« ブルー・フォー・ユー | トップページ | ジャックリーヌ・デュ・プレ »

2015年11月29日 (日)

スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン

2015112102

西洋のばらと東洋のばらが交配されて誕生した
最も初期の系統一つ「ブルボン系」。
マダガスカルの東、
レユニオン島(ブルボン島)で発見されたことから
この系統名が付けられました。

ポートランドローズも西洋と東洋の交配ですが、
ブルボン系の方がつる性で、
芳香性が高く、花形も優雅で魅力的です。

フランス 1843年 Jean Béluze 作出
花は6~8㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

植え替え。
つるバラと分類されているものでも
我が家ではつるとして上手くいかない株は
思い切ってコンパクトに育ててみよう
と、試みています

【これまでの写真】

2014.11.2 名前の由来

« ブルー・フォー・ユー | トップページ | ジャックリーヌ・デュ・プレ »

つる性」カテゴリの記事

オールドローズ」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/62773942

この記事へのトラックバック一覧です: スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン:

« ブルー・フォー・ユー | トップページ | ジャックリーヌ・デュ・プレ »