オールドローズ

2017年6月10日 (土)

ホワイト・グローテンドルスト

2017061002

ピンク・グルーテン ドルストの枝変わりです。
グルーテン ドルストとは、
ピンク・グルーテン ドルストの作出者の名前。
オランダ人です。

2017061003

で、白花のホワイト・グローテンドルストは
Grootendorstを、グ『ロ』ーテンドルストと書く。
作出者はPaul Eddyでアメリカ人。

バラの「枝変わり」が国をまたがることから
バラは「品種」として世界に広がり
世界中で愛されていることが分かります。

アメリカ 1962 Paul Eddy 作出
花は4~6㎝ カーネーション咲き 香り弱

【これまでの写真】

2014.5.3 ピンクの前は赤

2017年5月30日 (火)

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク・ランブラー

2017052002

一重のモッコウの中に
ヒマラヤンを誘引してみました。
モッコウは開花こそ早いのですが
すぐに終わるので
開花の時差を楽しんでいます。

阿蘇のバラ園「花阿蘇美」に行きました。
外もドーム内も一番の見ごろを
迎えていました。
行ってよかったです。

イギリス 1916 ポール作出
花は4~5㎝ 半八重カップ咲き→ロゼット咲き 香り中

【これまでの写真】

2015.5.3 雨に打たれ弱いので…

2017年5月29日 (月)

キュー・ランブラー

2017052902

昨年よく咲いたので西側道路に移動しました。
枝数も増え花数が倍増しました。

一季咲きですが野生種に近く
秋のローズヒップも楽しめます
花もかわいいので、ここで育てようと思います。

イギリス 1912 作出者不明
花は3~5㎝ 平咲き 香り弱

【今日の作業】

花がら切り
水遣り

【これまでの写真】

2016.5.22 動画あり

2017年5月21日 (日)

アレキサンダー・ジロール

2017052103

オベリスクに誘引するバラの花数が
もしも少なかったら、と
保険をかけるような気持ちで
オベリスクに巻いていたら、
はい、主役になってしまいましたw

2017052102

捨てたものじゃないですね、オールドローズ。

フランス 1907 Barbier Frères & Compagnie作出
花は6~8㎝ ボンボン咲き 香り弱


【今日の作業】

花がら切り
水遣り(連日真夏日~)

【これまでの写真】

2016.5.19 勢いづいたラティスのジロール

2017年5月19日 (金)

ロジャーランベリン

2017051702

目立たないところで
地味に育っていますw

2017050702

一つ一つの花は、
独特でとても目立っているのに~

フランス 1890 Marie-Louise Schwartz作出
花は5~7㎝ フリル咲き 香り弱

【今日の作業】

園芸店にお願いして本格的な薬剤散布

【これまでの写真】

2014.5.10 3年前

2017年5月12日 (金)

紫玉

2017051102

江戸時代に自生したオールドローズ。
ガリカ、つまり一季咲きです。

2017051104

香りよし色よし、ただし春だけ。
今を楽しみたい和バラです。

日本 19世紀後半 ガリカ
花は6~8㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

液肥を一定の割合で水道水に混ぜて
散布する便利なノズルを購入(妻)

2017年4月30日 (日)

オールド・ブラッシュ

2017043001

野生種交雑種は世界中にあり、
特に中国では昔から多くの交雑種が
民家の庭先や道端に咲いています。

チャイナ系のオールドローズは、
ハイブリッド・ティーの片親となった
重要な品種で、
四季咲き性が強いのが特徴です。

2017042801

オールド・ブラッシュは特に四季咲き性が強く、
春から晩秋まで花を咲かせ続けます。

世界バラ会連合には
「オールドローズ殿堂」というものがあり
オールド・ブラッシュも殿堂入りしています。

中国 1793年以前 中国原産
花は4~6㎝ 八重~ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

クレマチスの世話

【これまでの写真】

2019.11.27 晩秋のオールド・ブラッシュ

2017年4月15日 (土)

バロン・ジロ・ドゥ・ラン

2017041502

鉢を移動し、アーチに這わせて
3年目の春を迎えました。
今年も順調に葉を伸ばし蕾を付けています。

オイゲネ・フルストというバラの
枝変わりだそうですが
オイゲネ・フルストには白い縁取りがありません。

フランス 1897 作出不明
花は8~10㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

枯れたバラの整理
室内で育てていたマンデビラを外に出し誘引

【これまでの写真】

2015.4.25 アーチ1年目のジロー

【その後の写真】

2017050202
2017.5.2 開花。エッジの白色が輝く~

2017年4月 8日 (土)

フランシス・デュブリュイ

2017040801

芽出し肥を施してから1週間、
バラたちの成長が勢いづき、
つぼみをつける者も増えました。

フランシス・デュブリュイは、
昨年度から引き続き日陰で育てています。
大きくなりませんが
それなりに元気です。

フランス 1894年 フランシス・デュブリュイ 作出
花は6~8㎝ カップ咲き 香り強

【今日の作業】

クリスマスローズの花切り
クリスマスローズにお礼肥

【これまでの写真】

2016.8.7 日陰だと猛暑日も花がきれい

2016年12月29日 (木)

デューク・オブ・ヨーク

2016122903

つぼみは濃いピンクでですが、
開くとアプリコットとのバイカラーに。
気温によって色合いが変わります。
枝は細めで、横に広がり、よく分枝します。

デューク・オブ・ヨークといえば、ロンドンの
クリスマス・イルミネーションの名所の一つ。
今年もクリスマスの魔法に包まれました。

高級ショッピング街であるキングス・ロード沿いは
かつて軍施設として使われていました。
建物の前にある広場にもサンタの洞窟が出現。

フランス 1894 Paul&Son作出(チャイナ)
花は8~10㎝ 半八重咲き 香り弱

【今日の作業】

植え替えとつるバラの誘引

より以前の記事一覧