« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

バレリーナ

2016052902

職場の廊下を歩いていた女性が、
何かうれしそうに手を動かしながら歩くので、
「ドライブかなんかの真似ですか?」
と聞いてみたら
「いえ、踊りです。」
と答えました。

隣りにいた女性の娘さんがクスっと笑いました。

2016052903

踊りながら歩くなんて
とても幸せそうに見えたので、
自分も廊下を歩くときステップを入れてます。

「…、どうかしたんですか?」

踊りには見えないようですw

イギリス 1937年  Bentall作出
花は3~5㎝ 平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2015.5.19 鉢植えでも結構いける

2016年5月30日 (月)

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

2016052902

葉は照り葉、花はクリムゾンレッドの
印象的な花がやっとさきました。

ピンクの『ピエール・ドゥ・ロンサール』と
白の『ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール』と
並べてみたいな。

2016052904

フランス 2002 メイアン作出
花は9~12㎝ カップ→ロゼット咲き 香り中

【今日の作業】

この春、鉢苗で購入したバラの鉢増し

2016年5月29日 (日)

シェエラザード

2016052902

シェエラザードが2番花を咲かせました。

ロシアのリムスキー=コルサコフが
その絶頂期に書いたオーケストラ作品の中で
もっともポピュラーの名曲の一つ、
このバラの名と同名の
「シェエラザード」の交響曲をお聞きください。

動画の1:00、ハープの伴奏に合わせて
バイオリンの独奏が始まります。
それがシェエラザードのテーマです。

「千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)」に出てくる
ヒロインの名前が「シェエラザード」。
文字通り、「1001夜」に渡って語り続けられる
壮大な物語の”枕”となるのが
このシェエラザードのお話です。

日本 2013 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

201605140103
2016.5.15 1番花の様子です。

2014.8.16 真夏のヒロイン

【その後の写真】

2016.7.14 3番花も見事

2016年5月28日 (土)

コガネムシからバラを守る

バラを育てていると
コガネムシの害がとても心配です。
我が家は鉢植えなので
幼虫による食害の被害が大きく、
毎年、何鉢かを枯らしてしまいます。

そこで、
コガネムシによる害を防ぐため
産卵する成虫を捕獲するトラップを
自作しています。

Dsc02819

ヨーグルトの入っていたペットボトルを
上から3分の1でカットします。

Dsc02821

上の部分をひっくり返して重ね、
2箇所穴を開けて細い針金で固定します。

Dsc02822

捕虫したコガネムシを入れると
フェロモンが他のコガネムシを引き寄せます。

小さいので支柱に留めても目立ちません。
雨の当たるところでも、
水抜き穴を開けると使えます。

これでコガネムシの産卵を
ずいぶん減少させていると思います。
それでも産卵し、
幼虫がバラの根の食害を始めるこの時期、
土にまくタイプの殺虫剤をつかっています。

2016年5月27日 (金)

うらら

2016052702

バラには「四季咲き」と言われていても
5月以外はほとんど花を付けないものもあります。

最強の四季咲き性をもつバラと言えば、
このバラです。

激しさとセクシーさで最強の歌手と言えば
この人ですw

日本 1995 京成バラ園芸作出
花は8~10㎝ 丸弁咲き 香り弱い

【今日の作業】

黒点病がどうにも止まらない~
肥料切れでも葉を落とすし
バランスが非常に難しいです

【これまでの写真】

2015.9.26 抜群の四季咲き性(9月には…)

【その後の写真】

2016.12.5 用土替えしなくっちゃ

2016年5月26日 (木)

ソニア・リキエル

2016052302

ギヨー社が独特の香りや品格をもつ
ジェネロサシリーズを発表。
これこそ、ギヨー社の真髄と言えます。

2016052303

ジェネロサシリーズの代表作が
上の「ソニア・リキエル」です。

蜂蜜、ラズベリーなどの甘く濃厚な
フルーツの香りを漂わせます。

フランス 1995 ギヨー作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2014.11.8 ファッション以外の分野にも

【その後の写真】

2016.12.23 冬は寒そうに花を咲かせます

2016年5月25日 (水)

ビアンヴニュ

2016052303

切れ込みの入る花弁が特徴の
ピンク色のフリル咲き品種です。

「ようこそ!」をフランス語で言うとbienvenue
「ようこそ、日本へ」とフランス人を招いたら…

日本人ってなんかおかしい
フランス人は思っているらしいのです。

2016052307

このバラも、日本へきて何かおかしくて
枝を必要以上に伸ばしてきます。
いっそのこと、オベリスクに仕立てようかと
考えている今日この頃です。

フランス 2010 デルバール作出
花は12~14㎝ フリル咲き 香り強

【これまでの写真】

2014.5.15 ベストフレグランス賞受賞

2016年5月24日 (火)

オマージュアバルバラ

http://tg.air-nifty.com/rose/2016/07/post-8c38.html2016052302

本名はモニック・セール、1930年、パリ生まれ
10歳の頃、パリがナチに侵攻されます。
ユダヤ系であった一家は、
逃亡の中で辛酸の日々を送ります。 

波乱に富んだ人生を歩み、
やがてシンガーソングライターとして
不動の地位を築くようになります。

2016052304

1970年頃、何度か来日しています。
呼吸器の病もあり、その分、
鬼気迫るステージだったそうです。

そんなシャンソン歌手バルバラに捧げられたのが
このバラです。

フランス 2004 デルバール作出
花は7~9㎝ 高芯フリル咲き 香り無

【今日の作業】

死んだふりのコガネムシを
踏み潰す

【これまでの写真】

2015.5.25 安定と信用のバラ

【その後の写真】

2016.7.10 2番花

2016年5月23日 (月)

伽羅奢(ガラシャ)

2016051402

ハウステンボスで作出した河合さんに
勧められて購入し、早一年が過ぎます。
日陰でも元気に育っています。

2016052304

鉢植えで大きくしないのが我が家流。
好きな時に好きな場所に移動して
花のはじめと花の終わりを
皆で楽しんでいます~

日本 1995 河合伸二作出
花は5~7㎝ 半八重咲き 香り弱

【今日の作業】

枯らしてしまったバラの処分
残念ですがお別れです

【これまでの写真】

2015.5.30 河合さんから聞いた作出の秘話

【その後の写真】

2017.4.1 陽当たりのいい場所で育ててみた

2016年5月22日 (日)

キュー ランブラー

2016052201

5月も下旬に入ると
急に開花したバラの数が減りますが、
キュー・ランブラーのように
遅咲きタイプがあると
開園期間延長という感じで
ありがたいです。

2016052203

ピンク色の花弁の中心に
金色の雄しべが輝きます。
秋にはオレンジ色のローズ・ヒップも
楽しみです。

イギリス 1912 作出者不明
花は3~5㎝ 平咲き 香り弱

【今日の作業】

一番花が終わったタイミングで
大きくしたいバラの鉢増し

2016年5月21日 (土)

ジェネラシオン・ジャルダン

2016052101_2

世界で最も美しいジャルダン(jardins=庭)は?
と聞かれると、私は
「フランスのヴィランドリー城ですよ。」
と答えます。

現オーナー一族の丹精込めた世話により
往時の幾何学模様の美しい姿を
完全再現しています。

2016052001_2

ジャルダン(jardins=庭)と名付けられたバラ
庭の主役になり得る貫禄があります。

フランス 2009 デルバール作出
花は12~15㎝ 丸弁盃状咲き 香り中

【今日の作業】

追肥(お礼肥)
有機なので臭い臭い~

【これまでの写真】

2015.10.10 秋も素敵なローズピンク

【その後の写真】

2016.10.6 太宰治の「庭」より

2016年5月20日 (金)

アンナプルナ

2016052003

白さと香りのニュー・ビーズのようなw
アンナプルナが咲きました。

2016052005

アンナプルナとは「豊穣の女神」の意
ヒマラヤ山脈に属する山群の総称なんだそうです。

フランス 2000 ドリュ作出
花は10~12㎝ 丸弁高芯咲き 香り強

【今日の作業】

コガネムシのトラップをつくりました

2016年5月19日 (木)

アレキサンダー・ジロール

2016051501

濃いピンクの花がラティスに並びました。
鉢は小さいのに
ラティスの端から端まで約10メートル
一株で花を何百も咲かせる超強健です。

枝が細くしなやかで、
どんな誘引でもできそうです。
「一季咲きでしょ」と言われてましたが
一季咲きでも許せます、これなら。

フランス 1907 Barbier Frères & Compagnie作出
花は6~8㎝ ボンボン咲き 香り弱

【今日の作業】

一番花が終わったら鉢増しです
根鉢を崩さないのがこの時期のおきて

2016年5月18日 (水)

レイニー・ブルー

2016051507

「レイニー・ブルー」と聞いて思い出す
ある映画のシーンがあります。

Photo

雨が似合う恋の物語「今 会いに行きます」の
青い雨合羽です。

2016050801

「今 会いに行きます」にはバラは出てきませんが、
ひまわり畑が出てきます。

ひまわりもいいけど
やっぱりバラが好きですw

【今日の作業】

花がら切りも一段落
気付けば雑草だらけ~

【これまでの写真】

2015.8.4 復活したバラ

2016年5月17日 (火)

ペッシュ・ボンボン

2016051702

アーチに挑戦してみました。
花数はまずますなのですが納まりが悪いw

まあ、いろいろ失敗してみないと
なんでも最初っから上手くはいかないものです。

2016051503

デルバールと言えばフランスですが、
フランスにいる友達に
「ペッシュ・ボンボンを送って~」と頼めば
届くのがコレですw

Photo

フランス 2009 デルバール作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

雨が止んだので水遣り~

【これまでの写真】

2015.8.30 台風がやってきた日に…

2016年5月16日 (月)

ナエマ

2016051503

ナエマは枝が硬く、誘引しにくいので
どうしようかと悩んだあげく、
段カットで咲かせています。

それでもステムが長く、
いつも花は高い位置に咲かせます。
素晴らしい香りを嗅ぐことすら困難です。

2016051403

フランス 1998 デルバール作出
花は10~13㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

雨が降って一休み

【これまでの写真】

2015.10.19 せっかくの可愛らしい花が…

【その後の写真】

2016.11.6 この花が散ったら…

2016年5月15日 (日)

ジョン・クレア

2016051403_2


吾は在る、だが誰も吾が在ることに無関心だ、 
吾が友は忘れたかのように吾を見捨てた、
吾は吾が悲しみで自らの命を縮める。
悲しみは現れ群れをなして忘却へと消え行く
忘れ去った。愛する者や死者の陰のように。 
だが吾は在る、投げ捨てた。陰と共に。

軽蔑と騒音の無いところへ,
白昼夢の生きている海へと。
そこは生命のはた喜楽の徴(しるし)もなく
吾が生涯の破滅した栄誉が荒茫として在る
そこでは最も親愛なる人…吾が最愛の人も
よそよそしい。いや他人よりもよそよそしいのだ。

2016051405_2

ロマン派詩人John Clare(1793-1864)の
名前を付けられたイングリッシュ・ローズ
彼の詩は暗すぎますw
バラに付けたらNGの名前だと思いますw

イギリス 1994 デビッド・オースチン作出
花は7~9㎝ カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

薬剤散布(黒点病予防)

2016年5月14日 (土)

プリンセス・ピーチ

2016051402

我が家の自慢のバラ、修景用の
プリンセス・ピーチとプリンセス・スノーが
見頃を迎えました。
今、5分咲きぐらいでしょうか。

小さめのプランタで育ててきました。
風速50mの台風でアーチが壊れたときも
寒波でマイナス6度の寒い雪の日も
震度7の地震にも耐えて咲きました。

2016051404

日本 作出年・作出不明
花は2~3㎝ ぽんぽん咲き 香り弱

【今日の作業】

ドクダミが茂りすぎて草取りも大変でした

【これまでの写真】

2016.1.30 寒波が過ぎて…

【その後の写真】

2016.5.21 満開です~

2016.7.23 一季咲き、それとも返り咲き?

2016年5月13日 (金)

ゴールデン・ボーダー

2016051202

今年も悪条件重なる環境の下
見事に何重ものつぼみをつけ開花しました。

2016050802

開花し始めは鮮やかなイエローでしたが、
花数を増やすにつれて色褪せ
白に近くなっていきます。

オランダ 1987 Verschuren作出
花は4~6㎝ 丸弁カップ咲き 香り中

【今日の作業】

仕事が忙しくて何もしていません

【これまでの写真】

2015.10.11 安全パイ的な~

【その後の写真】

2016.10.20 秋も美しく

2016年5月12日 (木)

シーザー

2016051101

1924年7月4日、メキシコのレストラン
シーザーズ・プレイスのオーナーであった
料理人シーザー・カルディーニによって
調理されたのが「シーザーサラダ」。

2016050806

ロメインレタスにシーザードレッシングをかけ
削りおろしたパルメザンチーズと
クルトンをトッピングして仕上げるサラダです~

フランス 1993 メイアン作出
花は9~11㎝ ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

雨があがったので水遣りをしました

【これまでの写真】

2013.5.13 沖縄のアレ

2016年5月11日 (水)

ディズニーランド・ローズ

2016050802

1958年1月に
京成電鉄社長、川崎千春氏は
京成バラ園で販売するバラを買い付けに
アメリカに渡ります。

社長はディズニーランドの世界に出合います。
「このすばらしい世界を
日本の子供たちにも見せたい」と、
ある夢を抱きます。

2016050803

それから25年。
ついに東京ディズニーランドが実現します。
川崎千春氏がバラを買い付けに渡米しなければ、
日本のディズニーランドはなかったのです。

ディズニー・ランド
きっかけは1本のバラだったのです。

アメリカ 2003 J&P作出
花は6~8㎝ 半剣弁咲き 香り弱

【今日の作業】

雨がやみました
はい、花がら切りは続きます

【その後の写真】

2016.7.4 2番花の様子

2016年5月10日 (火)

レオナルド・ダ・ヴィンチ

2016050802

今年はなんかいっぱい咲きました。
優秀なバラです。

2016050803

レオナルド・ダ・ヴィンチさんも
優秀な人間だったらしく、
多くの名言を残しています。

フランス 1994 メイアン作出
花は8~10㎝ アンティークタッチ咲き 香り弱

【今日の作業】

雨が降っても花がら切り

【これまでの写真】

2015.8.20 なんか花色が違うんですけど

【その後の写真】

2016071801
2016.7.18 一季咲きと思いきや、咲きましたよ

2016年5月 9日 (月)

ストロベリー・ヒル

2016050302

デビッド・オースチンの選ぶ
香り高いER15品種とは以下の通りです。
(オールド・ローズ香)
 ・ガートルード・ジェキル
 ・ハーロウ・カー
(ティー香)
 ・クラウンプリンセスマルガリータ
 ・ゴールデン・セレブレーション
 ・パット・オースチン
 ・ザ・ジェネラス・ガーデナー
(フルーツ香)
 ・エブリン
 ・ジュビリー・セレブレーション
 ・ジュード・ジ・オブスキュア
 ・レディ・エマ・ハミルトン
 ・シャリア・アスマ
 ・チャールズ・ダーウィン
(ミルラ香)
 ・アンブリッジ・ローズ
 ・ヘリテージ
 ・ストロベリー・ヒル

2016050801

やや黄緑がかる明るい葉は
優しさと温かさを与えてくれます。
ストロベリー・ヒルは典型的なミルラ香、
強烈ですw

イギリス 2006 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

花がら切り
以前は開花後も切ることができませんでした
今では、つぼみ以外は切るようになりました

【これまでの写真】

2015.5.7 名まえの由来

2016年5月 8日 (日)

ブランシュ・コロンブ

2016050808

2階のベランダから撮影した写真。
左上の花は鉢から4メートルほど
高い位置にあります。
大輪にして、ものすごい水揚げの力です。

2016050804

一輪一輪がハイブリッド・ティーのように
美しい花形をしているので
修景用にしてしまうのはもったいない、
そんなバラです。

つる・アイスバーグの上部に這わせて
レンガ調の壁を白いバラで飾ります。
埋め尽くすことはしません。
あくまで壁を飾る大きなアイテムです~

2016050802

フランス 1995年 デルバール作出
花は8~10㎝ 高芯剣弁咲き 香り弱

【今日の作業】

切っても切っても終わらない花がら切り
花をたくさん咲かせたバラだけにお礼肥

【これまでの写真】

2014.5.12 2年前はまだ背丈1mほどでした

2016年5月 7日 (土)

つる・アイスバーグ

2016050502

清楚
育てやすい
暴れん坊
パーフェクト
生育旺盛ですこぶる強健
世界中で愛されている白薔薇の銘花
というように形容される、
みんなが大好きなバラです。

2016050504

別の場所にも誘引してみました。
それぞれ2株ずつの計4株、
鉢植えのまま、程よい大きさのバラとして
半日陰で育てています。

2016043003

イギリス 1968 Cant作出
花は8~10㎝ 半八重平咲き 香り弱

【今日の作業】
花がらを切りました
30分ぐらいで大袋2つ分
切っても切っても終わらない
気付けば花弁の掃き掃除

【これまでの写真】

2015.5.12 1年前は1箇所だけでした

2016年5月 6日 (金)

マドモアゼル

2016050502

玄関アーチの柱に、それぞれ1株ずつ、
その近くに鉢植えで1株、
計3株のマドモアゼルを育てています。

花色が濃いピンクから薄いピンクに変わったら
早めに花がら切りをする方が
結果的には花数が多くなるようです。

2016050501

で、マドモアゼル(お嬢さん)があるのなら
ムッシュ(お兄ちゃん)もあるのかと調べたところ
モス系のオールドローズにありました!
グロワール・ド・ムッシュという名前のバラ。
見たことありませんが…

フランス 2012 デルバール作出
花は4㎝ 半八重咲き 香り弱

【今日の作業】

雨が降ったので、休養日

【これまでの写真】

2015.4.29 開花をずらして色の違いを楽しむ

2016年5月 5日 (木)

パレード

2016050504

門柱のアーチは取り換えましたが、
アーチに誘引したのは昨年と同じパレード。
とにかくよく咲きます。

2016050502

大きな花は、色は鮮やかで花もちもよく、
病気にも強いので言うことなしです!

</p>

アメリカ 1953 E.S.Boerner作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り無

【今日の作業】

薬剤散布(ウドンコ病、害虫対策)

【これまでの写真】

2016.5.1 去年はこんなアーチでした

2016年5月 4日 (水)

フレグラント・オールド・パープル

2016050301

やっぱり…、Rose Wise Portia 1982作出ER
バラ ワイズ ポーシャなんですね。

一株で百も二百も花を付ける優秀なバラ。
なぜERとしての販売をやめるのか
私には分かりません。

オランダ 2000 verschuren作出
花は10~12㎝ カップ咲き~ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2015.5.4 昨年同時期、毎年この調子

2016年5月 3日 (火)

エグランタイン

2016050202

道路に面した西側のラティスは
この5月の開花をイメージして
冬の間、仕込みをがんばってきました。

2016043002

今年の見どころとして
 ①濃いピンクの大輪(上段)
 ②明るいピンクの中輪(中段)
 ③ピンクと白の小輪ランブラー(下段)
を帯(おび)で見せるところです。

①②③を同時に見せることは無理ですが、
5株のエグランタインが咲いて
①②が見頃を迎えています~

イギリス 1994 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ アンティークタッチカップ咲き 香り強

【今日の作業】

コガネムシ対策
株元にネットを撒く
成虫を捕虫し処分~

【これまでの写真】

2015.4.27 save the children

白モッコウバラ一重(ロサ・バンクシア ・ノルマリス)

2016043001

駐車場に面した窓の前に
グリーンカーテン用に育てているバラです。
今年、ようやく花を咲かせるようになりました。

中国南西部原産で、
モッコウバラの野生種と考えられています。
モッコウバラより開花は遅く4月下旬です。

一重なので、ノイバラとよく似ていますが、
こちらは台木として扱うのはNGです。
造形力はあるものの、バンクシア節原種は
接いだ品種をうまく育ててくれないようです。

中国 1796発見 原種ローズ
花は2.5~3㎝ 平咲き 香り中

【その後の写真】

2017.4.28 窓を覆い尽くすように…

ノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)

2016050302

中国や朝鮮半島にも分布していますが、
学名でロサ・ムルティフローラ・ジャポニカ。
日本の親水域、山間部、都市郊外など、
いたるところで自生種が見られます。

ノイバラなどのシンスティラ節の原種バラは、
100年から150年も
生きるといわれていますので、
育てる人間より長寿なんですねw

震災のため、ゴールデンウィークは
仕事か自宅待機です。
「渋滞」とか言って腹を立てていた
これまでの連休とは違います(泣)

日本 1759発見 原種ローズ
花は3~3.5㎝ 平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2014.5.3 渋滞に巻き込まれて…

【その後の写真】

2017.3.18 万葉集では…

2016年5月 2日 (月)

テス・オブ・ザ・ダーバービルズ

2016050202

別の遠い農場に奉公に出たテスは、
牧師の息子、エンジェルと出会います。
農場主を目指している彼と恋に落ちますが、
テスは、自分の過去を告白できません。

告白の手紙を渡しても何の変化もなく、
エンジェルからのプロポーズを受け入れます。
実は、エンジェルは手紙を読んでおらず、
結婚式の夜に全てを知ったエンジェルは
テスを許すことができず、出て行くのです。

あ~なんと暗い話なんでしょうw
花はこんなにエレガントなのに…

イギリス 1998 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ ディープカップ咲き 香り強い

【今日の作業】

花がら切り

【これまでの写真】

2015.5.18 告白できなかったテスの過去

2016年5月 1日 (日)

ボスコベル

2016043002

サーモンピンクのカップの中に
やや黄みを帯びたロゼットが美しいバラです。

そして、アーモンド香がほのかに香る
さわやかなミルラ香のバラです。

2016043001

名前の由来は、
現在イングリッシュ・ヘリテージが所有している
ボスコベルハウス。

調べてみると、
黄色い家(ハウス)でしたw

イギリス 2012 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り中

【今日の作業】

花首切り

【その後の写真】

2016.10.11 秋の花色は~

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »