木村卓功

2016年11月21日 (月)

シェエラザード

2016112002

秋のシェエラザード、花色が濃くなりました。

2016112302

シェエラザードがシャー王に語り続けた物語は、
アリババ(第851夜~第860夜)、
シンドバッド(第290夜~第315夜)、
アラジン(第731夜~774夜)などが有名です。

内容は喜劇から活劇あり、
恋愛あり、官能さり、サスペンスなんでもあり、
だったのです。
物語を次から次へと生み出す妻、すごいです。

日本 2013 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.7.14 命をかけて話す物語

【その後の写真】

2016112602_2
2016.11.26 秋も次々と花を咲かせます

2016年10月23日 (日)

オデュッセイア

2016101601

玄関入ってすぐのベンチ付きアーチに
両側から誘引していたオデュッセイアですが、
左のバラを枯らしてしまい、
右も元気がよくありません。

2016101901

場所替えをして、
日光のあたる風通しのいい場所へ
移動させて養生させようと思います。

日本 2014 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁カップ咲き 香り強

【今日の作業】

冬の主役、ビオラとアリッサムの苗の購入
まずは鉢植えをしました

【これまでの写真】

2016.8.4 名前の由来

2016年8月13日 (土)

ヘクトル

2016081301

トロイアの王子、ヘクトルは、トロイア戦争で
アカイアの戦士を31人殺したと言われる、
トロイア勢最強の戦士です。

エリック・バナ:ヘクトル
ブラッド・ピット:アキレス

国のことを第一に考える戦士でした。そして、
戦争に負けた後の妻子のことを心配する
善き夫、善き父でもありました。

日本 2014 木村卓功作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

8月の追肥

【これまでの写真】

2015.12.13 秋色のヘクトル

【その後の写真】

2016081902_2
2016.8.19 「トロイ」見てなかったのでDVD購入

2016年8月 4日 (木)

オデュッセイア

2016080301

オデュッセイアとはオデュッセウスの歌物語。

トロイア戦争は、
「林檎」から始まって「木馬」で終わった戦争。
古都トロイアの炎上が結末となります。

2016080302

トロイア戦争で
ギリシア軍の大将となったオデュッセウス。
巨大な木馬に勇士を隠して敵陣に運ぶという
アイディアを提案したのもオデュッセウスです。

10年にわたったトロイア戦争が終わると、
オデュッセウスは優れた戦士として
アキレウスの武器を受け取りました。

日本 2014 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁カップ咲き 香り強

【今日の作業】

寄せ植えのための花苗を購入

【これまでの写真】

2015.5.14 勢いがよかった昨年

【その後の写真】

2016.10.23 勢いが衰えて…

2016年7月14日 (木)

シェエラザード

2016071403

むかしむかし、あるところにシャー王がいました。
シャーが狩に出ている間に妻が浮気をしました。
怒ったシャーはその妻を殺してしまいました。

それ以来、シャーは、
妻にした女が不倫をするのを嫌って、
初夜の後すぐに殺すようになりました。

もう、シャーの妻になろうとする女がいません。
大臣の娘、シェラザードが名乗りを挙げた。
彼女は初夜の晩に面白い話をして
続くような終わらせ方をしました。
王はその続きを聞いてから殺そうと思って
シェラザードを殺しませんでした。

次の晩も次の晩の面白い話は続き、
最後には千一話にもなりました。
シャーとシェラザードの間に何人もの子が生まれ、
シャーは改心して妻を殺すことをやめましたとさ。

日本 2013 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2016.5.29 1番花や2番花はこんな感じでした

【その後の写真】

2016071602
2016.7.16 美しく強いバラです~

2016.11.21 どんな物語を話していたのか

2016年5月29日 (日)

シェエラザード

2016052902

シェエラザードが2番花を咲かせました。

ロシアのリムスキー=コルサコフが
その絶頂期に書いたオーケストラ作品の中で
もっともポピュラーの名曲の一つ、
このバラの名と同名の
「シェエラザード」の交響曲をお聞きください。

動画の1:00、ハープの伴奏に合わせて
バイオリンの独奏が始まります。
それがシェエラザードのテーマです。

「千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)」に出てくる
ヒロインの名前が「シェエラザード」。
文字通り、「1001夜」に渡って語り続けられる
壮大な物語の”枕”となるのが
このシェエラザードのお話です。

日本 2013 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁ロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

201605140103
2016.5.15 1番花の様子です。

2014.8.16 真夏のヒロイン

【その後の写真】

2016.7.14 3番花も見事

2015年12月13日 (日)

ヘクトル

2015121203

ギリシャ神話に出てくる英雄の名をつけたバラ。
力強さがみなぎる花形からだそうです。

2015121201

でも、このバラの特徴は香りだと思います。
ミルラを基本に「おちつき」のある香り、
似た香りのバラは、あまり他にはありません。

日本 2014 木村卓功作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

小山内健さんのバラの講習会
午前の部、午後の部、両方受講
とにかく「切りなさい」の指導が印象的だった

【その後の写真】

2016.8.13 最強の戦士

2015年10月12日 (月)

シュー・ラ・ネージュ

2015101206

「雪の上」という名のバラです。
たしかに真っ白い花色は雪をイメージします。

2015101201

バラ苗専門店「バラの家」を経営、
育種家として毎年新品種を発表する
木村卓功さんが、
発表の当落線上にあったこのバラを
独断と偏見でリスト入りさせたみたいです。

日本 2013 木村卓功作出
花は8~10㎝ 波状弁咲き 香り強

2015年9月21日 (月)

ル・シエル・ブルー

2015092001

ずいぶん秋めいて、
朝夕の空気が冷たくなりました。

涼しくなると藤色になるル・シエル・ブルーは
まだまだピンクの花色ですが、
次の花ぐらいは
名前の通りの花色を期待しましょう。

2015092005

青色の花を咲かせるバラは
水を吸い上げる力が弱く、
その結果葉を落としてしまい、
さらに水を吸い上げなくなるという
悪循環に陥りやすいのです。

対策は2つ、
・水をあげすぎないこと
・薬剤散布で黒星にさせないこと

つまり、ほかのバラとは別のお世話になります。
我が家じゃちょっと無理かな。
ルシファーに清流と
今年は2つのバラをダメにしてしまいました。
(泣く)

日本 2012 木村卓功作出
花は8~10㎝ ロゼット咲き 香り中

【今日の作業】

害虫対策中心の薬剤散布
イモムシとナメクジの捕殺

【これまでの写真】

2014.6.22 名前の意味は…

2015年7月30日 (木)

パリス

2015073001

バラたちも、この暑さにまいっているようなので
無理に花を咲かせている姿が
かわいそうでかわいそうで。

パチッと写真をとったら、
即プチンプチンの花がら&つぼみ取りです。

日本 2013 木村卓功作出
花は6~8㎝ ロゼット咲き 香り中

【今日の作業】

ゴマダラカミキリの死体を発見
産卵後のメスとみましたが、
どこに産み付けたか分かりません(涙)

より以前の記事一覧