アメリカ

2018年8月11日 (土)

ブラッシュ・ノアゼット

2018081102

暑さをものともせず
花を咲かせるバーベナの下で
こんな時期に房咲きという芸当を見せる
オールドローズがこれです。

2018081104

ブラッシュノアゼット。
一度大きくすると重宝するよ~
と言われた通り、年がら年中
花を咲かせています。

アメリカ 1814年 Philippe Noisette 作出
花は3~5㎝ オープンカップ咲き 香り中

【これまでの写真】

2017.10.29 寒くなるとつぼみのまま終わることも

2018年8月 9日 (木)

レッドカスケード

2018080902

立秋とはいえ、殺人的な暑さが続きます。
この暑さに慣れてきたのか、
四季咲きのバラたちが
花を咲かせ始めました。

秋はまだ先と思います。
そんなに頑張らなくても…

アメリカ 1976 Ralph S. Moore 作出
花は2~3㎝ 八重咲き 香り弱

【これまでの写真】

2017.5.23 バラの季節のレッドカスケード

2018年6月25日 (月)

ラブ

2018062401

アメリカのジャズ・ピアニスト、
ナット・キング・コールの「L-O-V-E」を
お届けします。

どこかで聞いたことがある?
それはコレでしょう。

ラブはアメリカで作出されたバラです~

アメリカ 1980 ジャクソン&パーキンス作出
花は8~10㎝ 半剣弁高芯咲き 香り弱い

【これまでの写真】

2016.9.20 目立たないが長続きする我が家の…

2018年6月16日 (土)

グリーン・アイス

2018061602

いつもは脇役のグリーンアイス。
我が家ではハンギングにして
あちこちの主役のバラの引き立て役を
がんばってもらっています。

2018061603

主役のバラたちも2番花が散って
一休みのこの時期に
満開で花を咲かせる強いバラです。

アメリカ 1971 Ralph S. Moore作出
花は3~4㎝ 丸弁八重咲き 香り弱

【今日の作業】

一重モッコウの枝透き
大きく育っていて大変でした

【これまでの写真】

2014.5.16 母親は原種系

2018年5月 4日 (金)

アレキサンダー・ジロール

2018050301

どこまでも伸ばせる性質を生かして
今年は西側の腰窓の前のトレリスや
駐車場の屋根下にも誘引してみました。

2018050305

どんな場所でもたくさんの花をつけるので
びっくりです。

フランス 1907 Barbier Frères & Compagnie作出
花は6~8㎝ ボンボン咲き 香り弱

【今日の作業】

寄せ植えの整理、
あいたところに白いバーベナやジニアを植える

【これまでの写真】

2017.5.21 オベリスクを占領

2018年4月28日 (土)

ホワイト・グローテンドルスト

2018042801

温かい一日でした。
ウッドデッキのバラが
一気に花を付け始めました。

2018042202

花弁のギザギザが
カーネーションの花にも似ている
面白いオールド・ローズです。

アメリカ 1962 Paul Eddy 作出
花は4~6㎝ カーネーション咲き 香り弱

【今日の作業】

白モッコウの花後の剪定
明るくなりました

【これまでの写真】

2017.6.10 グーテンドルストと書く人もいるが

【その後の写真】

2018050302
2018.5.4 今年も「染め分け」の花が咲きました

2018年4月21日 (土)

サニー・ジェーン

2018042102

最高気温が30度近くまで上がるそうですが、
まぶしいお日様のような大輪が咲きました。

花色も花の大きさも言うことなし。
寒肥の与え方がよかったのかな。

アメリカ 1952 Lammerts.W. 作出
花は8~10㎝ 一重咲き 香り中

【今日の作業】

一番花が終わったバラの花がら摘み
中耕と施肥(お礼肥)
それが分かるように虫よけネットを株元に…

【これまでの写真】

2015.4.22 チューリップ?

2017年10月29日 (日)

ブラッシュ・ノアゼット

2017102802

四季咲き性が強く、
秋にも山ほどつぼみを付けるのですが
冷たい風に当たると
花を咲かせないまま蕾が落ちることも。

2017102201

今秋は、花を咲かせています~
うれしいです。

アメリカ 1814年 Philippe Noisette 作出
花は3~5㎝ オープンカップ咲き 香り中

【これまでの写真】

2016.6.17 春のロゼットに迫る花弁数

【その後の写真】

2018.8.11 真夏だって房咲き

2017年7月 2日 (日)

ディズニーランド・ローズ

2017062401

映画、パイレーツ・オブ・カリビアンの第5弾、
「最後の海賊」を観ました。

アトラクション的な映像でわくわくさせられ、
主人公のジャック・スパロウに笑わされ、
最後は感動のシーンで終わりました。

原題では副題が
DEAD MEN TELL NO TALES
「死人に口無し」という意味でしょうか。
邦題では 「最後の海賊」となっており
もしかしたらこれで終わるのかと思っていたら
スタッフロールあとに
恒例のオマケ映像あり。

まだまだ続きそうですね。

アメリカ 2003 J&P作出
花は6~8㎝ 半剣弁咲き 香り弱

【今日の作業】

不要枝の枝透きをしました
暑かった~

【これまでの写真】

2017.5.20 どうして白いバラを…

2017年6月10日 (土)

ホワイト・グローテンドルスト

2017061002

ピンク・グルーテン ドルストの枝変わりです。
グルーテン ドルストとは、
ピンク・グルーテン ドルストの作出者の名前。
オランダ人です。

2017061003

で、白花のホワイト・グローテンドルストは
Grootendorstを、グ『ロ』ーテンドルストと書く。
作出者はPaul Eddyでアメリカ人。

バラの「枝変わり」が国をまたがることから
バラは「品種」として世界に広がり
世界中で愛されていることが分かります。

アメリカ 1962 Paul Eddy 作出
花は4~6㎝ カーネーション咲き 香り弱

【これまでの写真】

2014.5.3 ピンクの前は赤

【その後の写真】

2018.4.28 半袖で過ごした4月