イギリス

2017年5月29日 (月)

キュー・ランブラー

2017052902

昨年よく咲いたので西側道路に移動しました。
枝数も増え花数が倍増しました。

一季咲きですが野生種に近く
秋のローズヒップも楽しめます
花もかわいいので、ここで育てようと思います。

イギリス 1912 作出者不明
花は3~5㎝ 平咲き 香り弱

【今日の作業】

花がら切り
水遣り

【これまでの写真】

2016.5.22 動画あり

2017年5月17日 (水)

バレリーナ

2017051702_2

伽羅奢と同じく、
日陰にずっと置いていたため
弱々しかったのですが、
日なたで養生して元気になりました。

2017051302

伽羅奢と同じで、
花が咲いてから日陰に置くと
花もちがいいのでそうしています。
これも、鉢栽培のメリットです。

イギリス 1937年  Bentall作出
花は3~5㎝ 平咲き 香り弱

【今日の作業】

花がら切り

【これまでの写真】

2016.5.31 弱々しい~

2017年5月15日 (月)

ブラザー・カドフィール

2017051302

シュロップシャー州シュルーズベリの人々が
楽しみにしている聖ペテロ祭。
ところが祭りの前日に
町の若者と商人・トマスがいさかいを起こします。

その夜、行方不明となったトマスが
水死体で発見されるという最悪の展開。

新修道院長・ラドルファスに
事件解明を頼まれたカドフィールは、
難事件に頭を抱えます。

「魂を射る矢はない。
しかしそれを癒す軟膏はあるかもしれない」

カドフィールの言葉が胸に泌みます。

2017051303

中世の推理小説『聖ペテロ祭殺人事件』
登場人物、修道士カドフィールから命名された
香りが濃厚なバラです。

その推理小説の舞台となる地域に
イングリッシュ・ローズのナーセリーが
あるそうです。

イギリス 1990 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

花がら摘み 花がら摘み 花がら摘み

2017年5月14日 (日)

セプタード・アイル

2017051402_2

西側の曲面ラティスに誘引しました。
四季咲き性が強いので
通りに面する西側にもう一株と考えています。

2017051403_2

花弁数もERの中では少ない方だから
下を向かない首の傾げ方、
風に揺れて香りを散らす感じが
通る人を楽しませてくれると思うからです。

イギリス 1997 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2013.10.19 どんな季節もどんな時刻も美しく

2017年5月13日 (土)

エグランタイン

2017051301

バラ祭りを開催している
近場のバラ園へ行ってきました。
昨日の雨がひどくて、
開花状況を心配してましたが、
一番の見ごろを迎えており
タイミング的にはBESTでした~

2017050601

かのやバラ園のデービッドさんか
来園されており
バラの講習会も開かれました。
今年は、バラの花がら切りの実演までありました。

前回の講習会に参加していたことを
覚えていてくださったのでうれしかったです。
我が家の庭の、エグランタインの写真を
見ていただきました。

【今日の作業】

大雨のあとの花がら切り
本当は雨の降る前にやっておく、と
デービッドが仰ってましたw

【これまでの写真】

2016.5.3 去年は開花が早かったので…

つる・アイスバーグ

2017051201

赤いレンガ調の壁にレトロな外灯を設置。
それを囲むように
アイスバーグを誘引してみました。

2017051206

バラの品種ごとの特性を知ると、
テーマをもたせた見せ方ができると思いました。

イギリス 1968 Cant作出
花は8~10㎝ 半八重平咲き 香り弱

【今日の作業】

花がらを切りました
切っても切っても終わらない

【これまでの写真】

2016.5.7 アイスバーグの特性とは

2017年5月11日 (木)

ガートルード・ジェキル

2017051102

ガートルード・ジェキル(1843-1932)
ロンドン生まれの
女性園芸家で庭園デザイナー。

2017051103

ヨーロッパや合衆国に400以上の庭園を
作りました。

イギリス 1986 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き~ロゼット咲き 香り強い

【これまでの写真】

2014.4.25 3年前のジェキル

2017年5月 8日 (月)

テス・オブ・ザ・ダーバービルズ

2017050602

連休明けの職場で話題になったのが
このゴールデンウィーク中に
バーベキューをしたかどうか、です。

「家族でしたよ。」
というところが意外と多かったです。
店でいつものビールが買えなかったとか、聞くと
みんなバーベキューをしていたのかな。

2017050403

我が家も、2階ベランダに
折り畳みテーブルを広げ、
青空の下で焼き肉をして楽しみました。
連休中はどこにも行かなかったけど
家族で焼いて食べた肉のおいしいこと。

今年も赤い大輪を一気に咲かせた
テス~

イギリス 1998 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ ディープカップ咲き 香り強い

【今日の作業】

花がら切り

【これまでの写真】

2016.5.2 青い空に真っ赤なバラは輝く

【その後の写真】

2017051201_2
2017.5.12 満開~

2017年5月 7日 (日)

ジョン・クレア

2017050701

花枝がしなやかで広がるように咲きますが
まとまりのよいカップ咲きERです。

2017050604

昨年まで花弁数が少なく薄っぺらでしたが
我が家の鉢に根を広げられたのか
栄養たっぷりのしっかりした
カップ咲きの花を咲かせました。

イギリス 1994 デビッド・オースチン作出
花は7~9㎝ カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

園芸店で知り合ったAさん宅を訪問
庭のバラを中心とした園芸に感動

【これまでの写真】

2016.5.15 名前の由来となった詩人

2017年5月 5日 (金)

ブルー・フォー・ユー

2017050503_2

春のブルー・フォー・ユーは
青バラというよりやわらかな薄紫色。

2017050301

弁底は白く個性的な花色ですが、
3時のおやつにアイスクリームを食べるほど
暑い子どもの日だったので
桃色に近くなったかもw

寒冷地や半日陰の青いブルー・フォー・ユーも
見てみたいものです。

イギリス 2006 Peter J. James作出
花は7~10㎝ セミダブルカップ咲き 香り強

【今日の作業】

夏の花(ビンカ・ジニア)の植えつけ

【これまでの写真】

2015.11.23 青いブルー・フォー・ユー

より以前の記事一覧