« クリスマスローズ2017(その2) | トップページ | ビオラでハンギング »

2017年3月18日 (土)

ノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)

Dsc04148

花が咲くのはずっと先(5月)ですが
新芽から若葉が展開してきたので
うれしくて写真を撮りました。

バラの世界に房咲き性をもたらした原種で、
後に「ポリアンサ ローズ」に、
続く「フロリバンダ ローズ」にと
房咲きの性質が受け継がれています。

万葉集では
「棘原(うばら)」や「宇万良(うまら)」の名前で
記録が残っているようです。
日本人にとってもっともなじみのあるバラです。

日本 1759発見 原種ローズ
花は3~3.5㎝ 平咲き 香り弱

【今日の作業】

株元にネットを撒きつける
コガネムシやカミキリムシが
産卵しないためのトラップです

【これまでの写真】

2016.5.3 清楚な花

« クリスマスローズ2017(その2) | トップページ | ビオラでハンギング »

つる性」カテゴリの記事

原種」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/65031226

この記事へのトラックバック一覧です: ノイバラ(ロサ・ムルティフローラ):

« クリスマスローズ2017(その2) | トップページ | ビオラでハンギング »