デルバール

2017年4月27日 (木)

リパブリック・ドゥ・モンマルトル

2017042701

獅子咲きのツバキの花に負けないぐらい
重厚な花を咲かせたモンマルトル。

今は1輪だけですが
つぼみをどっとあげてきていますので
後が楽しみです~

もうすぐ5月、
害虫対策をしなければ…

フランス 2012 デルバール作出
花は8~12㎝ ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.11.13 ジュテームの壁

2017年1月22日 (日)

カスク・ドール

Dsc03966

バラを育てる人にとって、
1年の中で一番大変なのが1月です。

5月に美しい花を咲かせるために
しなければならないことがたくさんあります。

しかも外は寒い。
寒風が吹こうが、雪が積もろうが
しなければならないことはしなければ…
今日も過酷な一日となりましたw

フランス 1979 デルバール作出
花は10~12㎝ 丸弁カップ咲き(秋) 香り無

【今日の作業】

アーチへの誘引
植え替え(土替え、鉢増しなど)
植え替えができなかった分は
寒肥を施す

【これまでの写真】

2016.7.2 名前の由来(おそらく)

【その後の写真】

2017020401_2
2017.2.4 2週間たちますが、まだ咲いています

2016年12月30日 (金)

アルテシモ

2016122902

今年も、2階に達しそうな勢いです。

2016122903_2

シーズン中も咲いていたのですが
あんまり好きな花形じゃないので、
ついつい写真を撮りそびれていましたが、
冬になると、もう他のバラたちが
休眠に入るので、残っているこのバラの
写真をとることになりましたw

フランス 1966 デルバール作出
花は8~10㎝ 平咲き(一重咲き) 香り無

【今日の作業】

つるバラの誘引

【これまでの写真】

2015.11.1 お日様に一番近いバラ

2016年12月18日 (日)

ストロベリー・アイス

2016121701

今年はポツリポツリとしか咲きませんでした。
用土替えをして、日当たりのいい場所で
養生したいと思います。

2016121703

寒い朝が2日連続で続きましたが
明朝はそれほどでもないようです。

【今日の作業】

植え替え(用土替え)
鉢の移動

【これまでの写真】

2015.8.19 このバラを人に例えるなら

2016年12月10日 (土)

フランス・アンフォ

2016121002

空気が冷たくなって
やっとアンフォらしい黄色がでました。

天気が良かったので、青空のもと
洗濯もいっぱいできました。

フランス 1987年 デルバール作出
花は10~12㎝ 高芯丸弁咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.8.19 夏のアンフォ

2016年11月30日 (水)

ローズ・ポンパドゥール

2016111602

ポンパドゥール侯爵夫人こと
ジャンヌ=アントワネット・ポワソンは
ルイ15世の愛人です。愛人と言っても
「公妾」と言って、公認の愛人でした。

その立場を利用してフランス政府に干渉、
フランスの政治を牛耳った影の実力者です。
湯水のごとく金を使って権勢を振るいます。
彼女の残した名言は「私の時代が来た。」
情けないのはルイ15世。

フランス 2009 デルバール作出
花は10~12㎝ カップ咲き→ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.4.27 大野耕生さんイチオシのバラ

【その後の写真】

2016121701
2016.12.19 ダブルセンターも珍しくない

2016年11月26日 (土)

モーリス・ユトリロ

2016112604

ユトリロの母親も画家でした。
それに加え、モデルとしての才能も発揮、
当時の巨匠らが彼女を描いたそうです。

彼女が18歳の時に産んだのがユトリロです。
初めはリハビリとして絵を描き始めましたが、
才能は母親譲りでした。

2016112602

母親が持ってきた絵葉書の風景を描き、
母親はユトリロの絵画を売却、
巨額の富を得ていたそうです。

そんな人生を送ったユトリロでした。

フランス 2003 デルバール作出
花は11~13㎝ 高芯丸弁咲き 香り普通

【これまでの写真】

2016.6.19 ひとりぼっちのユトリロ

【その後の写真】

2016120302
2016.12.4 冷たい風にも負けません

2016年11月25日 (金)

ダム・ドゥ・シュノンソー

2016112302_2

ロワール川の支流、シェール川に架かる
優美な古城「シュノンソー城」。
アーチ型の橋の上にその一つが建っていて、
その水面に映り込む美しさは絶品です。

フランスにあるその古城は、
歴代の城主として歴史に名を残した主人公たちが
みんな女性だったため
「6人の女の城」と呼ばれる世界遺産です。

フランス 2002 デルバール作出 
花は8~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

寒くなったので
寒さに弱い植物を部屋に入れています
・マンデビラ

【これまでの写真】

2015.9.19 2つの株

2016年11月13日 (日)

リパブリック・ドゥ・モンマルトル

2016111302

フランス、パリの下町モンマルトルの
町中にあるモニュメントが
「ジュテームの壁」です。

青地に白い文字で、「愛してる」と
世界各国の言葉で書かれているのです。

フランス 2012 デルバール作出
花は8~12㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

植え替えと鉢の移動

【これまでの写真】

2016.6.18 6月の房咲きの様子

【その後の写真】

2017.4.27 一輪だけですが…

2016年11月 6日 (日)

ナエマ

2016110504

背の高くなってしまったナエマの株を
どうしようか考えています。

植え替えのタイミングでかなり強めに切り戻し、
一回りコンパクトにする【第1案】

太い枝を強引に曲げアーチに誘引して、
花の咲く位置を下げる【第2案】

太い枝を1本残し、人の背の高さほどの
スタンダードに仕立てる【第3案】

接ぎ木の技術がないので
第3案は危険なのですが、
強めの切り戻しや強引な誘引もちょっと怖いです。

でも、季節は待ってくれません。
この花が全て咲き終わったら
作業開始です。

フランス 1998 デルバール作出
花は10~13㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.5.16 段カットしたもののあまりにも背が高く

より以前の記事一覧