« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

カクテル

2016103002

いつも高い位置で花を咲かせるので
写真に収めにくかったのですが、
いよいよバラのシーズンも終わるので
梯子をもってきて上から撮りましたw

来年春に向けては、低めに剪定・誘引しよう。

フランス 1957 メイアン作出
花は6~7㎝ 一重平咲き 香り弱い

【今日の作業】

ヒューケラを株分けしました
上手くいったらUPします~

【これまでの写真】

2015.11.3 ついに殿堂入り

2016年10月30日 (日)

夫婦でハロウィン

10月31日と言えば…

01

植物も資材も、季節に合わせて
考えて庭を飾りますが、
この時期、どうしても多くなるのが
オレンジのかぼちゃ

02

酔っぱらいの悪魔、ジャックが
放浪するのに足元を照らすランタンを作りました。
もともとカブをくりぬいたものですが、
この話が、アメリカに伝わったときかぼちゃに。

03

「Trick or Treat!」とは
お菓子をくれないといたずらするぞ、という意味。
返す言葉は
「Treat!」(お菓子)

04

亡くなった人の魂がこの世に帰ってくる日
なんだそうです。
精霊流しをする日本の「お盆」みたいな
ものかな。

05

10月31日に死者の霊が帰ってきます!
中には悪霊もいます!
人々は悪霊の目をくらます目的で
ハロウィンの日に仮装するようになりました。

06

「Boo to you」(べろべろば~)

【今日の作業】

鉢に積もった落ち葉の撤去

2016年10月29日 (土)

ダーシー・バッセル

2016102902

天高く馬肥ゆる秋、
澄み切った秋空の青に、
真紅のバラはよく映えます。

春は房咲きで豪華なのですが、
秋は一輪咲きです。
シーズン通してよく咲きます。

イギリス 2006 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り強い

【今日の作業】

だいぶん少なくなりましたが
イモムシ対策の消毒

クリスマスローズに固形の肥料を施す

【これまでの写真】

2015.4.30 春の房咲き

2016年10月23日 (日)

オデュッセイア

2016101601

玄関入ってすぐのベンチ付きアーチに
両側から誘引していたオデュッセイアですが、
左のバラを枯らしてしまい、
右も元気がよくありません。

2016101901

場所替えをして、
日光のあたる風通しのいい場所へ
移動させて養生させようと思います。

日本 2014 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁カップ咲き 香り強

【今日の作業】

冬の主役、ビオラとアリッサムの苗の購入
まずは鉢植えをしました

【これまでの写真】

2016.8.4 名前の由来

【その後の写真】

2017.5.16 日当たり、風通しのよい場所へ

2016年10月22日 (土)

アブラハム・ダービー

2016101902

鹿児島県、霧島ヶ丘公園東側の丘陵地にある
イングリッシュ・ローズを中心に
3500株のバラが植えられたバラ園があります。

そう、「かのやばら園」のガーデナー、
デイビット・バークレイ・サンダーソンを
講師にお招きしての
バラの講習会に参加してきました。

いわゆる「バラの育て方」指南の書籍にある
一般的な育成方法とはちがうやり方を
聞くことができました。

・同じ種類を3つまとめて植えなさい
・継ぎ目を隠すぐらい深めに植えなさい
・宿根草といっしょに植えなさい

その理由も詳しく説明がありました。
とても勉強になりました。

イギリス 1985 デビッド・オースチン作出 
花は10~12㎝ ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2015.7.18 夏も巨大輪を咲かせていました

【その後の写真】

2017.4.22 トレリスに誘引してみました

寄せ植えに挑戦!カクテルマム

秋になったので、寄せ植えに
ポットマム(キク)を入れてみたのですが、
なかなかうまくいきません。

日光や風通しで不利な我が家の狭い庭、
いろいろ試して上手くいったのが
下の組み合わせです。

カクテルマム スプラッシュメドゥ×1
ヒューケラ(赤葉)×1
スィートハーブメキシカン×2

Dsc03568

スィートハーブメキシカンは
ティーやサラダにも使われるハーブですが
垂れるように伸び白い花をたくさんつけるので
ハンギングの寄せ植えには
持って来いのプランツです。オススメです。

【今日の作業】

有機の液肥をちょっとずつ

【その後の写真】

Dsc03629
2016.10.31 半日陰だからか花もちがよろしい

2016年10月21日 (金)

ラジオ・タイムズ

2016101501

どれくらいの枝の太さで剪定するかは
品種によって異なります。
花数をふやすためのめやすは
イングリッシュローズの場合、

◆太い◆鉛筆ぐらいの太さの枝に花がつくもの
 イングリッシュ・ヘリテージ
 スピリット・オブ・フリーダム
 ザ・ダーク・レディ

◆普通◆割りばしぐらいの枝に花が付くもの
 アンブリッジ・ローズ
 パット・オースチン
 ラジオ・タイムズ

◆細い◆串ぐらいの細枝に花が付くもの
 グラミス・キャッスル
 シスター・エリザベス
 チャールズ・レニー・マッキントッシュ

イギリス 1996 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

まだまだイモムシ捕殺
ナメクジもいっぱい!

【これまでの写真】

2015.6.10 名前の由来

2016年10月20日 (木)

ゴールデン・ボーダー

2016101601

蕾が多かったので、
摘蕾しようかとも思いましたが
うっかりそのままにしていました。

2016101902

そうしたら、全部咲きました。
結果オーライですw

オランダ 1987 Verschuren作出
花は4~6㎝ 丸弁カップ咲き 香り中

【今日の作業】

ナメクジの捕殺

【これまでの写真】

2016.5.13 春の様子

2016年10月19日 (水)

セプタード・アイル

2016101501

上の写真は朝の様子、
下の写真は昼間の様子、

2016101602

四季咲き性が強く、年がら年中咲いていますが
朝昼晩きれいな花というのも
このバラのいいところです。

ちなみに、後ろで咲いている赤い花は
マンデビラです。
こちらも今年はよく咲いた。優秀です。

イギリス 1997 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.6.14 けんかをやめて

【その後の写真】

2016121002_2
2016.12.10 寒さに負けず、きれいに開花

2017.5.14 春から勢いがついています

2016年10月18日 (火)

キティーズ・ローズ

2016101503

今年の秋は
大きめでしっかりした花を咲かせました。

キティの仲間たち
ひつじのフィーフィー
くまのティッピー
たぬきのトレーシー
いぬのジヨディ
おさるのティム&タミー
りすのローリー
ねずみのジョーイ
もぐらのモーリー

イギリス 2006 Amanda Beales作出
花は5~6㎝ 八重咲き 香り弱

【これまでの写真】

2015.10.22 去年は花数が多かったけど…

2016年10月16日 (日)

ルチェッタ

2016101503

友情と愛情の葛藤がテーマの
シェイクスピア喜劇『ヴェローナの二紳士』。

ヴェローナの貴婦人で、
二紳士の一人プローテュースの恋人である
ヒロイン「ジュリア」の侍女として登場するのが
ルセッタ(ルチェッタ)です~

イギリス 1983 デビッド・オースチン作出
花は11~13㎝ カップ咲き 香り中

【今日の作業】

クリスマスローズの植え替え第2段
全部終わりました

【これまでの写真】

2014.5.3 トレリスに誘引したらこうなった

2016年10月15日 (土)

アイスバーグ

2016101503

殿堂入りのバラの中で
おそらく一番育てやすいバラだと思います。
今年は残暑が厳しかったせいか、
秋の花も真っ白です。

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞。
映画はアカデミー賞、音楽はグラミー賞と
思っていましたが、
ボブ・ディランはすでに両方受賞、
ロックの殿堂入りも果たしているスゴイ人です。

ドイツ 1968 コルデス作出
花は8~10㎝ 半八重平咲き 香り弱

【今日の作業】

花がら切り
液肥を与える

【これまでの写真】

2014.1.3 空気が冷たいとピンクがかる

【その後の写真】

2016112602
2016.11.26 別名はシュネービッチェン(白雪姫)

2017.2.11 思いがけない開花

2016年10月13日 (木)

パトラッシュ

2016101002

1年中よく咲くので
もうUPしていたと思っていたのですが
ページが見つかりません。

初登場でしたっけ?

オランダ 2013 ヤン・スペック作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り中

【今日の作業】

ずいぶん涼しくなったので、鉢増しを
10月から始めないと終わらない…

2016年10月12日 (水)

アンブリッジ・ローズ

2016100802

花弁数が少なく
ふんわり感がかわいい秋のアンブリッジ。
花色もなんとなく柔らかいかんじがします。

過ごしやすい季節になったので
自転車で通勤しています。
今日は忘れ物をしてしまったので
出勤時2往復したのですが
気持ちがいい朝だったので
苦痛に感じないほどのいい気候です~

イギリス 1990 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

ランタナ(白)が大きくなりすぎたので
アーチに添わせるための
枝の剪定

【これまでの写真】

2016.7.12 名前の由来

【その後の写真】

2017.6.22 空梅雨に咲く

2016年10月11日 (火)

ボスコベル

2016100602

我が家に来てから初めての秋を迎えます。
春の花色よりオレンジが強めです。

今年は、この10月に気合を入れて
クリスマスローズの鉢増しをしています。
これまで植え替えをやっていなかったので
ちょっと勉強しました。

Dsc03557

植え替えの前は水をやらず乾燥気味に。
割りばしを使って古い土を落とす。
黒くなった根は傷んでいるので取り除く。
植え替えても半日は水をあげない…のです。

3月の開花が楽しみです。

イギリス 2012 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り中

【今日の作業】

クリスマスローズの鉢増し

【これまでの写真】

2016.5.1 名前の由来

2016年10月10日 (月)

パット・オースチン

2016101002

9月が暑かったので
他のバラの花がいまいちだったのですが、
パット・オースチンだけは
きれいな花色を出してきました。

2016101003

さすがデビット・オースチンお勧めのバラです。
四季咲き性がハンパない。

【今日の作業】

イモムシ対策薬剤散布

【これまでの写真】

2015.10.12 いつもの秋ならこれくらい咲きます

【その後の写真】

2016112303
2016.11.25 秋も深まりましたが、まだ…

2016年10月 9日 (日)

サンテグジュペリ

2016100802

朝まで雨が降り続いたのですが、
雨があがり天気も回復したので
地域の運動会が開催されました。

1時間遅れの開始、
1時間半遅れの終了、
片づけが終わる頃には日も暮れてしました。

フランス 2003 デルバール作出
花は10~12㎝ ディープカップ~クォーターロゼット咲き

【今日の作業】

液肥をあげました

【これまでの写真】

2015.5.20 一度にたくさん咲いていた

2016年10月 8日 (土)

ウィリアム・モリス

2016100803

モダン・デザインの父、ウィリアム・モリスが
自宅兼オフィス&アトリエとして建てたのが、
レッド・ハウスです。
周辺はロンドン郊外の普通の住宅地ですが、
敷地に入ったら、その魅力に圧倒されるはず。

1900年頃は日本とイギリスが
デザイン文化の面で、
非常に関係の深かったことを
ツルの絵が描かれた窓の前で
動画の女性は説明しています。

イギリス 1998 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ→ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

花がら切り…
ほとんどイモムシにやられている(泣)

【これまでの写真】

2014.9.11 名前の由来

【その後の写真】

2016112302
2016.11.25 秋も深まりましたが、まだ…

2016121702
2016.12.18 冷たい空気が花を赤らめます

2017.9.4 土曜日も学校

2016年10月 7日 (金)

ウィンチェスター・キャシードラル

2016100201

秋らしい風が吹くようになりました。
夏の枝抜きは十分だったのですが
9月の残暑が厳しく、
秋バラは今一つという感じです。

イギリス 1988 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ→ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2015.4.24 名前の由来

【その後の写真】

2017.4.25 ボタン・アイをのぞかせる春の花

2016年10月 6日 (木)

ジェネラシオン・ジャルダン

2016100102

長兄はその翌る日から、
庭の草むしりをはじめた。私も手伝った。
「わかい頃には、」と兄は草をむしりながら、
「庭に草のぼうぼうと生えているのも
趣があるとも思ったものだが、としをとって来ると、
一本の草でも気になっていけない。」
それでは私なども、
まだこれでも、若いのであろうか。
草ぼうぼうの廃園は、きらいでない。

「しかし、これくらいの庭でも、」と兄は、
ひとりごとのように低く言いつづける。
「いつも綺麗にして置こうと思えば、庭師を
一日もかかさず入れていなければならない。
それにまた、庭木の雪がこいが、たいへんだ。」
「やっかいなものですね。」と
居候いそうろうの弟は、
おっかなびっくり合槌あいづちを打つ。

太宰治「庭」より

フランス 2009 デルバール作出
花は12~15㎝ 丸弁盃状咲き 香り中

【これまでの写真】

2016.5.21 貫禄のある咲きっぷり

【その後の写真】

2017.5.25 末長く育てたいバラ

2016年10月 5日 (水)

モダン・タイムス

2016100102

今年も絞りのコントラストが美しいバラです。

オランダ 1956 Verbeek作出
花は10~12㎝ ディープカップ咲き 香り中

【これまでの写真】

2015.10.11 稀に絞りなしに戻る

2016年10月 4日 (火)

セラフィム

2016092602

今年はほぼ白色の花、
かろうじて一番外の花弁にうっすらと
ピンクがのっかりました。

日本 2013 河本バラ園作出
花は8~10㎝ 平咲き 香り強

【これまでの写真】

2015.9.28 去年はもっとピンクが濃かった

2016年10月 3日 (月)

2016092601

春とは違う花色。
一株で二度おいしい(アーモンド・グリコ)

2016092202

台風がまたやってきます。
秋になってからの台風は、
いつもより多いんじゃないかな。

日本 2015 Rose Farm keiji作出
花は10~12㎝ シャクヤク咲き 香り弱

【これまでの写真】

2016.6.12 ドラえもんのバラ

【その後の写真】

2016.12.4 初冬もこの通り、完全四季咲き

2016年10月 2日 (日)

ルシファー

2016100202

思い通りにならないバラなので
育てるのが困難と思われています。
有島薫さんもコメントしていますが、
あまり手をかけず、ほったらかしの方が
いいみたいです。

ルシファーと言えば、
こんな海外ドラマが、今、人気です。

人間界でクラブを経営している悪魔が
毎回事件に巻き込まれ
パートナーの女刑事と事件を解決、
「魔人探偵なんとか」みたいな設定ですね。

日本 2008 河本バラ園作出
花は6~8㎝ 半剣弁咲き 香り強

【今日の作業】

やっぱりイモムシがいます
捕っても捕っても
きりがない
この暑い気候はいつまで続くのか?

【これまでの写真】

2015.10.5 「繊細」という言葉がぴったり

【その後の写真】

2017.7.30 ほったらかしにしたものの…

2016年10月 1日 (土)

スパニッシュダンサー

2016092602

フラメンコという芸能は、
スペイン南部、アンダルシアで生まれました。
歌、踊り、ギターの伴奏が主体となっています。

女性の踊り手のことをバイラオーラといいます。
色のコントラストが素敵なバイラオーラの
衣装を想起させるバラです。

2016100101

フランス 2000 メイアン作出
花は6~8㎝ フリル咲き 香り弱

【今日の作業】

イモムシ対策で薬剤散布

【これまでの写真】

2015.7.27 夏も素敵な花を咲かせる

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »