« レディ・エマ・ハミルトン | トップページ | ダム・ドゥ・シュノンソー »

2016年11月24日 (木)

クィーン・オブ・スウェーデン

2016112302

イングリッシュ・ローズが
世界に認められていった歩みをたどると
2度の円熟期が訪れたことに気付きます。

メアリー・ローズに代表される、
1980年代の第一次円熟期。
グラハム・トーマスの登場によって
世界的な着目を浴び、地位を確立します。

そして21世紀になっての第二円熟期。
美しさだけでなく実用性も強く意識した
ザ・ジェネラス・ガーデナーなどが代表作です。
このクイーン・オブ・スウェーデンも
第二円熟期に発表された名花です。

イギリス 1992 デビッド・オースチン作出 
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

急に寒くなりました
寒さに弱い植物を
室内に取り込みました
・ブーゲンビレア
・ハイビスカス など

【これまでの写真】

2015.5.6 名前の由来

« レディ・エマ・ハミルトン | トップページ | ダム・ドゥ・シュノンソー »

イギリス」カテゴリの記事

デビッド・オースチン」カテゴリの記事

フロリバンダ・ローズ」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/64538984

この記事へのトラックバック一覧です: クィーン・オブ・スウェーデン:

« レディ・エマ・ハミルトン | トップページ | ダム・ドゥ・シュノンソー »