フランス

2017年5月26日 (金)

ビアンヴニュ

2017052401

玄関前のメインのオベリスクに
誘引してみました。

2017052305

こちらは深めに剪定した株。
花が上向きです。

2017052303

どちらもいい感じで咲いています。
つるのように伸ばしても
HTのように切り詰めても
素敵な花を咲かせるバラです。

フランス 2010 デルバール作出
花は12~14㎝ フリル咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.5.25 ビアンヴニュの意味

2017年5月25日 (木)

ジェネラシオン・ジャルダン

2017052402

一度にたくさんというわけではないのですが、
コンスタントに一年中花を咲かせる
四季咲き性の強いフレンチローズです。

2017052404

ふうわりとした花形も自然で飽きが来ず、
我が家で長く育てたいバラの一つです。
大事にします。

フランス 2009 デルバール作出
花は12~15㎝ 丸弁盃状咲き 香り中

【これまでの写真】

2016.10.6 太宰治「庭」より

2017年5月24日 (水)

ロイヤル ボニカ

2017052002

メイアン社には
世界殿堂入りした「ボニカ'82」という
修景バラがあるのですが、
ボニカ'82の枝変わりで1992年作出です。

花色がやや濃いようですが、
つるが伸びて修景バラとして扱う点で
「ボニカ'82」同様、育てやすいバラです。

フランス 1992 メイアン作出
花は4~5㎝ 半剣弁高芯咲き 香り弱

【今日の作業】

グリーンアイス(ミニバラ)が見ごろ
4鉢を玄関アーチへ移動

2017年5月21日 (日)

アレキサンダー・ジロール

2017052103

オベリスクに誘引するバラの花数が
もしも少なかったら、と
保険をかけるような気持ちで
オベリスクに巻いていたら、
はい、主役になってしまいましたw

2017052102

捨てたものじゃないですね、オールドローズ。

フランス 1907 Barbier Frères & Compagnie作出
花は6~8㎝ ボンボン咲き 香り弱


【今日の作業】

花がら切り
水遣り(連日真夏日~)

【これまでの写真】

2016.5.19 勢いづいたラティスのジロール

ギー・サヴォア

2017052006

今日は、市内の多くの中学校で
体育祭が行われています。

朝、6時に四方八方から爆竹が上がり
お天気が良くてよかったね、と思いました。

2017052004

ただ、日中は30度を超す真夏日、
熱中症も用心しなければいけないので
お天気が良すぎるのも考えものですね。

あいかわらず、お日様に向かって
背を伸ばしてくるギー・サヴォア。
上向きに花を咲かせるので
脚立に上って写真を撮りましたw

フランス 2001 デルバール作出
花は10~15㎝ 半八重咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.6.28 去年はもっと下に花を付けていた

2017年5月20日 (土)

ニュードーンレッド

2017052002

新苗から育てて3年、
ようやく出窓の高さまで
花をつけるようになりました。

日差しを遮るには
まだまだ成長してもらわないといけません。

2017052005

ご存じのとおり、
殿堂入りしたニュー・ドーンの枝替わりですが、
他にも
白花のホワイト・ニュードーン、
ロゼット咲きのアウェイニングがありますが
いずれも性質は
ニュードーン(剣弁・ピンク)と同じです。

フランス 1956年 M. Robichon作出
花は6~8㎝ 半剣弁高芯咲き 香り中

【今日の仕事】

花がら切り
液肥

【これまでの写真】

2015.12.20 バックヤードで養生中

2017年5月19日 (金)

ロジャーランベリン

2017051702

目立たないところで
地味に育っていますw

2017050702

一つ一つの花は、
独特でとても目立っているのに~

フランス 1890 Marie-Louise Schwartz作出
花は5~7㎝ フリル咲き 香り弱

【今日の作業】

園芸店にお願いして本格的な薬剤散布

【これまでの写真】

2014.5.10 3年前

2017年5月18日 (木)

モニーク・ブイグ

2017051704

写真が斜めで見難くてすみません。

2017051304

駐車場の自動車の横で
今年もたくさんの花を咲かせました。

名前の由来は人名ということですが
いったい誰なのか分かりません。

知っている人、教えてくださいw

フランス 2010 ギヨー作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り中

【今日の作業】

ナメクジの駆除

【これまでの写真】

2015.11.22 秋も花つきのよい四季咲き性○

2017年5月14日 (日)

ソニア・リキエル

2017051402

妻のお気に入りのバラです。
今年は玄関ドア前に鉢を移動しました。

ここは、
早咲きのウィンチェスター・キャシードラル
先に開花しますが、
白からピンクへと変化も見せ場です。

2017051403

鉢植えは生育がゆっくりで
花数も少ないのですが
移動して試すことができるということが強みです。

フランス 1995 ギヨー作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

花がら切り
液肥を薄めて、水遣り

【これまでの写真】

2016.12.23 じれったい

2017年5月 6日 (土)

ミステリューズ

2017050501_2

バラを始めたころは
「青い花色」を求めては買い集めましたが
上手に育てることができませんでした。

聞いた話によると
青色のバラは水を吸い上げる力が弱く
上級者向けだとか。

2017050503_2

「ブルー なんたら」とかいう名前ではありませんが
よっぽど青い色が出ると思うバラですw

香りも良く病気にも強く、
おそらく水もよく上げるのでしょう、
我が家でも元気に育ってくれていますw

フランス 2013 ドリュ作出
花は6~8㎝ 半八重~カップ咲き 香り強

【今日の作業】

コガネムシトラップをつくり
2基を設置しました

【これまでの写真】

2016.6.3 ミステリアスな冒険小説

【その後の写真】

2017051102_2
2017.5.11 さらにミステリアスな花色に…

より以前の記事一覧