中国

2018年4月25日 (水)

白モッコウバラ一重(ロサ・バンクシア ・ノルマリス)

2018042203

南向きの掃出し窓の前に
今年も素敵なバラのグリーンカーテンが
できました~

2018042204

ローズ・ヒップを楽しみにして
花後もほったらかしにしていましたが、
実は赤く色付くこともなく
充実する前に地面に落ちてしまいました。

学んだこと…
モッコウバラでローズ・ヒップを期待しては
いけない

中国 1796発見 原種ローズ
花は2.5~3㎝ 平咲き 香り中

【これまでの写真】

2017.4.28 去年も花がたくさんついた

2018年4月19日 (木)

ナニワイバラ(ローザ・レヴィガータ)

2018041801

我が家では、小さな鉢に植えていますので、
アーチのてっぺんまで伸びても
花はぽつりぽつりなのですが、
近所の地植えのナイワイバラは
何百もいっぺんに白くて大きい花を咲かせ
株を覆いつくすほどの勢いある姿に
「お見事」と言わされます。

さあ、我が家も蕾がはじけんばかりに。
週末が楽しみです~

中国 1759発見 原種ローズ
花は8~10㎝ 平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2017.4.23 復興のブルーインパルス

【その後の写真】

Dsc05625
2018.4.20 アーチベンチの上に咲いていました

2018年3月24日 (土)

オールド・ブラッシュ

2018032401

つぼみキタ~っ、と言っても
株の先端にできちゃったつぼみは
分枝を誘発させるため、
かたっぱしから摘み取っています。

オールド・ブラッシュは
株の中ほどに、3つほどつぼみをつけ
枝も四方に伸ばしていますので
このまま開花させようと思います~

中国 1793年以前 中国原産
花は4~6㎝ 八重~ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

3月の施肥(バイオゴールド)

【これまでの写真】

2017.4.30 殿堂入り

【その後の写真】

2018041403
2018.4.14 いつ見ても可愛い花です

2017年4月30日 (日)

オールド・ブラッシュ

2017043001

野生種交雑種は世界中にあり、
特に中国では昔から多くの交雑種が
民家の庭先や道端に咲いています。

チャイナ系のオールドローズは、
ハイブリッド・ティーの片親となった
重要な品種で、
四季咲き性が強いのが特徴です。

2017042801

オールド・ブラッシュは特に四季咲き性が強く、
春から晩秋まで花を咲かせ続けます。

世界バラ会連合には
「オールドローズ殿堂」というものがあり
オールド・ブラッシュも殿堂入りしています。

中国 1793年以前 中国原産
花は4~6㎝ 八重~ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

クレマチスの世話

【これまでの写真】

2016.11.27 晩秋のオールド・ブラッシュ

【その後の写真】

2018.3.24 つぼみキタ~

2017年4月28日 (金)

白モッコウバラ一重(ロサ・バンクシア ・ノルマリス)

2017042803

3年目にして、
ようやくいっぱい花をつけるようになりました。

2017042804

可憐な花で窓を多覆いつくすように
わんさかさきました。

中国 1796発見 原種ローズ
花は2.5~3㎝ 平咲き 香り中

【これまでの写真】

2016.5.3 ようやく花を咲かせ…

【その後の写真】

2017042903_2
2017.4.29 下から見た様子~

2018.4.25 来年はどうかな~

2017年4月23日 (日)

ナニワイバラ(ローザ・レヴィガータ)

2017042305

航空自衛隊の飛行隊「ブルーインパルス」が
大きな地震の被災地を元気づけるために
熊本に来てくれました。

白いスモークを使って
大空に円やハートの形を描くので
お天気が良くないと…と思っていました。

昨日の練習飛行も今日の本番も
雲一つない快晴。
そういえば、熊本地震で断水の続く中、
恵みの雨が庭のバラたちに
散水してくれたことを思い出しました。

お天気も被災者の味方に
なってくれている、そんなうれしい
アクロバット飛行でした。

青空に似合うのが白いバラたち。
ナニワイバラが咲きました!

中国 1759発見 原種ローズ
花は8~10㎝ 平咲き 香り弱

【これまでの写真】

2015.4.18 アーチに誘引して1年目の春

【その後の写真】

2018.4.19 大きくすると後がたいへん

2016年11月27日 (日)

オールド・ブラッシュ

2016112602

秋も深まり、日中の気温が下がってきたので
休眠期にしかできない「用土替え」をしています。

鉢増しのときは、根鉢を崩さないため
土さえ準備できていれば
さほど時間もかからないのですが、
「用土替え」は土を落とすのに手間がかかります。

・根を傷つけないように
・根を乾かさないように
・できるだけ多くの土を落とす

株を持つ左手も
土を落とし続ける右手も
筋肉痛になるんじゃないかというぐらい
体力を使います。

バラは「冬が大変」…正にその通りですw

中国 1793年以前 中国原産
花は4~6㎝ 八重~ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

用土替え、2鉢

【これまでの写真】

2016.4.13 早咲き、花色も濃く…

【その後の写真】

2017.4.30 翌年も、春は花色が濃い…

2016年5月 3日 (火)

白モッコウバラ一重(ロサ・バンクシア ・ノルマリス)

2016043001

駐車場に面した窓の前に
グリーンカーテン用に育てているバラです。
今年、ようやく花を咲かせるようになりました。

中国南西部原産で、
モッコウバラの野生種と考えられています。
モッコウバラより開花は遅く4月下旬です。

一重なので、ノイバラとよく似ていますが、
こちらは台木として扱うのはNGです。
造形力はあるものの、バンクシア節原種は
接いだ品種をうまく育ててくれないようです。

中国 1796発見 原種ローズ
花は2.5~3㎝ 平咲き 香り中

【その後の写真】

2017.4.28 窓を覆い尽くすように…

2016年4月13日 (水)

オールド・ブラッシュ

2016041303

早咲きのうわさは本当でした。
2年生苗になるオールド・ブラッシュ。

60日で次の花を咲かせる、最良の品種です。
ブルボンローズなどの新系統を誕生させました。

中国 1793年以前 中国原産
花は4~6㎝ 八重~ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

コガネムシ発見
幼虫対策を夫婦で話し合う

【これまでの写真】

2015.7.4 1年生苗(新苗)のオールド・ブラッシュ

【その後の写真】

2016042904_2
2016.4.29 鉢植えでも花が絶えない

2016.11.27 用土替えの苦労

2015年7月 4日 (土)

オールド・ブラッシュ

2015070401

四季咲きバラ品種改良に大きく貢献した
「フォー・スタッド・ローズ・オブ・チャイナ」の1つ。
ばらの歴史を語るには欠かせないバラです。

中国 1793年以前 中国原産
花は4~6㎝ 八重~ロゼット咲き 香り弱

【今日の作業】

雨続きで弱っています。
活性剤注入~

【その後の写真】

2016.4.13 2年生になったオールド・ブラッシュ