日記

2018年10月21日 (日)

マンデビラ

満開です。
こんなに咲くとは。

Dsc06368

八重、一重、白の三種類がありますが
花数がいずれも多く、見ごたえがあります。

Dsc06371

先月亡くなった飼兎プリンの
四十九日の法要を行いました。

飼っていたペットは、亡くなると虹の付け根で
飼い主を待っていてくれるそうです。

またいつか会えると思うと
うれしいです。

2018年8月10日 (金)

バーベナ

バラがメインの庭なので、よく聞かれるのが
「花を咲かせない夏場は、庭に
 どんな花が咲いているのですか?」
といったお尋ねです。

はい、ハイビスカスとランタナです、
といつもなら答えていますが、
今年は
バーベナとマンデビラです。
と答えます。

Dsc06281

猛暑日にもどんどん水を吸って
今年はたくさんの花を付けました。

Dsc06280

2018年7月26日 (木)

ハイビスカス

飲酒運転。
言うまでもなく犯罪であり、
公務員や一般の企業であれば懲戒処分。
起こした事故にっては懲戒免職の処分が。

自分自身の一生を棒に振るだけでなく
家族や親せき、同僚、仲間、
多くの関係者を苦しませることになる
決しておきてはいけない行為なのですが。

組織で労をねぎらい合うことは大事です。
でも、そこまでリスクをかかえての
酒宴って、必要なのでしょうか。

体質や飲み方にもよりますが
飲み終えて8時間はアルコールが残るとか
丸一日、「酒気帯び」に拘束される
ブラックな儀式と思います。

こんな儀式を続けているから
働き方改革をしようとしているのに
当の本人は意識が低い、なんて言われるのです。

この胸糞わるい異常気象の夏でも
今が出番とばかりに美しい花を咲かせる
我が家のハイビスカスを紹介します。

Dsc06259
八重咲き(赤)

Dsc06256
八重咲き(白)

Dsc06262
二段咲き(赤)

【今日の作業】

暑さで枯れたバラの処分

2018年7月15日 (日)

ビンカ

花もちがいいわけではありませんが
次々とつぼみを付け
散ったかと思うと次が開花するので
「ニチニチソウ」とも呼ばれています。

Dsc06234

暑さに強いので真夏の灼熱の午後の時間も
可愛い花が絶えません。

Dsc06235

花色も白、赤、ピンク、紫と
いろいろ出回っていますが
我が家では白系を好んで植えています。

Dsc06236

小輪系はやや暑さに弱いようですが
希少なのか、やや高値で出回ります。

耐寒性がないので
1年草として扱っています。
鉢を室内に取り込んで
何年も育てておられる方もいますが、
我が家ではそこまで大きくしようと思いません。

【今日の作業】

早朝に消毒

2018年7月 8日 (日)

2018070702

タイ北部の洞窟に閉じ込められた
サッカーチームの少年らを脱出させる作戦は、
2人を遭難から15日ぶりに救出しました。

しかし、残る11人は依然として
洞窟に閉じ込められたまま。
救出ダイバーの一人が亡くなる
二次災害も起きているようです。

日本では記録的な大雨による
河川の氾濫や土砂崩れのために
多くの方々が犠牲となり、
安否不明者も多数残っている状況だそうです。

水、本当に怖いです。

日本 2015 Rose Farm keiji作出
花は10~12㎝ シャクヤク咲き 香り弱

【これまでの写真】

2017.11.5 お天気のいい日には

2018年6月24日 (日)

ジニア

「百日草」とも呼ばれる夏の定番、
今年は白いジニアを集めてみました。

Dsc06202
8月の空の色をした大きめの青い鉢に、
3株まとめて植えています。

Dsc06205
門扉には、松葉牡丹(白花)との寄せ植えを
左右両側にハンギング。

Dsc06206
メインの寄せ植えも白いジニアを中心に
ヘリクリサムやワイヤープランツを混植。

【今日の作業】

アジサイの花がほぼ終わったので
全て枝を短くし透きました

2018年6月20日 (水)

セダム

育てて3,4年ぐらいでしょうか。

土はほんのわずか、
ハンギングで育てたセダム数種が
1年のうちで一番勢いづいています。

株分けするなら今でしょう。
でも、増やしても置く場所もないし…

Dsc06191

Dsc06193

Dsc06192

こんもり、どれもかわいいです。

2018年6月17日 (日)

エキナセア

梅雨に入ったとは思わせないような
カラッとした土日のお天気は
乾燥が好きな植物にはうれしかったみたいで
エキナセアが一気に花を咲かせていました。

Dsc06194

花期が長く、多年草で毎年花を咲かせるので
夏の庭づくりにいつもエントリーさせるのですが、
冬を越させると性質が変わってしまうのか
八重咲きのものも全て平咲きになってしまいます。

Dsc06198

何かコツでもあるのでしょうか。
ご存知の方がおられたら教えてください。

【今日の作業】

草取り
花(小花ビンカ、ペンタス、ジニア等)の植えつけ
木槿(ムクゲ)の鉢増し

2018年5月27日 (日)

恋心

2018052301

今年も、アーチに絡ませた枝に
花をたくさんつけてくれています。

2018052004

平咲きで白、花もちもいまいちですが
何十、何百と時期をずらして花を咲かせるので、
枝に花がついていないことはありません。

【これまでの写真】

2017.6.13 足元の恋心

2018年5月24日 (木)

カーペット・ローズ

品種名ではありませんが
そんな名前で売られているバラがあります。

2018052001

修景用のバラは、
地植えにするととんでもなく伸びるそうです。
怖くて鉢植えにしたままです。

【今日の作業】

水遣り

より以前の記事一覧