日本

2018年5月14日 (月)

プリンセス・ピーチ

2018050501

今年もきれいに咲きました。
剪定時期と方法にも自信がついてきました。

2018050502

四季咲きのモダンローズのように
ただ切ればいいってものではありません。

愛を込めた分だけ
パフォーマンスで返してくれるバラたち。
今年もありがとう。

日本 作出年・作出不明
花は2~3㎝ ぽんぽん咲き 香り弱

【これまでの写真】

2017.5.24 庭の様子

2018年5月13日 (日)

プリンセス・スノー

2018050501

今年も西側ラティス下に
垂れるように咲かせてみました。

2018050502

東側にも修景バラを伸ばして
出窓の遮光にと思い
「雪あかり」というコマツガーデン作出のバラを
2株買ってきました。

プリンセス・スノーと違って葉が細長く、
白モッコウ(八重)の葉に似ています。
でも花はポンポン咲きです。

日本 作出年・作出不明
花は2~3㎝ ぽんぽん咲き 香り弱

【今日の作業】

クレマチス2株購入

【これまでの写真】

2017.8.2 返り咲きしていました

2018年5月11日 (金)

シェエラザード

2018050505

連休中にどこも行っていないので
週末はバラ園に行こうと考えています。

2018050303

日本 2013 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

水遣り

【これまでの写真】

2017.10.28 ああ働き方改革

2018年5月10日 (木)

伽羅奢

2018051201

細川ガラシャの物語

ガラシャ(Gratia、ラテン語で恩寵・神の恵みの意)

2018050504

日本 1995 河合伸二作出
花は5~7㎝ 半八重咲き 香り弱

【これまでの写真】

2017.4.1 ようやくの春

2018年5月 9日 (水)

オデュッセイア

2018050504

アーチの上の方に、
並んで花を咲かせていました。
カーポートのおかげで
雨に打たれず花もちのよくなる場所です。

2018050301

複雑に波打った真紅の花びらの折り重なりが
オデュッセイアの魅力です。

日本 2014 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.6.25 丸弁カップ咲きの2番花

2018年5月 1日 (火)

セラフィム

2018042901

手前の白いバラがセラフィムです。
絞りのバラはカミーユ・ピサロ、これもきれいです。

2018042903

一番外側の花弁の端にピンクがのりますが、
この後内側の花弁も順番に
ピンクがのっていきます。

肥料食いなのに
肥料のやりすぎにもに弱い河本バラ。
肥料のバランスには特に気を遣います。

日本 2013 河本バラ園作出
花は8~10㎝ 平咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.10.4 一番外側の花弁に

2018年4月17日 (火)

ラ・マリエ

2018041501

阿蘇から「高菜漬」を送ってもらい、
今日の夕食で食べました。

これがご飯によく合うのです。
メーンディッシュは餃子だったのですが、
高菜漬だけでどれだけでもご飯がいけました。

ラ・マリエは、我が家の厳しい環境下でも
上品でかわいい花を咲かせてくれます。

日本 2008 河本バラ園作出
花は9~10㎝ 波状フリル咲き 香り中

【これまでの写真】

2017.12.23 ソフトな色合いのラ・マリエ

【その後の写真】

2018042202
2018.4.22 次々と花を咲かせています

2018年2月18日 (日)

いろは

2018021802

一年で一番寒い時期に咲かせたからか
色がすっかり抜けっちゃっています。

色って人の心を動かす力があります。
暖かさや寒さ、強さや弱さ、賑やかさや静かさなど
いろいろな感じ方を伝えてくれるのです。

色がなくても
花を咲かせているだけで大したものです。
だって冬ですもの。

日本 2010 京成バラ園芸作出
花は7~9㎝ 高芯丸弁咲き 香り弱い

【今日の作業】

誘引、剪定

2017.6.1 挿し芽から増やす

2017年12月23日 (土)

ラ・マリエ

2017121701

エレガントな花を咲かせました。
枝が細く、下向きに咲くのがもったいない。

庭の寄せ植えも、
寒さに強い花にシフトしました。

インフルエンザが流行り始めています。
マスク着用と、石鹸を使った手洗いで
感染を予防します~

日本 2008 河本バラ園作出
花は9~10㎝ 波状フリル咲き 香り中

【今日の作業】

バラの鉢増し

【これまでの写真】

2017.10.7 ハーブの挿し木

【その後の写真】

2018.4.17 鮮やかなピンクのラ・マリエ

2017年11月23日 (木)

真宙

2017112301

上空に氷点下6度の寒気が流れ込むとかで、
いつもは優雅なカップ咲きを見せる真宙(まそら)も
縮こまって丸まっているようです。

真宙のいいところは、香りです。
国営越後丘陵公園国際で金賞を受賞する
折り紙つきのフルーツ香。

どちらかといえばオレンジの果皮のような香り。
爽やかな香りには癒されます。

日本 2009 吉池貞藏 作出
花は6~9㎝ カップ咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.9.13 台風接近中

より以前の記事一覧