« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

オールド・ブラッシュ

2017043001

野生種交雑種は世界中にあり、
特に中国では昔から多くの交雑種が
民家の庭先や道端に咲いています。

チャイナ系のオールドローズは、
ハイブリッド・ティーの片親となった
重要な品種で、
四季咲き性が強いのが特徴です。

2017042801

オールド・ブラッシュは特に四季咲き性が強く、
春から晩秋まで花を咲かせ続けます。

世界バラ会連合には
「オールドローズ殿堂」というものがあり
オールド・ブラッシュも殿堂入りしています。

中国 1793年以前 中国原産
花は4~6㎝ 八重~ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

クレマチスの世話

【これまでの写真】

2019.11.27 晩秋のオールド・ブラッシュ

2017年4月29日 (土)

アルテシモ

2017042901_2

今日はワラビ狩りに行きました。
熊本地震の影響で道路が寸断され、
段差や舗装面の痛みは修繕されていたものの
迂回ルートは混み合います。

2017042903

お天気に恵まれて
風が心地よい大自然の中で
多忙を極めた日々を忘れて過ごした
一日でした。

フランス 1966 デルバール作出
花は8~10㎝ 平咲き(一重咲き) 香り無

【今日の作業】

水遣り
殺菌、殺虫の薬剤散布

【これまでの写真】

2016.12.30 背が伸びたアルテシモ

【その後の写真】

2017050203_2
2017.5.2 いい感じに出窓を飾る

2017年4月28日 (金)

白モッコウバラ一重(ロサ・バンクシア ・ノルマリス)

2017042803

3年目にして、
ようやくいっぱい花をつけるようになりました。

2017042804

可憐な花で窓を多覆いつくすように
わんさかさきました。

中国 1796発見 原種ローズ
花は2.5~3㎝ 平咲き 香り中

【これまでの写真】

2016.5.3 ようやく花を咲かせ…

【その後の写真】

2017042903_2
2017.4.29 下から見た様子~

2017年4月27日 (木)

リパブリック・ドゥ・モンマルトル

2017042701

獅子咲きのツバキの花に負けないぐらい
重厚な花を咲かせたモンマルトル。

今は1輪だけですが
つぼみをどっとあげてきていますので
後が楽しみです~

もうすぐ5月、
害虫対策をしなければ…

フランス 2012 デルバール作出
花は8~12㎝ ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.11.13 ジュテームの壁

【その後の写真】

2017052402
2017.5.24 一番花か二番花か断続的に開花

2017.10.31 秋のモンマルトル

2017年4月26日 (水)

ジャックリーヌ・デュ・プレ

2017042604

気付けば咲いていましたw

去年はウッドデッキのラティスに
誘引していたのですが
大きく育ったので、
一度ほどいてU字支柱に誘引し直し
駐車場入り口の目立つ場所に
移動させたものです。

2017042606

道行く人にも、
近くでじっくり見てほしい可愛らしさがあります。

イギリス 1988年 Harkness 作出
花は7~9㎝ 丸弁平咲き 香り中

【これまでの写真】

2016.4.27 ウッドデッキの木製ラティスに誘引

【その後の写真】

2017050302
2017.5.3 満開です~

2017年4月25日 (火)

ウィンチェスター・キャシードラル

2017042202

中心にボタン・アイをのぞかせる
ウィンチェスター・キャシードラルです。

春以降も次々と花を咲かせる優れもの。
つるバラのように誘引していますが、
枝が充実していて安心です。

イギリス 1988 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ→ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

今日も水遣り

【これまでの写真】

2016.10.7 秋はしべが見えていました

【その後の写真】

2017042901_3
2017.4.29 隣のつぼみも咲きそろいました

2017.11.14 生姜の佃煮を乗っけたい

2017年4月24日 (月)

ザ・レディ・オブ・ザ・レイク

2017042202

ナニワイバラの陰に隠れて
こっそり開花していたバラです。

西側のグリーンカーテンから
玄関前アーチベンチへ移動。

どうすれば花数が増えるか、
いろいろ試しています。

イギリス 2014 デビッド・オースチン作出 
花は5~7㎝ 半八重咲き 香り中

【今日の作業】

昼間温かく水遣りは欠かせません

【これまでの写真】

2016.7.3 湖の乙女

【その後の写真】

2017050301
2017.5.3 失敗例、混ぜて誘引すると埋もれる

2017年4月23日 (日)

ナニワイバラ(ローザ・レヴィガータ)

2017042305

航空自衛隊の飛行隊「ブルーインパルス」が
大きな地震の被災地を元気づけるために
熊本に来てくれました。

白いスモークを使って
大空に円やハートの形を描くので
お天気が良くないと…と思っていました。

昨日の練習飛行も今日の本番も
雲一つない快晴。
そういえば、熊本地震で断水の続く中、
恵みの雨が庭のバラたちに
散水してくれたことを思い出しました。

お天気も被災者の味方に
なってくれている、そんなうれしい
アクロバット飛行でした。

青空に似合うのが白いバラたち。
ナニワイバラが咲きました!

中国 1759発見 原種ローズ
花は8~10㎝ 平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2015.4.18 アーチに誘引して1年目の春

2017年4月22日 (土)

アブラハム・ダービー

2017042201

今年はイングリッシュ・ローズのいくつかが
一番早く花を咲かせています。

まずはアブラハム・ダービーです。

茂った照葉の間に
アプリコットとピンクが複雑に混じり合う
不思議な色の花を咲かせました。

今年はウッドデッキ内の
トレリスに誘引してみました。

イギリス 1985 デビッド・オースチン作出 
花は10~12㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

花の終わったクリスマスローズと
バックヤードで育てていたミニバラの
配置交換

【これまでの写真】

2016.10.22 気温や湿度によって色が変わる~

【その後の写真】

2017042501
2017.4.26 隣りにあったつぼみも開花

2017042901
2017.4.29 さらに奥のつぼみも開花

2017年4月21日 (金)

カートマニージョー

毎年、バラの開花前に
純白の花を無数につけるクレマチス、
カートマニージョーが
今年も咲きました。

Dsc04219

バラの開花前の前座みたいなもの。
はい、バラの季節の到来です~

Dsc04220

クレマチスにもいろいろありますが、
切り戻しのタイミングが
いまひとつ掴めません。
でも、毎年こんなに咲いてくれて
有難いです。

【これまでの写真】

2016.4.3 カートマニージョーの育て方

2017年4月18日 (火)

4月の庭

Dsc04208


2017年度からの新カテゴリーです。
四季折々の庭の様子を
月ごとに紹介します。

写真は真上から撮った庭の様子です。
クリックすると大きく伸ばせます。

4月は芽吹き。
色の無かった庭が一気に緑色に。
同時に虫や病気も
絶好の時季到来とばかり
寄り集まってきます。

5月の庭

2017年4月17日 (月)

白モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ ・アルバ)

2017041601

2017年バラの季節がいよいよスタートです。
トップバッターはやはりモッコウ。
アーチが白くなりました。

2017041604

ところが今日は雨、
強く降ったのでだいぶ落ちてしまいました(泣)

作出国、作出年、作出者不明
花は2~3㎝ 八重咲き 香り中

【今日の作業】

ツバキの剪定

【これまでの写真】

2017.4.9 つぼみが膨らんで

【その後の写真】

2017042203
2017.4.22 いっぱい咲き始めました

2017年4月16日 (日)

春を通り越して

3月になっても気温が上がらず
桜の開花も遅れてやきもきしていましたが
桜の満開を過ぎたら
一気に気温が上がり、
昨日、今日と2日連続で夏日です~

Dsc04218

おもに葉を観賞する草花も
この暖かさにびっくりしたのか
花を一気に咲かせています。

上の写真はヒューケラの花です。
下の写真はタイムの花です。
控えめでさり気ないけど可愛い花ですw

Dsc04216

そして最後は
1年を通して斑入り葉が美しいコロニラ。
耐暑性、耐寒性にすぐれ、ほったらかしOKです。
我が家に来て3年目です。

Dsc04232

【今日の作業】

ブーゲンビレアを外に出しました
ブルーベリーも花が満開、
専用の肥料をあげました

2017年4月15日 (土)

バロン・ジロ・ドゥ・ラン

2017041502

鉢を移動し、アーチに這わせて
3年目の春を迎えました。
今年も順調に葉を伸ばし蕾を付けています。

オイゲネ・フルストというバラの
枝変わりだそうですが
オイゲネ・フルストには白い縁取りがありません。

フランス 1897 作出不明
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

枯れたバラの整理
室内で育てていたマンデビラを外に出し誘引

【これまでの写真】

2015.4.25 アーチ1年目のジロー

【その後の写真】

2017050202
2017.5.2 開花。エッジの白色が輝く~

2017年4月12日 (水)

クリスマスホーリー

多くの小学校で
昨日か今日に入学式が行われました。

熊本で、入学式の日まで
桜の花がいっぱい咲いているのは
ほんとに珍しいです。

Dsc04203

鉢植えのクリスマスホーリーが花を付けました。
水切れをおこしやすく
栽培の難易度は中級者向けなのですが
赤い実を付けるようがんばります~

【今日の作業】

雨のかからないところで育てている
鉢植えの花(おもにバラ)に
水をやる

2017年4月10日 (月)

小山内健さんのバラ講座

バラの育て方というよりも
バラを育てるときの心構えというものを
話して下さったような気がします。

Img_0539

例えば、
バラにも負荷を与えないと
太い株元に育たないこととか。

例えば、
オーガニックもいいけど、
時期を逃さない消毒が
手入れの苦労を半減させるとか。

一番ためになったのは
消毒(殺菌)の効果を確かめる目安。
薬が効いてるかどうか
そこで判断するんだ~、と思いました。

2017年4月 9日 (日)

白モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ ・アルバ)

2017040903

震度7を2日間で2度経験する熊本地震から
ようやく1年になろうとしています。

熊本では桜の開花が例年より7日も遅く
大きな地震の影響かという人もいるほど。

1年たってやっと解体の順番が
廻ってきた建物も多くあり
もとの街に戻るには
これからも時間が必要です。

たくさんの支援を受けて
今の生活があると思と、
どんな心構えでどう生きるかが
支援をしてくださった人への
恩返しになると思っています。

大きな地震の後にも
たくさん花を咲かせてくれた白モッコウ。
今年も蕾がたくさんつきました。

作出国、作出年、作出者不明
花は2~3㎝ 八重咲き 香り中

【今日の作業】

小山内健さんのバラの講習会 受講

【これまでの写真】

2016.4.26 電気が復旧してブログ再開したあの日

【その後の写真】

2017041501
2017.4.15 つぼみがほころび始めました

2017.4.17 そして開花~

2017年4月 8日 (土)

フランシス・デュブリュイ

2017040801

芽出し肥を施してから1週間、
バラたちの成長が勢いづき、
つぼみをつける者も増えました。

フランシス・デュブリュイは、
昨年度から引き続き日陰で育てています。
大きくなりませんが
それなりに元気です。

フランス 1894年 フランシス・デュブリュイ 作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

クリスマスローズの花切り
クリスマスローズにお礼肥

【これまでの写真】

2016.8.7 日陰だと猛暑日も花がきれい

2017年4月 2日 (日)

スノーフレーク

バラの鉢を並べた花壇の中には
クレマチスや球根の花が植えてあり、
春になると急に伸びて
気付けば庭いっぱいに花を咲かせています。

Dsc04185

スイセンのような細長い葉に
スズランのような可愛らしい花を咲かせています。

スノーフレーク、別名スズランスイセンです。

基本、ほったらかしでいいのですが、
夏に葉が伸びても切らない方がいいそうです。
球根を太らせるために
光合成を最大限行わせるためです。
葉は黄色くなってから取り除きます。
葉が落ちたら休眠期に入るので
水遣りを控えます。
酸性を嫌うので、ときどき花壇に
苦土石灰を混ぜ込んでいます~

【今日の作業】

芽出し肥をバラにあげました

2017年4月 1日 (土)

伽羅奢(ガラシャ)

2017040103

勢いよく新芽がふき出してきました。
「ようやく」の春です。

2017040102

おととしの春にハウステンボスで購入、
陽当たりがあまり良くない場所で育てていたので
あまり大きく育っていません。

今年は和室の南向き縁側前に置きました。
陽当たり良好ですw

日本 1995 河合伸二作出
花は5~7㎝ 半八重咲き 香り弱

【今日の作業】

消毒(殺虫・殺菌)
クリスマスローズの花切り
落ちたツバキの花を拾い集めました

【これまでの写真】

2016.5.23 日陰でも育っていたけど…

【その後の写真】

2017051901
2017.5.17 やっぱり日なたがいいみたい

2017051710
2017.5.17 元気になりました

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »