日記

2018年8月10日 (金)

バーベナ

バラがメインの庭なので、よく聞かれるのが
「花を咲かせない夏場は、庭に
 どんな花が咲いているのですか?」
といったお尋ねです。

はい、ハイビスカスとランタナです、
といつもなら答えていますが、
今年は
バーベナとマンデビラです。
と答えます。

Dsc06281

猛暑日にもどんどん水を吸って
今年はたくさんの花を付けました。

Dsc06280

2018年7月15日 (日)

ビンカ

花もちがいいわけではありませんが
次々とつぼみを付け
散ったかと思うと次が開花するので
「ニチニチソウ」とも呼ばれています。

Dsc06234

暑さに強いので真夏の灼熱の午後の時間も
可愛い花が絶えません。

Dsc06235

花色も白、赤、ピンク、紫と
いろいろ出回っていますが
我が家では白系を好んで植えています。

Dsc06236

小輪系はやや暑さに弱いようですが
希少なのか、やや高値で出回ります。

耐寒性がないので
1年草として扱っています。
鉢を室内に取り込んで
何年も育てておられる方もいますが、
我が家ではそこまで大きくしようと思いません。

【今日の作業】

早朝に消毒

2018年7月 8日 (日)

2018070702

タイ北部の洞窟に閉じ込められた
サッカーチームの少年らを脱出させる作戦は、
2人を遭難から15日ぶりに救出しました。

しかし、残る11人は依然として
洞窟に閉じ込められたまま。
救出ダイバーの一人が亡くなる
二次災害も起きているようです。

日本では記録的な大雨による
河川の氾濫や土砂崩れのために
多くの方々が犠牲となり、
安否不明者も多数残っている状況だそうです。

水、本当に怖いです。

日本 2015 Rose Farm keiji作出
花は10~12㎝ シャクヤク咲き 香り弱

【これまでの写真】

2017.11.5 お天気のいい日には

2018年6月24日 (日)

ジニア

「百日草」とも呼ばれる夏の定番、
今年は白いジニアを集めてみました。

Dsc06202
8月の空の色をした大きめの青い鉢に、
3株まとめて植えています。

Dsc06205
門扉には、松葉牡丹(白花)との寄せ植えを
左右両側にハンギング。

Dsc06206
メインの寄せ植えも白いジニアを中心に
ヘリクリサムやワイヤープランツを混植。

【今日の作業】

アジサイの花がほぼ終わったので
全て枝を短くし透きました

2018年6月20日 (水)

セダム

育てて3,4年ぐらいでしょうか。

土はほんのわずか、
ハンギングで育てたセダム数種が
1年のうちで一番勢いづいています。

株分けするなら今でしょう。
でも、増やしても置く場所もないし…

Dsc06191

Dsc06193

Dsc06192

こんもり、どれもかわいいです。

2018年5月27日 (日)

恋心

2018052301

今年も、アーチに絡ませた枝に
花をたくさんつけてくれています。

2018052004

平咲きで白、花もちもいまいちですが
何十、何百と時期をずらして花を咲かせるので、
枝に花がついていないことはありません。

【これまでの写真】

2017.6.13 足元の恋心

2018年5月24日 (木)

カーペット・ローズ

品種名ではありませんが
そんな名前で売られているバラがあります。

2018052001

修景用のバラは、
地植えにするととんでもなく伸びるそうです。
怖くて鉢植えにしたままです。

【今日の作業】

水遣り

2018年5月 4日 (金)

テッセン

今年はバラの育ちがよく
いつもより花数が多く喜んでいるのですが、
負けじと花をつけているのが
クレマチスです。

Dsc05914

日陰となる場所は
どうしてもバラが花を付けません。

写真の花は「テッセン」です。
中国には自生している野生種(原種)です。

冬場に茎が枯れたように固くなるので
そう呼ばれているのでは。

Dsc05915

そんな過酷な条件でも
下から上まで立体的に花を付けるので、
狭い庭を花でいっぱいにするには
クレマチスが欠かせません。

2018年4月21日 (土)

クレマチス

今年はバラもさることながら
クレマチスもよく育っているので
写真を撮りました。

花色は白、そして八重咲き、
バラとの相性を考えると、
どうしても似たようなものを選んでしまいます。

Dsc05601

Dsc05603

Dsc05623

Dsc05627

【今日の作業】

午後からツバキの剪定

2018年3月18日 (日)

暖かい日が続いて…

バラの生育の様子が
目に見えるようになりました。
しかも、日々、変化している~♪

Dsc05458

つるバラは、等間隔に芽を出しています。
思い描く開花の様子への
ファーストステップは満点です~♪

Dsc05461

白モッコウには
あふれんばかりのつぼみが付きました。
剪定の時季や方法に誤りなしです~♪

【今日の作業】

柑橘系(レモン・キンカン)の土替え
クレマチスの誘引と施肥
オステオスペルの植えつけ

より以前の記事一覧