« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

リパブリック・ドゥ・モンマルトル

2017102902

秋の高い空の青には、真っ赤なバラが映えます。

玄関に置いてある
でかいかぼちゃの置物、
明日からどうするんだろう。

天高く、馬肥ゆる秋~

フランス 2012 デルバール作出
花は8~12㎝ ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.4.27 春のモンマルトル

【その後の写真】

2017110402
2017.11.4 道路沿いのオベリスクで自己主張中

2017年10月30日 (月)

プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント

2017102803

「だーるまさんが転んだ」と叫んで
鬼が振り向くと、一斉に制止するあの遊び。

いまどきの子どもは
一斉に転ぶジェスチャーをします。

「だーるまさんがお茶飲んだ」というのもあって
一斉にお茶を飲むジェスチャー。

昔からある遊びも、
少しずつ変化しているのですね。

2017102806

なんか、春よりきれいな花を咲かせる
アレキサンドラです。

イギリス 2007 デビッド・オースチン作出
花は12~15㎝ ディープカップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.12.6 戦後、昭和天皇の名誉回復に貢献

2017年10月29日 (日)

ブラッシュ・ノアゼット

2017102802

四季咲き性が強く、
秋にも山ほどつぼみを付けるのですが
冷たい風に当たると
花を咲かせないまま蕾が落ちることも。

2017102201

今秋は、花を咲かせています~
うれしいです。

アメリカ 1814年 Philippe Noisette 作出
花は3~5㎝ オープンカップ咲き 香り中

【これまでの写真】

2016.6.17 春のロゼットに迫る花弁数

2017年10月28日 (土)

シェエラザード

2017102203

のどの痛みがあり
風邪と思って病院を受診。
薬の副作用か、お腹が緩くなって下痢。
おまけに仕事がらみで不自然な姿勢が祟って
腰痛まで患ってしまいました。

今週は仕事が忙しく
弱音を吐く間もなく体に鞭打って
無我夢中で過ごした1週間。
今日も仕事です(泣)

あぁ~働き方改革~
草生える

日本 2013 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

いそがしくて何もできず

【これまでの写真】

2017.7.29 騒がれなくなったアリババ

【その後の写真】

2017102902
2017.10.29 大きく開きました

2018.5.11 どこも行っていないので

2017年10月24日 (火)

リトル・アーチスト

2017102201

ポリアンサ?クライミングミニ?
ミニバラは秋にも花を咲かせるので
ありがたいです。

2017101102

花が咲いたらすぐに切り戻し。
次の花まで30日ほどかかりますが、
バックヤードの鉢と交代で見せれば、
本当に年がら年中という感じです。

ドイツ 1982 Samuel Darragh McGredy IV作出
花は3~4㎝ 丸弁盃状咲き 香り弱

【今日の作業】

晴れの日が続くので水遣り

【その後の写真】

2017102902_2
2017.10.29 風が強くても花数はなかなか

2017年10月22日 (日)

ラ・ローズ・ドゥ・モリナール

2017102001

昨日、生まれ故郷で
全国花火競技大会が行われました。

今は、音楽とシンクロさせた演出が
多いですね。

フランス 2009 デルバール作出
花は10~12㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.9.6 モリナールの香水

2017年10月21日 (土)

ローズ・ポンパドゥール

2017101401

小ぶりだった夏花から一変、
春と変わらないぐらいの厚みのある
秋のポンパドゥール。

2017夫バラ大賞第1候補です~

近くに地植えした白花ランタナが
とんでもなく大きくなって
そこらじゅうのアーチに
覆いかぶさってしまいましたw

アーチ周辺のバラに日が当たらなくなり
バラの開花も遅れています。

でも、道行く人は
白花ランタナをつるバラと見間違って
「秋なのにすごい」と仰っているので
ま、いいか。

フランス 2009 デルバール作出
花は10~12㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

台風対策
ハンギングを降ろしたり
飛ばされないよう鉢花を固定したり

【これまでの写真】

2017.7.24 暑いのにきれいな花を咲かせた

【その後の写真】

2018.4.23 だんだん下を向く

2017年10月20日 (金)

カミーユ・ピサロ

2017102001

一輪でもインパクトある絞りのバラ。

台風が接近中です。
秋の台風は強くてでかい。
気を付けなければなりません。

フランス 1996 デルバール作出 
花は6~8㎝ 丸弁咲き 香り普通

【これまでの写真】

2016.6.10 ピサロの描いた絵

2017年10月19日 (木)

セプタード・アイル

2017101401

色といい花形といい
何て可愛らしい花なんでしょう。

蛇や蜘蛛は、
生まれながらなぜそんな姿に、
と思うこともあったのですが、
間近に見ると
美しく可愛らしく愛おしく見えます。

大人になってから気付いたのですが。

ゴキブリは今でも醜いw

イギリス 1997 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.5.14 花弁数の多い春

【その後の写真】

2017110401
2017.11.4 マンデビラに囲まれて~

2018.4.15 春は深いカップ咲き

2017年10月18日 (水)

シスター・エリザベス

2017101402

一季咲きのオールドローズっぽい花を
秋に咲かせるので
毎年、あれっと思わせるバラです。

職場に、元気のないシクラメン鉢植えがあり、
どうにか元気を取り戻したいところです。

どうすればよいのか、
メッセージを書いて鉢に貼りましたw

「弱っています。
 水は控えめに。
 上から水をかけないで。
 肥料は与えてはいけません。」

イギリス 2006 デビッド・オースチン作出
花は6~8㎝ ロゼット咲き 香り強い

【今日の作業】

雨ばかりで
何もできません

【これまでの写真】

2016.9.21 バラの愛好家

2017年10月17日 (火)

ゴールデン・ボーダー

2017101402

雨が続きますが、
気温が下がったせいもあって
バラが花色鮮やかに開花させています。

引き続き、
クリスマスローズの植え替えをしていますが
根が元気なもの、そうでないもの、
様々です。

1枚でも葉が出ていれば
株として大丈夫だろうと鉢を返すと
根がほとんど残っていないことも。

そして、葉が全く出ていない鉢。
心配です~
鉢を返す勇気がありませんw

オランダ 1987 Verschuren作出
花は4~6㎝ 丸弁カップ咲き 香り中

【今日の作業】

クリスマスローズの植え替え
土はきれいなものはリサイクル
小粒ボラ土を混ぜて水はけを良くし
石灰を混ぜて中和
忘れず専用固形肥料を混ぜ込む

【これまでの写真】

2016.10.20 結果オーライ

【その後の写真】

2017102002
2017.10.20 次々と花を咲かせます

2018.5.7 雨に濡れないバラが

2017年10月15日 (日)

キティーズ・ローズ

2017101402

昨夜は雨が降っていましたが、
秋の花火大会が決行されました。

地方新聞の取材を受けた方が
すてきなコメント。
幼稚園児の子どもを連れて
家族で花火を見に来られたそうです。

「子どもが大きくなった時、
 この花火のように明るい熊本に
 なっていることを願っています。」
(熊日2017.10.15朝刊1面より引用)

イギリス 2006 Amanda Beales作出
花は5~6㎝ 八重咲き 香り弱

【これまでの写真】

2016.1018 キティの仲間たち

2017年10月14日 (土)

あおい

2017101401

フロリバンダ特有のつぼみの付き方
涼しくなって真ん中の花が長く持てば、
サザンクロス十文字咲きが見られるかも~

雨が降り出しました。
花火大会、決行すると思いますが
残念だね~

日本 2008 ローズファームケイジ作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

雨模様ですが、
液肥を与えるため水ふりをしました

【これまでの写真】

2016.6.2 夏のコガネムシ

【その後の写】

2017102002_2
2017.10.20 秋花は色濃く、花持ちもよい

2017102201_2
2017.10.22 十文字咲きの完成です~

2017年10月13日 (金)

シャンテ・ロゼ・ミサト

2017101102

明日は花火大会が予定されているのに
天気予報は「雨」。

雨天決行みたいですが
秋の花火大会は夜風が冷たいので
風邪をひかないようにしてください。

フランス 2004 デルバール作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.7.1 どんな時も大輪

【その後の写真】

2018.1.13 どんどや前日

2017年10月12日 (木)

いおり

2017101102

10月と言えば
クリスマスローズの植え替えや株分けの季節。

今年は株分けに初挑戦。
ミヨシのちょっと高かったお気に入りの
クリスマスローズの株分けを
してみました。

日本 2011 Rose Farm keiji作出
花は6~8㎝ 丸弁咲き 香り弱

【これまでの写真】

2016.12.31 大晦日に1年を振り返り

【その後の写真】

2017101403
2017.10.14 いよいよ秋のバラ祭り開幕か

2017年10月11日 (水)

ア・ラ・シ

2017101101

嵐の松本潤主演の映画、ナラタージュを観ました。

2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位
島本理生の恋愛小説を映画化。
主演に松本潤、
ヒロインに有村架純、
共演に坂口健太郎。
『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督作品です。

日本 2009 水谷農園 作出
花は8~10㎝ 半剣弁咲き 香り弱

【今日の作業】

お礼肥とか

【これまでの写真】

2017.7.15 嵐のコンサート

2017年10月 9日 (月)

ロイヤル・ジュビリー

2017100901

園芸店で会うお客さんと
バラの育て方のことで話をすることがあります。

「10月になって摘蕾を止めたら
急に花がさきはじめた。」

夏剪定の仕方は人それぞれですが、
我が家は大胆な剪定を試みています。
「花が咲いた」と聞くと、ちょっと焦ってしまいます。
でも、ここ数日夏が戻ったような気候です。
焦らず、ここは待ちましょう~

イギリス 2012 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ ディープカップ咲き 香り強

【今日の作業】

刺し芽したハーブの管理
萎れ方を見て置き場を考える~

【これまでの写真】

2016.6.23 イギリス国民の祝日となった日

【その後の写真】

2018.5.6 早すぎた衣替え

2017年10月 7日 (土)

ラ・マリエ

2017100701

今年は夏剪定が遅れたので、
今咲いているバラは
剪定をし損なったうっかりくんですw

ハーブの挿し木の適期を迎えたので
庭のハーブを使って挿し木をしました。

・メキシカンスイートハーブ
 驚くほどの強い甘みがあります
 寒さに弱いので、霜の降りる頃には室内へ

・ローズゼラニウム
 独特なバラの香りは虫を寄せ付けません
 ちょっと日陰干ししてから挿し木をするのがコツです

・シソ
 刺身のつまとして葉も花も食べられます
 種で勝手に増えるのですが、挿し木も可ということで

日本 2008 河本バラ園作出
花は9~10㎝ 波状フリル咲き 香り中

【今日の作業】

挿し木に必要なのはルートンとメネデール
他の植物には有機の液肥を

【これまでの写真】

2017.6.19 雨の中の剪定

【その後の写真】

2017.12.23 エレガントな冬花

2017年10月 1日 (日)

盆栽用のバラ

花径が1㎝以下というこのバラ、
矮性のバラでも極端に小さい、
ラベルに「姫乙女」と名前が付けられていました。

2017093001

ネットで調べると
盆栽用に小さく改良されたみたいです。
背も伸びないし、横にも広がらない。
それでいて、次から次へと花を咲かせる。

こんなバラもありますということで
(目立たないので4鉢並べています)
ご紹介です~

【今日の作業】

牡丹の葉の剪定
シャコバ・サボテンの葉の摘み取り

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »