モダン・シュラブ・ローズ

2018年8月 5日 (日)

ダム・ドゥ・シュノンソー

2018080502

なぜ、始球式で投げられたボールを
打者はからぶりするのか?

そもそもアメリカでは、大会開幕の試合で
来賓席からグランド上の選手へ
ボールを投げ渡す儀式が
「始球式」だったそうです。

日本では、試合開始直前に、
先行1番打者を立たせてからの始球式を
行います。

投げるのは来賓ですが、
打者が来賓に敬意を払い
大きく外れても「ストライク」にするため
空振りをするのが慣例となったようです。

アジア各国や、アメリカも
この方式で実施するケースが多いとか。

もちろん慣例ですので、
万一ボールが当たってしまい
ピッチャー返しにならないように
安全のため見逃すことも多いそうです。

【今日の作業】

暑さで枯れてしまうバラが続出
悲しいけど、片付けてしまいました

【これまでの写真】

2017.11.19 育てやすいバラしか…

2018年7月29日 (日)

ロイヤル・ジュビリー

2018071601

台風の進み方といえば
南から北上する途中で
東向きに曲がるのが常で、
どこで右へ向きを変えるのかとか
どのコースを通ると被害が大きいのかとか
そんなことが話題になるのですが、
台風12号は
私の頭にある台風の進み方ではないコースで
日本を東から西へ横断してしまいました。

12

何が起こるか分からない、
自然災害って怖いですね。

イギリス 2012 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ ディープカップ咲き 香り強

【今日の作業】

寄せ植えの花苗入れ替え
ビンカの寄せ植え3鉢
久しぶりの雨で、
水遣りの手間はずいぶん軽減

【これまでの写真】

2018.5.6 衣替えの季節に満開

2018年7月28日 (土)

ジ・エンシェント・マリナー

2018072601

夏の老水夫(エンシェント・マリナー)は、
花弁数も春の半分、
ふわっと花を咲かせていました。

老水夫の歌(The Rime of the Ancient Mariner)は
ロマン派文学の傑作と言われていますが
幻想的で特異な倫理観がありますので
よく分かりません。

粗筋だけをなぞった動画がありましたので
ご紹介します。

イギリス 2015 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2018.5.19 花弁数の多い春のマリナー

2018年7月21日 (土)

マドモアゼル

2018071602

各地で小学生の夏休みが始まりました。
教室にエアコンを設置していない自治体は
この連日の猛暑に、住民に叩かれていますが
子どもの健康や安全のため
夏休みを2週間ほど前倒しにすれば
いいと思います。

でも、小学生のいる家庭はかえって困るかも。
家にいてもエアコンの効いた部屋で
ゲームやスマホをいじって
遊んでばかりでしょうから。
勉強の遅れた分をどうするんだと
逆にクレームが増えるかもしれません。

バラには夏休みがありません。
せめて水をやってつぼみを落として
暑い中にも休息を与えてやりましょう。

フランス 2012 デルバール作出
花は4㎝ 半八重咲き 香り弱

【これまでの写真】

2018.5.17 さり気なさが素敵な春の花

2018年7月 1日 (日)

ジェネラシオン・ジャルダン

2018070101

7月、暑い!
バラも悲鳴をあげているようです。
そこにゴマダラカミキリが飛んできました。
泣き面にカミキリ虫です。
即、捕殺。

【今日の作業】

ビンカを鉢植えに
這性のビンカは鉢を吊るしてみました

【これまでの写真】

2018.5.20 一番花

2018年6月30日 (土)

レイモン・ブラン

2018063001

お茶の間シェフ、レイモン・ブランが手掛けた
ミシュラン2つ星レストラン&ホテル
「ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン」へ
ようこそ。

レイモン・ブランの料理は、
「創意溢れる天才のマジック」と称されています。
自家菜園で栽培した、新鮮で極上の食材が
ふんだんに用いられています。

フランス 2011 デルバール作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

バラはこの時期花を咲かせない方がよい
だからつぼみを摘んでいます

【これまでの写真】

2017.6.11 ベランダで焼き肉を

2018年6月21日 (木)

アンブリッジ・ローズ

2018061701

梅雨の合間の晴れた日は
植物たちが背比べするように
枝を上へと伸ばしています。

イギリス 1990 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.11.1 冷たい風で花色も

2018年6月18日 (月)

セプタード・アイル

2018061702

コロンとした1番花とはちがって
ふわっと軽い感じの夏花を咲かせています。

2018061604

花弁数も少ないので
中央の黄色く輝くしべも美しいこの時期のアイル。

もう10年以上前になりますが、
高槻市立五領小学校に、長期派遣で
仕事をしたことがあります。

今朝の地震で被害に遭われた多くの皆さんに
心よりお見舞い申し上げます。
いち早い復旧をお祈り申し上げます。

イギリス 1997 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2018.5.15 春のコロンとした花

2018年6月13日 (水)

フレグラント・オールド・パープル

2018061101

花をたくさんつけた1番花と比べると
寂しい光景ですが
一つ一つの花はちゃんとロゼット咲きしており
梅雨の時期に花を咲かせるだけでも
感謝しなければいけません。

オランダ 2000 verschuren作出
花は10~12㎝ カップ咲き~ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

ゴマダラカミキリを発見っ、捕殺!

【これまでの写真】

2018.4.29 真打登場

2018年6月12日 (火)

クロード・モネ

2018061001

2番花か3番花ですが
花弁数が多く、絞りもくっきりと表れました。

一方で、虫や湿度がバラを蝕んでいます。
1年で最も見たくない姿を見なければいけない。

バラにとっては梅雨っていやな季節です。

フランス 2012 デルバール作出
花は7~9㎝ ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.8.3 風の強いときも

より以前の記事一覧