難しいです。→なぜ?
一輪だけですが、これ以上望みません。

元気になってもらって、
春に花を咲かせてくれれば満足です。

日本 2012 河本バラ園作出
花は9~10㎝ 波状フリル咲き 香り中

【今日の作業】

雨が降りそうですが、
乾燥した鉢に水遣り~

【これまでの写真】

2014.4.28 元気がよかったころの清流

【その後の写真】

2015.10.24 凝りもせずまたまた~

2015年9月22日 (火)

アン・ブリン

2015092201

ノアゼット系の血が入っているのでしょうか、
つぼみがスプレー状につき、
秋でも房咲きが楽しめそうです。

秋が深まると楽しみなことは、
若い葉が霜にあたって赤く紅葉することです。
枝も赤みがさして、
アメ細工のようになるんです。

今年はカメラにおさめておきたいな。

イギリス 1999 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ アンティークタッチロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

秋バラが咲き始めたので
写真を次々撮っています

【これまでの写真】

2014.6.19 名前の由来

【その後の写真】

2016.7.16 姉か妹か?どっちでしょう

2015年9月21日 (月)

ル・シエル・ブルー

2015092001

ずいぶん秋めいて、
朝夕の空気が冷たくなりました。

涼しくなると藤色になるル・シエル・ブルーは
まだまだピンクの花色ですが、
次の花ぐらいは
名前の通りの花色を期待しましょう。

2015092005

青色の花を咲かせるバラは
水を吸い上げる力が弱く、
その結果葉を落としてしまい、
さらに水を吸い上げなくなるという
悪循環に陥りやすいのです。

対策は2つ、
・水をあげすぎないこと
・薬剤散布で黒星にさせないこと

つまり、ほかのバラとは別のお世話になります。
我が家じゃちょっと無理かな。
ルシファーに清流と
今年は2つのバラをダメにしてしまいました。
(泣く)

日本 2012 木村卓功作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り中

【今日の作業】

害虫対策中心の薬剤散布
イモムシとナメクジの捕殺

【これまでの写真】

2014.6.22 名前の意味は…

2015年9月20日 (日)

お彼岸

父の3回忌でお寺さんに行きました。
お坊さんに聞いた「お彼岸」のお話。

Dsc01185


 『阿弥陀経』というお経に、

  これより西方に、
  十万億の仏土を過ぎて世界あり、
  名づけて極楽という。
  その土に仏まします、阿弥陀仏と号す。

 とあります。
 阿弥陀仏の極楽浄土(彼岸)を
 西の方角で表すようになりました。

Dsc01190

 秋分の日は、太陽が真東から昇り、
 真西に入ります。
 この日は、西方へ沈む夕日に極楽浄土を念じ、
 「彼岸」と呼ぶようになりました。

Dsc01186

我が家には、
今、3色の彼岸花が咲いています。

どれも父が植えたものだと思いますが、
毎年きまって、この時期に花を咲かせます。

【今日の作業】

「リキダス」「まっぽしくん」を薄めに入れて
水遣り~

2015年9月19日 (土)

ダム・ドゥ・シュノンソー

2015091901

我が家には、
2株のダム・ドゥ・シュノンソーがあります。

上の写真がアーチに仕立てたもの、5年生です。
秋は一輪咲きで寂しいのですが、
春は房咲きで、アーチにぴったりです。

下の写真がコンパクトに仕立てた2年生。
まだまだ小さい株ですが、秋の一輪咲き、
大きな花を付けました。

2015091904

アプリコット色の大輪は
涼しくなった庭では花もちもよく、
おすすめのバラの一つです。

フランス 2002 デルバール作出 
花は8~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

夏剪定後の、ちょっと暇な期間です

【これまでの写真】

2015.5.10 房咲きの春はこんな感じ

【その後の写真】

2016.11.25 6人の女の城

2015年9月13日 (日)

バラ・コガネムシ対策

Dsc01164

成虫は花の食害、幼虫は根の食害と
バラを育てる者にとって
その存在が腹立たしいコガネムシ。

ほっとくとバラを枯らしてしまうので、
2重3重の対策が必要です。

①成虫トラップ
 ペットボトルで作った罠をしかけます

②ネット
 株の根元に巻いて、産卵の邪魔にします

③殺虫剤
 ダイアジノン等、幼虫を殺す薬をまきます

でも、なんといっても、
毎日の観察が一番の対策です。

成虫は大きいので、すぐ見つかります。
はい、捕殺です。

鉢の土が減ったり、株がぐらついたり
そんなときは要注意です。
幼虫が一鉢に複数いる証拠です。

根を食べられても、
すぐに葉を落とさない健気なバラです。
早く気が付いてあげることで
最悪の事態を避けることができます。

写真は、名前のないバラです。
一重で真っ白。
さわやかな感じがします。

【今日の作業】

落ち葉をかき集め
ダイアジノンを撒く

2015年9月 5日 (土)

プレイボーイ

2015090501

蛍光オレンジが夏もまぶしかったバラです。
ほんとは摘蕾するつもりが、
見つけそこなったため開花。
一株に一個だけの花です。

それはそれで大きな花が咲くのですが、
秋に一度に咲かせるのが醍醐味の
フロリバンダローズ。
他にもいろいろありますが、
今、正に夏剪定の適期です~w

イギリス 1976 コッカー作出
花は8~10㎝ 丸弁平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2014.6.14 名前の由来

【その後の写真】

2015112102
2015.11.21 晩秋も咲くので、夏剪定遅れてもok

2016.6.8 春の2番花はこんな感じ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »