四季咲き性

2017年9月24日 (日)

フレグラント・オールド・パープル

2017092402

西側の出窓を覆っているのはマンデビラ。
今年も次から次へと花を咲かせました。

その手前のオベリスクに誘引している
フレグラント・オールド・パープルですが、
ことしの春は花つきが今一つでした。

2017092401

そこで、古い枝を株元から切り落とし
新しいシュートを伸ばして枝の更新をしました。

来年の春は、どうなるかな。

オランダ 2000 verschuren作出
花は10~12㎝ カップ咲き~ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.5.22 花弁の多い春の花

2017年9月18日 (月)

ラ・パリジェンヌ

2017091801

夏剪定が終わらないうちに
秋がやってきました。

しまった!

今年は
「我が家の狭い庭で秋のバラ祭りを開催」
と目標を立てていたのですが
ていねいに剪定しているうちに
間に合わなくなってしまいました。

写真のパリジェンも
つぼみのうちに刈り込む予定でしたが
とうとう花を咲かせてしまいました。

まあ、きれいだから、いいや~

フランス 2009 デルバール作出
花は8~10㎝ 抱え咲き 香り普通

【今日の作業】

台風接近前に
避難させていた鉢花を
元にもどす
ハイビスカスは重かった~

【これまでの写真】

2016.7.25 流行を追わないわけ

2017年9月 6日 (水)

ソニア・リキエル

2017083102

小学校1年生の子どもにとっての
社会の広さってどれくらいなのか
考えてみました。

自宅と学校とその間にある通学路、
連れて行ってもらうお店と
習い事のプールと
病院と

そんなものではないでしょうか。

入学したての1年生にとって
学校は社会の大半を占める広い世界。

わくわくするような学校生活を
送ってほしいです。

フランス 1995 ギヨー作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.5.14 春の様子

2017年9月 4日 (月)

ウィリアム・モリス

2017090202

自治体や校種によって、
土曜日の授業が始まっています。
学校で教えなくてはいけないことが増えたのか
全ての子どもが有意義に過ごすには
やはり学校なのか

しかし、
「昔に戻る」のではなくて
社会の変化で価値観が変わり
「昔と同じ形に進化する」と
捉えた方がしっくりくるような気がします。

イギリス 1998 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ→ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.10.8 ウィリアム・モリスの自宅

2017年9月 3日 (日)

せん

2017083102

バラに水遣りをしていると
トンボがホバリングしながら近づいてきます。

9月に入って、
1日の最低気温が20度を下回ることも。
ようやく秋が来たという感じですが
昼間は厳しい暑さが残ります。

2017090201

朝の冷たい風を受けたからか
バラの花色も徐々に濃さを増しているようです。

昨年の反省を生かそうと
夏剪定を遅らせて
未だとりかかっていないのですが、
濃くなった花色を見ると焦ってしまいますw

来週の土日には夏剪定をしようと思います。

日本 2013 Rose Farm keiji作出
花は9~12㎝ ロゼット咲き 香り弱

2017年8月28日 (月)

レディ・エマ・ハミルトン

2017082601

暑い夏には、
本来の花と全然違った花色、花形の花が…

レディ・エマ・ハミルトンは
花形が「平咲き」と書いてありますが、
なるほど、こうゆうことだったのかと
納得しました。

おととい観た映画(アニメ)ですが
既視感があり、調べてみたら
やっぱりリメイクでした~

イギリス 2005 デビッド・オースチン作出
花は9~12㎝ 平咲き 香り強い

【今日の作業】

枯れた鉢バラの撤去(泣)

【これまでの写真】

2016.11.23 本来の花色、花形

2017年8月27日 (日)

シャーロット・オースチン

2017082602

バラの季節になると、
本来の黄色が強く出るのですが、
暑い夏にはこのような白に近い花色となります。

シャーロットとは
デビッド・オースチンの孫娘
このバラがリリースされた1993年に
生まれた女の子だそうです。

イギリス 1993 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り中

【今日の作業】

殺虫・殺菌の薬剤散布
液肥を全体的に

2017年8月26日 (土)

オリビア・ローズ・オースチン

2017082301

週末は、イモムシ対策で
薬剤散布が欠かせない夏ですが
朝から雨が降っているので
今日はお休みです。

地震の後、調子の悪かったお風呂を
思い切ってリフォームしました。
おかげさまで
毎日の入浴がとても気持ちいいです~

イギリス 2014 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

秋剪定のタイミングを考えながら
花がらとか蕾とかを摘み取っています

【これまでの写真】

2017.5.2 秋のオリビア、本来の花色と花形

2017年8月25日 (金)

アンジェラ

2017082302

残暑が厳しい毎日です。
家でも職場でもエアコン・オン、
もしも停電になったら生きていけるのでしょうか。

太陽のおかげで生きているわけですが
この暑さに
「もう勘弁してください~」って
庭のバラも叫んでいるようです。

ドイツ 1984 コルデス作出
花は6~8㎝ 丸弁カップ咲き 香り弱

【これまでの写真】

2017.6.7 初夏のアンジェラ

2017年8月23日 (水)

こはる

2017082302

あの地震の後、つぎつぎと枯らしちゃって
最後に残った一株が花を咲かせました。

バラはきれいな花を咲かせるために
全エネルギーを開花に集中させます。

株が弱いと開花しにくいようですが
それでも蕾を付けているときは要注意です。
無理に咲かせると
そこは人間と同じです。
それでも花を観たいのか、否、
元気なときに咲かせた花を観てくださいと
バラも言っているような気がします。

日本 2014 Rose Farm keiji作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

コガネムシ対策 その2
オルトランを撒く

【これまでの写真】

2016.4.27 安否確認

より以前の記事一覧