日記

2017年4月21日 (金)

カートマニージョー

毎年、バラの開花前に
純白の花を無数につけるクレマチス、
カートマニージョーが
今年も咲きました。

Dsc04219

バラの開花前の前座みたいなもの。
はい、バラの季節の到来です~

Dsc04220

クレマチスにもいろいろありますが、
切り戻しのタイミングが
いまひとつ掴めません。
でも、毎年こんなに咲いてくれて
有難いです。

【これまでの写真】

2016.4.3 カートマニージョーの育て方

2017年4月16日 (日)

春を通り越して

3月になっても気温が上がらず
桜の開花も遅れてやきもきしていましたが
桜の満開を過ぎたら
一気に気温が上がり、
昨日、今日と2日連続で夏日です~

Dsc04218

おもに葉を観賞する草花も
この暖かさにびっくりしたのか
花を一気に咲かせています。

上の写真はヒューケラの花です。
下の写真はタイムの花です。
控えめでさり気ないけど可愛い花ですw

Dsc04216

そして最後は
1年を通して斑入り葉が美しいコロニラ。
耐暑性、耐寒性にすぐれ、ほったらかしOKです。
我が家に来て3年目です。

Dsc04232

【今日の作業】

ブーゲンビレアを外に出しました
ブルーベリーも花が満開、
専用の肥料をあげました

2017年4月12日 (水)

クリスマスホーリー

多くの小学校で
昨日か今日に入学式が行われました。

熊本で、入学式の日まで
桜の花がいっぱい咲いているのは
ほんとに珍しいです。

Dsc04203

鉢植えのクリスマスホーリーが花を付けました。
水切れをおこしやすく
栽培の難易度は中級者向けなのですが
赤い実を付けるようがんばります~

【今日の作業】

雨のかからないところで育てている
鉢植えの花(おもにバラ)に
水をやる

2017年4月10日 (月)

小山内健さんのバラ講座

バラの育て方というよりも
バラを育てるときの心構えというものを
話して下さったような気がします。

Img_0539

例えば、
バラにも負荷を与えないと
太い株元に育たないこととか。

例えば、
オーガニックもいいけど、
時期を逃さない消毒が
手入れの苦労を半減させるとか。

一番ためになったのは
消毒(殺菌)の効果を確かめる目安。
薬が効いてるかどうか
そこで判断するんだ~、と思いました。

2017年4月 2日 (日)

スノーフレーク

バラの鉢を並べた花壇の中には
クレマチスや球根の花が植えてあり、
春になると急に伸びて
気付けば庭いっぱいに花を咲かせています。

Dsc04185

スイセンのような細長い葉に
スズランのような可愛らしい花を咲かせています。

スノーフレーク、別名スズランスイセンです。

基本、ほったらかしでいいのですが、
夏に葉が伸びても切らない方がいいそうです。
球根を太らせるために
光合成を最大限行わせるためです。
葉は黄色くなってから取り除きます。
葉が落ちたら休眠期に入るので
水遣りを控えます。
酸性を嫌うので、ときどき花壇に
苦土石灰を混ぜ込んでいます~

【今日の作業】

芽出し肥をバラにあげました

2017年3月27日 (月)

やっぱり春がいい

四季それぞれのよさがありますが
やっぱり春はいいです。

花が次々と咲いて
庭も花いっぱいになります。

Dsc04167

桜の開花が遅れているようですが
生暖かい風がまだ吹かないのは
咲いた花を長持ちさせるのに
いい感じです~

Dsc04165

今年、初挑戦しているのが
ラナンキュラス・ラックス。
チューリップみたいに球根が残って
毎年花を咲かせるそうです。
しかも一株に咲く花の数がはんぱない。
大きな株に育ててみたいと思います。

2017年3月26日 (日)

害虫対策

バラの害虫と言えば
ハダニやアブラムシ、イモムシなど
いろいろあるんですが、
卵を産み付けられると致命傷を負うのが
ゴマダラカミキリとコガネムシです。

Dsc04162_2

対策としてもっとも効果があるのは
捕虫して殺す、なんですが
いつもバラを見張るわけにはいけません。

Dsc04163

オレンジジュースと焼酎を混ぜた液体を
ペットボトルに入れて罠を仕掛ける
積極的な対策もありますが、
写真のように、産卵してほしくない場所に
ネットを巻きつけて、
動きにくい環境をつくるという
地味で消極的な手も打っています。

なぜかって?
産卵されたら致命傷だからですw

【今日の作業】

害虫対策で株元にネットを巻きつける

2017年3月19日 (日)

ビオラでハンギング

冬~春の庭の中心的な花は
ビオラです。

毎年ハンギングを中心に、
数十株を植えています(妻担当)。

Dsc04151

バラを誘引したラティスには
空いたところにしか掛けられないので
思うように並べられません。

Dsc04152

暖かい一日でした。
明日は「春分の日」…

【今日の作業】

剪定後、芽の出ないバラを調べる
枯れたものは処分

2017年3月11日 (土)

クリスマスローズ2017(その2)

剪定後のバラたちは、
赤い芽をパンパンに膨らませて
芽出しのタイミングを図っているようです。

クリスマスローズもほぼ開花を終え、
庭がにぎやかになりました。

Dsc04124
ダブル ピンク ピコティーべイン

Dsc04125
シングル 黒 (ミヨシ:ルーセブラック)

Dsc04128
ダブル ピンク (ミヨシ:フローレンスピンク)

Dsc04130
ダブル ピンク ピコティべイン パーティードレス

Dsc04133
ダブル ピンク バイカラー

Dsc04138
セミダブル 白 (ミヨシ:ダブルファンタジー)

最後のダブルファンタジーは
上向きに花を咲かせる
珍しい品種です。

【今日の作業】

水遣り
薬剤散布
液肥を与える

2017年3月 4日 (土)

犯人は誰だ?

プランタでイチゴを育てています。
今年は花がいっぱいついて
実が赤く熟す時季を迎えています。

お天気や気温、日当たりを考えて
屋内や庭、ウッドデッキ、駐車場と
置き場を移動させています。

昨日は駐車場に置いていたのですが
赤く熟した大きな実をもぎ取り
食べた輩がいるようです。
駐車場にはヘタの部分が残されていて
かじった跡がありました。

Dsc04097

大事に育てたイチゴの
一番大きくて赤くおいしそうな実を食った
犯人は誰だ!

【今日の作業】

冬作業が終わったので
久しぶりにゆっくりした週末でした
でも、油断すると水切れをおこします
これからは水遣りが肝心です

より以前の記事一覧