« ロイヤル・ジュビリー | トップページ | 清流 »

2018年8月 5日 (日)

ダム・ドゥ・シュノンソー

2018080502

なぜ、始球式で投げられたボールを
打者はからぶりするのか?

そもそもアメリカでは、大会開幕の試合で
来賓席からグランド上の選手へ
ボールを投げ渡す儀式が
「始球式」だったそうです。

日本では、試合開始直前に、
先行1番打者を立たせてからの始球式を
行います。

投げるのは来賓ですが、
打者が来賓に敬意を払い
大きく外れても「ストライク」にするため
空振りをするのが慣例となったようです。

アジア各国や、アメリカも
この方式で実施するケースが多いとか。

もちろん慣例ですので、
万一ボールが当たってしまい
ピッチャー返しにならないように
安全のため見逃すことも多いそうです。

【今日の作業】

暑さで枯れてしまうバラが続出
悲しいけど、片付けてしまいました

【これまでの写真】

2017.11.19 育てやすいバラしか…

« ロイヤル・ジュビリー | トップページ | 清流 »

デルバール」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

モダン・シュラブ・ローズ」カテゴリの記事

四季咲き性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80770/67023672

この記事へのトラックバック一覧です: ダム・ドゥ・シュノンソー:

« ロイヤル・ジュビリー | トップページ | 清流 »