« セプタード・アイル | トップページ | オデュッセイア »

2017年5月15日 (月)

ブラザー・カドフィール

2017051302

シュロップシャー州シュルーズベリの人々が
楽しみにしている聖ペテロ祭。
ところが祭りの前日に
町の若者と商人・トマスがいさかいを起こします。

その夜、行方不明となったトマスが
水死体で発見されるという最悪の展開。

新修道院長・ラドルファスに
事件解明を頼まれたカドフィールは、
難事件に頭を抱えます。

「魂を射る矢はない。
しかしそれを癒す軟膏はあるかもしれない」

カドフィールの言葉が胸に泌みます。

2017051303

中世の推理小説『聖ペテロ祭殺人事件』
登場人物、修道士カドフィールから命名された
香りが濃厚なバラです。

その推理小説の舞台となる地域に
イングリッシュ・ローズのナーセリーが
あるそうです。

イギリス 1990 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

花がら摘み 花がら摘み 花がら摘み

« セプタード・アイル | トップページ | オデュッセイア »

イギリス」カテゴリの記事

デビッド・オースチン」カテゴリの記事

モダン・シュラブ・ローズ」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/65284058

この記事へのトラックバック一覧です: ブラザー・カドフィール:

« セプタード・アイル | トップページ | オデュッセイア »