原種

2017年4月28日 (金)

白モッコウバラ一重(ロサ・バンクシア ・ノルマリス)

2017042803

3年目にして、
ようやくいっぱい花をつけるようになりました。

2017042804

可憐な花で窓を多覆いつくすように
わんさかさきました。

中国 1796発見 原種ローズ
花は2.5~3㎝ 平咲き 香り中

【これまでの写真】

2016.5.3 ようやく花を咲かせ…

【その後の写真】

2017042903_2
2017.4.29 下から見た様子~

2017年4月23日 (日)

ナニワイバラ(ローザ・レヴィガータ)

2017042305

航空自衛隊の飛行隊「ブルーインパルス」が
大きな地震の被災地を元気づけるために
熊本に来てくれました。

白いスモークを使って
大空に円やハートの形を描くので
お天気が良くないと…と思っていました。

昨日の練習飛行も今日の本番も
雲一つない快晴。
そういえば、熊本地震で断水の続く中、
恵みの雨が庭のバラたちに
散水してくれたことを思い出しました。

お天気も被災者の味方に
なってくれている、そんなうれしい
アクロバット飛行でした。

青空に似合うのが白いバラたち。
ナニワイバラが咲きました!

中国 1759発見 原種ローズ
花は8~10㎝ 平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2015.4.18 アーチに誘引して1年目の春

2017年4月17日 (月)

白モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ ・アルバ)

2017041601

2017年バラの季節がいよいよスタートです。
トップバッターはやはりモッコウ。
アーチが白くなりました。

2017041604

ところが今日は雨、
強く降ったのでだいぶ落ちてしまいました(泣)

作出国、作出年、作出者不明
花は2~3㎝ 八重咲き 香り中

【今日の作業】

ツバキの剪定

【これまでの写真】

2017.4.9 つぼみが膨らんで

【その後の写真】

2017042203
2017.4.22 いっぱい咲き始めました

2017年4月 9日 (日)

白モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ ・アルバ)

2017040903

震度7を2日間で2度経験する熊本地震から
ようやく1年になろうとしています。

熊本では桜の開花が例年より7日も遅く
大きな地震の影響かという人もいるほど。

1年たってやっと解体の順番が
廻ってきた建物も多くあり
もとの街に戻るには
これからも時間が必要です。

たくさんの支援を受けて
今の生活があると思と、
どんな心構えでどう生きるかが
支援をしてくださった人への
恩返しになると思っています。

大きな地震の後にも
たくさん花を咲かせてくれた白モッコウ。
今年も蕾がたくさんつきました。

作出国、作出年、作出者不明
花は2~3㎝ 八重咲き 香り中

【今日の作業】

小山内健さんのバラの講習会 受講

【これまでの写真】

2016.4.26 電気が復旧してブログ再開したあの日

【その後の写真】

2017041501
2017.4.15 つぼみがほころび始めました

2017.4.17 そして開花~

2017年3月18日 (土)

ノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)

Dsc04148

花が咲くのはずっと先(5月)ですが
新芽から若葉が展開してきたので
うれしくて写真を撮りました。

バラの世界に房咲き性をもたらした原種で、
後に「ポリアンサ ローズ」に、
続く「フロリバンダ ローズ」にと
房咲きの性質が受け継がれています。

万葉集では
「棘原(うばら)」や「宇万良(うまら)」の名前で
記録が残っているようです。
日本人にとってもっともなじみのあるバラです。

日本 1759発見 原種ローズ
花は3~3.5㎝ 平咲き 香り弱

【今日の作業】

株元にネットを撒きつける
コガネムシやカミキリムシが
産卵しないためのトラップです

【これまでの写真】

2016.5.3 清楚な花

2016年5月 3日 (火)

白モッコウバラ一重(ロサ・バンクシア ・ノルマリス)

2016043001

駐車場に面した窓の前に
グリーンカーテン用に育てているバラです。
今年、ようやく花を咲かせるようになりました。

中国南西部原産で、
モッコウバラの野生種と考えられています。
モッコウバラより開花は遅く4月下旬です。

一重なので、ノイバラとよく似ていますが、
こちらは台木として扱うのはNGです。
造形力はあるものの、バンクシア節原種は
接いだ品種をうまく育ててくれないようです。

中国 1796発見 原種ローズ
花は2.5~3㎝ 平咲き 香り中

【その後の写真】

2017.4.28 窓を覆い尽くすように…

ノイバラ(ロサ・ムルティフローラ)

2016050302

中国や朝鮮半島にも分布していますが、
学名でロサ・ムルティフローラ・ジャポニカ。
日本の親水域、山間部、都市郊外など、
いたるところで自生種が見られます。

ノイバラなどのシンスティラ節の原種バラは、
100年から150年も
生きるといわれていますので、
育てる人間より長寿なんですねw

震災のため、ゴールデンウィークは
仕事か自宅待機です。
「渋滞」とか言って腹を立てていた
これまでの連休とは違います(泣)

日本 1759発見 原種ローズ
花は3~3.5㎝ 平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2014.5.3 渋滞に巻き込まれて…

【その後の写真】

2017.3.18 万葉集では…

2016年4月26日 (火)

白モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ ・アルバ)

夜、9時半前に、地震。
経験のないような大きな揺れ、停電。
割れたガラスを踏まないよう
用心して家の外に出ました。

職場が避難所となるため
避難所と備蓄倉庫を開錠。
明け方まで職場にいて帰宅。
2時間ほど寝て、また職場へ。

壊れたものの片付けでへとへとになり
家に帰って我が家の片づけをしました。
明日は土曜日。
がんばったからしっかり寝よう。

土曜日未明午前1時25分
2度目の強い地震に襲われる。
揺れは30分以上続き、
その間、様々なものを壊し続けました。

2016041602

4月16日、夜が明けました。

バラを育てていた鉢はみな倒れ、
鉢のいくつかは割れていました。

それでもバラは花を咲かせていました。

2016041903

甘い香りも漂っていました。

作出国、作出年、作出者不明
花は2~3㎝ 八重咲き 香り中

【これまでの写真】

2015.4.19 去年の白モッコウ

【その後の写真】

2017.4.9 皆さんの支援への恩返し

2016年4月 8日 (金)

黄モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ・ルテア)

Dsc02063

バラ開花の時季を迎えます、今年も。
庭にいっぱい花を咲かせることを目指して
年末年始の休みも返上してがんばりましたw

Dsc02065

今年も黄モッコウからのスタートです。
黄モッコウは葉を落とさずいつも元気です。
育種家の河合さんによると
「黒点病にかからない品種だから」だそうです。
なるほど~

中国原産 原種
花は2~3㎝ 八重咲き 香り弱

【今日の作業】

育ち方に差が出てくるこの時期、
元気が足らないで病気になりそうなバラに
有機液肥の希薄液を霧吹きで散布

【これまでの写真】

2015.4.11 去年も今頃…

2015年4月19日 (日)

白モッコウバラ八重(ロサ・バンクシアエ ・アルバ)

201501

黄モッコウが終わり、白モッコウに交代です。
でも、ばらばらにしか咲かないので、
がっかりです。

201503

お天気が悪い日が続くので、
咲かせた花を雨が萎れさせています。
残念です。

作出国、作出年、作出者不明
花は2~3㎝ 八重咲き 香り中

【これまでの写真】

2014.4.12 去年はよく咲いたのになあ

【その後の写真】

2016.4.16 大地震のバラ