« ル・シエル・ブルー | トップページ | ホーラ »

2017年8月 6日 (日)

クィーン・オブ・スウェーデン

2017080602

夏は、どうしても花が小さく
花弁も茶色っぽくなりがちですが、
クィーン・オブ・スウェーデンは凛とした花を咲かせ
香りも春に劣らず漂わせています。

Dsc05065

他のバラは、つぼみのうちに切るか、
咲かせてしまったバラも早めに切って
キッチンに飾ったりしていますが、
クィーン・オブ・スウェーデンだけは
もったいなくて切れません。

イギリス 1992 デビッド・オースチン作出 
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

つぼみや花を切る
整枝、特に古い枝はバッサリと

【これまでの写真】

2016.11.24 イングリッシュ・ローズの歴史

« ル・シエル・ブルー | トップページ | ホーラ »

イギリス」カテゴリの記事

デビッド・オースチン」カテゴリの記事

フロリバンダ・ローズ」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/65626904

この記事へのトラックバック一覧です: クィーン・オブ・スウェーデン:

« ル・シエル・ブルー | トップページ | ホーラ »