« プリンセス・ピーチ | トップページ | ナエマ »

2016年5月15日 (日)

ジョン・クレア

2016051403_2

吾は在る、だが誰も吾が在ることに無関心だ、 
吾が友は忘れたかのように吾を見捨てた、
吾は吾が悲しみで自らの命を縮める。
悲しみは現れ群れをなして忘却へと消え行く
忘れ去った。愛する者や死者の陰のように。 
だが吾は在る、投げ捨てた。陰と共に。

軽蔑と騒音の無いところへ,
白昼夢の生きている海へと。
そこは生命のはた喜楽の徴(しるし)もなく
吾が生涯の破滅した栄誉が荒茫として在る
そこでは最も親愛なる人…吾が最愛の人も
よそよそしい。いや他人よりもよそよそしいのだ。

2016051405_2

ロマン派詩人John Clare(1793-1864)の
名前を付けられたイングリッシュ・ローズ
彼の詩は暗すぎますw
バラに付けたらNGの名前だと思いますw

イギリス 1994 デビッド・オースチン作出  
花は7~9㎝ カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

薬剤散布(黒点病予防)

【その後の写真】

2017.5.7 伸長とともに枝を伸ばし広がりました

« プリンセス・ピーチ | トップページ | ナエマ »

イギリス」カテゴリの記事

デビッド・オースチン」カテゴリの記事

モダン・シュラブ・ローズ」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/63636868

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・クレア:

« プリンセス・ピーチ | トップページ | ナエマ »