つる性

2017年6月 7日 (水)

アンジェラ

2017060602

ちゃんとした雨が久しぶりに降りました。
雨を喜ぶのがカエルにナメクジ。

ナメクジを寄せないように
コーヒー豆を下部元に撒いています。

2017060603

ドイツ 1984 コルデス作出
花は6~8㎝ 丸弁カップ咲き 香り弱

【これまでの写真】

2016.7.24 アンジェラって誰のこと?

2017年5月30日 (火)

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー

2017052002

一重のモッコウの中に
ヒマラヤンを誘引してみました。
モッコウは開花こそ早いのですが
すぐに終わるので
開花の時差を楽しんでいます。

阿蘇のバラ園「花阿蘇美」に行きました。
外もドーム内も一番の見ごろを
迎えていました。
行ってよかったです。

イギリス 1916 ポール作出
花は4~5㎝ 半八重カップ咲き→ロゼット咲き 香り中

【これまでの写真】

2015.5.3 雨に打たれ弱いので…

2017年5月29日 (月)

キュー・ランブラー

2017052902

昨年よく咲いたので西側道路に移動しました。
枝数も増え花数が倍増しました。

一季咲きですが野生種に近く
秋のローズヒップも楽しめます
花もかわいいので、ここで育てようと思います。

イギリス 1912 作出者不明
花は3~5㎝ 平咲き 香り弱

【今日の作業】

花がら切り
水遣り

【これまでの写真】

2016.5.22 動画あり

2017年5月24日 (水)

プリンセス・ピーチ

Dsc04773k01

今年は、ラティスのバラ
 ・セプタード アイル
 ・エグランタイン
 ・ブラッシュ ノアゼット
 ・アレキサンダー ジロール
らと同時期に開花したため
いい感じに演出できました~

2017052105

白花のプリンセス・スノーや
赤花のレッドカスケードとのハーモニーが
道行く人の関心を惹きつけています。

うれしい限りです。

日本 作出年・作出不明
花は2~3㎝ ぽんぽん咲き 香り弱

【これまでの写真】

2016.7.23 返り咲きしますが…ポツリポツリと

2017年5月23日 (火)

レッドカスケード

2017052103

写真の中の赤くて小さい花。
小さくても一つ一つが立派な花形をしています。

2017052102

育つと、赤い花の集合体が
まるで流れる滝の水のようにみえるところから
この名前が付けられました。

鉢植えなので、まだまだ「まばら」です。
だから、ほかのバラとの組み合わせで
見せる工夫をしています。

アメリカ 1976 Ralph S. Moore 作出
花は2~3㎝ 八重咲き 香り弱

【今日の作業】

花がら切り

【これまでの写真】

2016.9.11 四季咲き性もなかなかのもの

2017年5月21日 (日)

アレキサンダー・ジロール

2017052103

オベリスクに誘引するバラの花数が
もしも少なかったら、と
保険をかけるような気持ちで
オベリスクに巻いていたら、
はい、主役になってしまいましたw

2017052102

捨てたものじゃないですね、オールドローズ。

フランス 1907 Barbier Frères & Compagnie作出
花は6~8㎝ ボンボン咲き 香り弱


【今日の作業】

花がら切り
水遣り(連日真夏日~)

【これまでの写真】

2016.5.19 勢いづいたラティスのジロール

2017年5月20日 (土)

ニュードーンレッド

2017052002

新苗から育てて3年、
ようやく出窓の高さまで
花をつけるようになりました。

日差しを遮るには
まだまだ成長してもらわないといけません。

2017052005

ご存じのとおり、
殿堂入りしたニュー・ドーンの枝替わりですが、
他にも
白花のホワイト・ニュードーン、
ロゼット咲きのアウェイニングがありますが
いずれも性質は
ニュードーン(剣弁・ピンク)と同じです。

フランス 1956年 M. Robichon作出
花は6~8㎝ 半剣弁高芯咲き 香り中

【今日の仕事】

花がら切り
液肥

【これまでの写真】

2015.12.20 バックヤードで養生中

2017年5月19日 (金)

ロジャーランベリン

2017051702

目立たないところで
地味に育っていますw

2017050702

一つ一つの花は、
独特でとても目立っているのに~

フランス 1890 Marie-Louise Schwartz作出
花は5~7㎝ フリル咲き 香り弱

【今日の作業】

園芸店にお願いして本格的な薬剤散布

【これまでの写真】

2014.5.10 3年前

2017年5月17日 (水)

バレリーナ

2017051702_2

伽羅奢と同じく、
日陰にずっと置いていたため
弱々しかったのですが、
日なたで養生して元気になりました。

2017051302

伽羅奢と同じで、
花が咲いてから日陰に置くと
花もちがいいのでそうしています。
これも、鉢栽培のメリットです。

イギリス 1937年  Bentall作出
花は3~5㎝ 平咲き 香り弱

【今日の作業】

花がら切り

【これまでの写真】

2016.5.31 弱々しい~

2017年5月13日 (土)

つる・アイスバーグ

2017051201

赤いレンガ調の壁にレトロな外灯を設置。
それを囲むように
アイスバーグを誘引してみました。

2017051206

バラの品種ごとの特性を知ると、
テーマをもたせた見せ方ができると思いました。

イギリス 1968 Cant作出
花は8~10㎝ 半八重平咲き 香り弱

【今日の作業】

花がらを切りました
切っても切っても終わらない

【これまでの写真】

2016.5.7 アイスバーグの特性とは

より以前の記事一覧