日記

2018年6月24日 (日)

ジニア

「百日草」とも呼ばれる夏の定番、
今年は白いジニアを集めてみました。

Dsc06202
8月の空の色をした大きめの青い鉢に、
3株まとめて植えています。

Dsc06205
門扉には、松葉牡丹(白花)との寄せ植えを
左右両側にハンギング。

Dsc06206
メインの寄せ植えも白いジニアを中心に
ヘリクリサムやワイヤープランツを混植。

【今日の作業】

アジサイの花がほぼ終わったので
全て枝を短くし透きました

2018年6月20日 (水)

セダム

育てて3,4年ぐらいでしょうか。

土はほんのわずか、
ハンギングで育てたセダム数種が
1年のうちで一番勢いづいています。

株分けするなら今でしょう。
でも、増やしても置く場所もないし…

Dsc06191

Dsc06193

Dsc06192

こんもり、どれもかわいいです。

2018年5月27日 (日)

恋心

2018052301

今年も、アーチに絡ませた枝に
花をたくさんつけてくれています。

2018052004

平咲きで白、花もちもいまいちですが
何十、何百と時期をずらして花を咲かせるので、
枝に花がついていないことはありません。

【これまでの写真】

2017.6.13 足元の恋心

2018年5月24日 (木)

カーペット・ローズ

品種名ではありませんが
そんな名前で売られているバラがあります。

2018052001

修景用のバラは、
地植えにするととんでもなく伸びるそうです。
怖くて鉢植えにしたままです。

【今日の作業】

水遣り

2018年5月 4日 (金)

テッセン

今年はバラの育ちがよく
いつもより花数が多く喜んでいるのですが、
負けじと花をつけているのが
クレマチスです。

Dsc05914

日陰となる場所は
どうしてもバラが花を付けません。

写真の花は「テッセン」です。
中国には自生している野生種(原種)です。

冬場に茎が枯れたように固くなるので
そう呼ばれているのでは。

Dsc05915

そんな過酷な条件でも
下から上まで立体的に花を付けるので、
狭い庭を花でいっぱいにするには
クレマチスが欠かせません。

2018年4月21日 (土)

クレマチス

今年はバラもさることながら
クレマチスもよく育っているので
写真を撮りました。

花色は白、そして八重咲き、
バラとの相性を考えると、
どうしても似たようなものを選んでしまいます。

Dsc05601

Dsc05603

Dsc05623

Dsc05627

【今日の作業】

午後からツバキの剪定

2018年3月18日 (日)

暖かい日が続いて…

バラの生育の様子が
目に見えるようになりました。
しかも、日々、変化している~♪

Dsc05458

つるバラは、等間隔に芽を出しています。
思い描く開花の様子への
ファーストステップは満点です~♪

Dsc05461

白モッコウには
あふれんばかりのつぼみが付きました。
剪定の時季や方法に誤りなしです~♪

【今日の作業】

柑橘系(レモン・キンカン)の土替え
クレマチスの誘引と施肥
オステオスペルの植えつけ

2018年3月11日 (日)

春がきました

外で作業するのも気持ちのいい気候です。

Dsc05441

イングリッシュ・デージーとブルー・デージーを
一つの鉢に一緒に植えてけます。

Dsc05443

デージーにもいろいろな大きさや花色があり
寄せ植えで、庭が楽しく明るくなります。

Dsc05444

冬の寒さを耐え抜いたビオラも
勢いづくと真価を発揮しています。

Dsc05445

かわいいマーガレットやネメシアの寄せ植え。
遅霜には弱いので、駐車場の屋根の下です。

Dsc05448

オステオスペルも八重咲きや変わり咲きがあって
バラが咲くまでの間は庭の主役となります。

【今日の作業】

バラの冬作業がやっと終わりました。
殺菌と殺虫の予防散布もできました。

2018年3月 4日 (日)

クリスマスローズ2018(その1)

店頭のクリスマスローズが、
そろそろ値引きを始めるころ、
我が家のクリスマスローズが咲き始めます。

今年は昨年花を付けなかったため
「花色・花形 不明」とタグをつけたものが
先に花を咲かせています。

黄色です、今年は黄色です!

Dsc05430
イエロー・ダブル・糸ピコティー

Dsc05435
イエロー・シングル

Dsc05438
イエロー・シングル・スポット

【今日の作業】

バラの冬の作業をやっています
3月に入ったというのに
で、終わらなかった(泣)

2018年2月24日 (土)

もうすぐ春ですね

チューリップ、と札だけ挿した
土の他は空っぽの鉢から、
にょきにょきとチューリップの芽が
顔をのぞかせていました。

Dsc05424

冬の暗い庭に、12月からずっと
色とりどりの花を咲かせていくれた3連リースは
これからも花を咲かせ続けてくれるでしょう。

Dsc05428

バックヤードの、ローダンセマムにマーガたち。
出番を待っていますw

Dsc05421

クリスマスローズは
花の咲く時季が幅広いので
きれいに咲いた順番に登場です。

【今日の作業】

東側のつるバラの誘引と剪定
やっぱり今年も間に合わなかった~

より以前の記事一覧