デビッド・オースチン

2017年5月15日 (月)

ブラザー・カドフィール

2017051302

シュロップシャー州シュルーズベリの人々が
楽しみにしている聖ペテロ祭。
ところが祭りの前日に
町の若者と商人・トマスがいさかいを起こします。

その夜、行方不明となったトマスが
水死体で発見されるという最悪の展開。

新修道院長・ラドルファスに
事件解明を頼まれたカドフィールは、
難事件に頭を抱えます。

「魂を射る矢はない。
しかしそれを癒す軟膏はあるかもしれない」

カドフィールの言葉が胸に泌みます。

2017051303

中世の推理小説『聖ペテロ祭殺人事件』
登場人物、修道士カドフィールから命名された
香りが濃厚なバラです。

その推理小説の舞台となる地域に
イングリッシュ・ローズのナーセリーが
あるそうです。

イギリス 1990 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

花がら摘み 花がら摘み 花がら摘み

2017年5月14日 (日)

セプタード・アイル

2017051402_2

西側の曲面ラティスに誘引しました。
四季咲き性が強いので
通りに面する西側にもう一株と考えています。

2017051403_2

花弁数もERの中では少ない方だから
下を向かない首の傾げ方、
風に揺れて香りを散らす感じが
通る人を楽しませてくれると思うからです。

イギリス 1997 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2013.10.19 どんな季節もどんな時刻も美しく

2017年5月13日 (土)

エグランタイン

2017051301

バラ祭りを開催している
近場のバラ園へ行ってきました。
昨日の雨がひどくて、
開花状況を心配してましたが、
一番の見ごろを迎えており
タイミング的にはBESTでした~

2017050601

かのやバラ園のデービッドさんか
来園されており
バラの講習会も開かれました。
今年は、バラの花がら切りの実演までありました。

前回の講習会に参加していたことを
覚えていてくださったのでうれしかったです。
我が家の庭の、エグランタインの写真を
見ていただきました。

【今日の作業】

大雨のあとの花がら切り
本当は雨の降る前にやっておく、と
デービッドが仰ってましたw

【これまでの写真】

2016.5.3 去年は開花が早かったので…

2017年5月11日 (木)

ガートルード・ジェキル

2017051102

ガートルード・ジェキル(1843-1932)
ロンドン生まれの
女性園芸家で庭園デザイナー。

2017051103

ヨーロッパや合衆国に400以上の庭園を
作りました。

イギリス 1986 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き~ロゼット咲き 香り強い

【これまでの写真】

2014.4.25 3年前のジェキル

2017年5月 8日 (月)

テス・オブ・ザ・ダーバービルズ

2017050602

連休明けの職場で話題になったのが
このゴールデンウィーク中に
バーベキューをしたかどうか、です。

「家族でしたよ。」
というところが意外と多かったです。
店でいつものビールが買えなかったとか、聞くと
みんなバーベキューをしていたのかな。

2017050403

我が家も、2階ベランダに
折り畳みテーブルを広げ、
青空の下で焼き肉をして楽しみました。
連休中はどこにも行かなかったけど
家族で焼いて食べた肉のおいしいこと。

今年も赤い大輪を一気に咲かせた
テス~

イギリス 1998 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ ディープカップ咲き 香り強い

【今日の作業】

花がら切り

【これまでの写真】

2016.5.2 青い空に真っ赤なバラは輝く

【その後の写真】

2017051201_2
2017.5.12 満開~

2017年5月 7日 (日)

ジョン・クレア

2017050701

花枝がしなやかで広がるように咲きますが
まとまりのよいカップ咲きERです。

2017050604

昨年まで花弁数が少なく薄っぺらでしたが
我が家の鉢に根を広げられたのか
栄養たっぷりのしっかりした
カップ咲きの花を咲かせました。

イギリス 1994 デビッド・オースチン作出
花は7~9㎝ カップ咲き 香り弱

【今日の作業】

園芸店で知り合ったAさん宅を訪問
庭のバラを中心とした園芸に感動

【これまでの写真】

2016.5.15 名前の由来となった詩人

2017年5月 5日 (金)

ゴールデン・セレブレーション

2017050501

イングリッシュ・ローズの黄バラの代表格、
金婚式(Golden Celebration)も咲きました。

2017050503

各地のバラ園も
ゴールデンウィーク中は多くの人で
賑わっていると思います。

どこも行ってない人へ、
イギリスのDavid Austin Rose Gardensへ
ご案内します~

イギリス 1992 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強い

【これまでの写真】

2015.4.29 玄関アーチに誘引していました

2017年5月 2日 (火)

オリビア・ローズ・オースチン

2017050203

これも、
陽当たりのよいウッドデッキから
半日陰の南側ラティスへと
移動したバラです。

2017043004

やや小ぶりながらも
整ったロゼットの花をたくさん咲かせています。
移動成功、というより
ER最強のバラだからこそできたこと?

明日からゴールデンウィーク。
バラ三昧の
汗と紫外線にまみれ、
草取りと殺虫に追われる日々の始まりですw

イギリス 2014 デビッド・オースチン作出
花は10~12㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

曇り、水を欲しがっているバラだけに散水

【これまでの写真】

2016.4.29 ウッドデッキのラティスにいたころ

2017年4月25日 (火)

ウィンチェスター・キャシードラル

2017042202

中心にボタン・アイをのぞかせる
ウィンチェスター・キャシードラルです。

春以降も次々と花を咲かせる優れもの。
つるバラのように誘引していますが、
枝が充実していて安心です。

イギリス 1988 デビッド・オースチン作出
花は8~10㎝ カップ→ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

今日も水遣り

【これまでの写真】

2016.10.7 秋はしべが見えていました

【その後の写真】

2017042901_3
2017.4.29 隣のつぼみも咲きそろいました

2017年4月24日 (月)

ザ・レディ・オブ・ザ・レイク

2017042202

ナニワイバラの陰に隠れて
こっそり開花していたバラです。

西側のグリーンカーテンから
玄関前アーチベンチへ移動。

どうすれば花数が増えるか、
いろいろ試しています。

イギリス 2014 デビッド・オースチン作出 
花は5~7㎝ 半八重咲き 香り中

【今日の作業】

昼間温かく水遣りは欠かせません

【これまでの写真】

2016.7.3 湖の乙女

【その後の写真】

2017050301
2017.5.3 失敗例、混ぜて誘引すると埋もれる

より以前の記事一覧