ギヨー

2018年8月17日 (金)

ソニア・リキエル

2018081702

ニットの女王、ソニア・リキエル。
オードリー・ヘップバーンら、多くの著名人からも
愛された、ファッション界の牽引者。

2016年8月25日に86歳で死去。

フランス 1995 ギヨー作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.9.6 小学1年生にとって…

2018年5月22日 (火)

ヴァンテロ

2018052002

最近は、育てたことのない品種を避け
我が家の過酷な環境でも育つ
強い品種ばかりを追加していましたが、
このバラは、花を見て迷わず購入しました。

2018052005

VENTILO(ヴァンテロ)とは
フランスのアパレルブランド名。
香水を扱っているようです。

フランス 2008 ギヨー作出
花は12~14㎝ ロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

強風で倒れた鉢を起こす

2017年11月21日 (火)

モニーク・ブイグ

2017111901

モニーク・ブイグがどういう人物か
分かりました。

フランスの建築会社を設立した実業家で
リトル・ブッダ(1993)のプロデューサー等
映画制作でも有名なフランシス・ブイグの婦人。

4人の子どもがいます。

フランス 2010 ギヨー作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り中

【これまでの写真】

2017.5.18 春は花がいっぱい

2017年9月 6日 (水)

ソニア・リキエル

2017083102

小学校1年生の子どもにとっての
社会の広さってどれくらいなのか
考えてみました。

自宅と学校とその間にある通学路、
連れて行ってもらうお店と
習い事のプールと
病院と

そんなものではないでしょうか。

入学したての1年生にとって
学校は社会の大半を占める広い世界。

わくわくするような学校生活を
送ってほしいです。

フランス 1995 ギヨー作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2017.5.14 春の様子

【その後の写真】

2018.8.17 ニットの女王

2017年5月18日 (木)

モニーク・ブイグ

2017051704

写真が斜めで見難くてすみません。

2017051304

駐車場の自動車の横で
今年もたくさんの花を咲かせました。

名前の由来は人名ということですが
いったい誰なのか分かりません。

知っている人、教えてくださいw

フランス 2010 ギヨー作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り中

【今日の作業】

ナメクジの駆除

【これまでの写真】

2015.11.22 秋も花つきのよい四季咲き性○

【その後の写真】

2017.11.21 誰なのか分かりました~

2017年5月14日 (日)

ソニア・リキエル

2017051402

妻のお気に入りのバラです。
今年は玄関ドア前に鉢を移動しました。

ここは、
早咲きのウィンチェスター・キャシードラル
先に開花しますが、
白からピンクへと変化も見せ場です。

2017051403

鉢植えは生育がゆっくりで
花数も少ないのですが
移動して試すことができるということが強みです。

フランス 1995 ギヨー作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

花がら切り
液肥を薄めて、水遣り

【これまでの写真】

2016.12.23 じれったい

【その後の写真】

2017.9.6 小学1年生にとって学校は…

2016年12月23日 (金)

ソニア・リキエル

2016122101

甥っ子の結婚式に行ってきました。
ちょっとした知り合いが
新郎の友人や、新婦の友人の中に混じっていて
何でここにいるの?という感じで
世の中、広いようで狭い、と感じた一日でした。

いつも元気なソニアも
冬は寒そうに花を咲かせています。

フランス 1995 ギヨー作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【今日の作業】

液肥を薄めて、水遣り

【これまでの写真】

2016.5.26 ジェネロサシリーズとは

【その後の写真】

2016122401
2016.12.24 3日後も…、じれったい

2017.5.14 鉢を移動してみました

2016年9月19日 (月)

カトリーヌ・メルメ

2016091801

ギヨー父子の、子の方の作出です。
ギヨー父子が作ったティローズは、
いずれも長所と短所の両方があるのですが、
メルメは長所が上回っており
たいへん育てやすいバラなんだそうです。

2016091804

ライラック系ピンクの花を
うつむき加減に咲かせます。
上の写真が午前中、下が午後の様子です。
花弁のエッジがロールするのは
窒素の量が多すぎるから。
エッジが薄く輝いて見えるのは
カリウムが十分足りているからだそうです。
肥料は8月に少なめにあげただけ。
少なめでいいようです、ティーローズ。

フランス 1869 ギヨー 作出
花は7~10㎝ 剣弁高芯咲き 香り弱

【その後の写真】

2016091902
2016.9.20 隣のつぼみも開花を始めました

2016年5月26日 (木)

ソニア・リキエル

2016052302

ギヨー社が独特の香りや品格をもつ
ジェネロサシリーズを発表。
これこそ、ギヨー社の真髄と言えます。

2016052303

ジェネロサシリーズの代表作が
上の「ソニア・リキエル」です。

蜂蜜、ラズベリーなどの甘く濃厚な
フルーツの香りを漂わせます。

フランス 1995 ギヨー作出
花は10~12㎝ クォーターロゼット咲き 香り強

【これまでの写真】

2014.11.8 ファッション以外の分野にも

【その後の写真】

2016.12.23 冬は寒そうに花を咲かせます

2015年11月22日 (日)

モニーク・ブイグ

2015112202

ギヨー社が「ニュー・オールドローズ」と題して
展開するジェネロサシリーズの1つ。

2015112203

季節によって、
花に変化があるバラなんだそうです。

我が家に来たばかりで、
春の様子は分かりませんが…、
楽しみです。

フランス 2010 ギヨー作出
花は10~12㎝ カップ咲き 香り中

【今日の作業】

植え替え
半日で5鉢しかできなかった
300鉢の植え替え、どうする~

【その後の写真】

2017.5.18 春の花色はこんな感じ

より以前の記事一覧